索引

日常損傷病学 索引▷ 

新着情報:反論の投稿集 vs   賛同の投稿集
あ行
(あ)   朝寝坊症候群 ~朝寝坊は病気です~  
(あ)   新しい病気概念、相対的膠原病
(あ)   新たな治療概念「現状維持」の必要性
(ア)   アロディニア考学 
(い)   医学書では学べない高等診断技術
(い)   医学で米国より先に進む方法 
(い)   医学・統計学についての真の知識
(い)   医学に嘘が多い理由
(い)   医学論文に嘘が多い理由 ~過活動性膀胱の治療法~
(い)   医学論文の過ちと限界
(い)   医師、医療従事者として著者にアクセス(研修)したい
(い)   異所発火説という因縁
(い)   医師の妄想千里を走る 
(い)   医師も知らないMRIの常識
(い)   医師も高齢化、75歳以上が8人に1人の時代
(い)   医者の責任力
(い)   医者の誰もが手を出せなかった高齢者への免疫調整治療
(い)   医者をやめたくなったらこれを読む
(い)   医師の能力は適応力である
(い)   痛くない注射が一流のホームドクターを作る
(い)   痛みを治療するなら痛みのわかる医者であれ
(い)   痛みを担う後根神経節のメカニズム
(い)   痛み治療の実践 ~私はこう治療している~
(い)   痛み治療のための生活指導
(い)   痛みが天候で変わる理由
(い)   一週間の徹底的安静療法で治癒した難治性神経痛の6症例
(い)   今の医療はおかしいよ! 
(い)   医療の限界を超えるために  
(う)   うつ・神経症など精神疾患を根本的に治療できる期待の新療法
(う)   うつ・神経症への画期的な治療法、上頚神経節ブロック治療
(う)   うつ病・神経症への画期的なブロック治療
(う)   うなだれ症候群に上頚神経節ブロックが著効した例
  うなだれ(首が上がらない)症候群
(え)   炎症
(え)   炎症反応の鋭敏さ 
(え)   炎症の自然消退
(え)   炎症抑制物質の停滞
(え)   延髄性高血圧症に対する根治療法の報告
(え)   延髄性呼吸困難症(新概念) 
(お)   折れないでほしい医の心
か行
(か)    改善させるだけが治療ではない
(か)   科学界に衝撃、医学界に激震、リンパ管組織発見
(か)    確実な腰椎高位診断法 
(か)    各種ブロック注射後の副作用
(か)    画期的治療法開発!上頚神経節ブロック(頸部交換神経節ブロック)について
(か)   画期的な治療法、脱中枢感作療法
(か)   肩関節周囲炎に神経根ブロックが著効する症例
(か)   偏りと時間の概念その1、数十年単位
(か)   偏りと時間の概念その2、数時間単位,
(か)   偏りと時間の概念その3、反復×長時間
(か)   化膿性膝関節炎と誤診された自己免疫性膝関節炎の3症例
(か)   感染症にステロイドを使うことは禁忌という非常識
(か)   感音性難聴の根本治療に成功
(か)   (上頚神経節ブロックで)感音性難聴の根本治療に成功
(か)   感音性難聴の根本治療に成功
(か)   考え方を変えざるを得ない外傷学   
(か)   感作性疼痛について理解を深める 
(か)  患者として著者の診療を受けたい(診療を受ける場合の注意事項)
(か)   患者を幸せにする医療であれ 
(か)   感情を導入した新たな治療概 
(か)   関節アロディニア 
(が)   外傷後の視力低下をブロックで治す    
(が)   概念「自己虐待症候群」とは 
(が)   学者が抱く臨床家への不信感
(が)   画像診断学
(カ)   カジュアル痛
(き)   器質的異常のある無症状 
(き)   器質的異常のない症状
(き)   器質的異常のない症状の研究は進まない
(き)   器質的異常のない症状は日常損傷学の守備範囲
(き)   器質的な異常があっても症状がないことの認識 
(き)   器質的な異常のない症状への積極治療の難しさ
(き)   急性期は治療が症状を助長させる
(き)   教科書を超えた治療法
(き)   驚愕の星状神経節ブロックの効能・効果 
(き)   極度の腰部脊柱管狭窄があっても症状が軽度である症例 
(き)   胸部交感神経節ブロックが奇蹟を生んだその治療効果とは?
(き)   近接治療効果の法則を利用した全く新しい診断技術
(き)   筋力低下・直腸膀胱障害・高度間歇性跛行の保存的治療成績
(ぎ)   偽性抵抗消失による硬膜外ブロック無効例 
(キ)   キシロカインショックと誤解されやすい症例報告
(く)   頚・肩・腕・上肢神経痛治療成績
(け)   頚部傍神経根ブロック手技中の合成写真
(け)   痙攣という病態がもたらす症状の新たな考察(こむら返り) 
(け)   血圧不安定による失神発作に上頚神経節ブロックが著効した例
(け)   健康貯金を考えましょう
(げ)   原因不明の胃部不快・便秘の治療法(胸部硬膜外ブロック)
(げ)   原因不明の「声が出ない(かすれ)声」の治療法
(げ)   減速・停止時間差の法則
(ケ)   ケナコルト(ステロイド)のリスクと効果
(ケ)   ケナコルト注射による腱断裂についての考察 
(ケ)   ケナコルトの適量使用法 
(ケ)   ケナコルトの有効性と使用ガイドライン ~膝関注から~
(こ)  高血圧が神経根ブロックで完治する 
(こ)  高血圧を上頚神経節ブロックで治癒させる
   =延髄性高血圧症に対する根治療法の報告
(こ)  高コレステロールが認知症を進行させる 
(こ)  高コレステロール血症と下垂体機能低下症の関連調査
(こ)    高度な脊柱管狭窄を示しながら症状が乏しい例 
(こ)  更年期症状は上頚神経節ブロックでほぼ治る
(こ)    硬膜管の生体力学 
(こ)    硬膜外ブロック後の遅発性脊髄麻酔に要注意 
(こ)    硬膜外ブロックの基礎  
(こ)    硬膜亀裂による予測不能なブロック効果
(こ)   高齢者大脳能力開発治療紹介 
(こ)   高齢者の硬膜外ブロック
(こ)   高齢者ふらつき治療完成報告(症候性パーキンソニズム)
(こ)   高齢腰椎前弯症候群
(こ)   呼吸困難に上頚神経節ブロックが著効した例 
   ⇒延髄性呼吸困難症(新概念)
(こ)   国政、日本の未来を考える者として著者にアクセスしたい
(こ)   腰・下肢神経痛治療成績
(こ)   骨形成とコレステロール・ステロイドの関連
(こ)  骨粗鬆症治療薬で顎骨壊死を引き起こすの真偽
(こ)   古典的片頭痛に特効のブロック
(こ)
(コ)   コレステロール値が高いと不明熱が続く
さ行
(さ)   細胞適応とターンオーバー 
(し)   子宮内膜症をブロック注射で根本的に治す方法
(し)   自然消退期はプラセボで十分治る 
(し)   修復
(し)   修復速度を上げる治療へ駒を進める 
(し)   上神経節ブロックの作用・副作用 
(し)   症状のない異常所見と症状のある正常所見
(し)   症状とは?
(し)   症状とはなんぞ? 再確認
(し)   手術をしなくてもよい整形外科疾患の実例集
(し)   神経因性疼痛と治療 
(し)   神経脆弱状態での神経損傷について 
(し)    神経根ブロックと傍神経根ブロックの違い
(し)   神経痛マップ ~神経根レベル高位診断マップ~
(し)   神経ブロック後の疼痛増悪に厳重注意(SJS体質)
(し)    神経ブロック後のリバウンドの病態生理調査
(し)   神経ブロックで様々な病気が治る理由
(し)   神経ブロックに対するステロイドの有用性調査
(し)   寝具と腰椎の関連調査 
(し)   新手技「傍神経根ブロック」の威力 
(し)   新陳代謝速度とホルモンの関係
(じ)   自画自賛について
(じ)   自分を信じることができますか?
(じ)   重力と気圧を治療概念に導入する
(じ)   上頚神経節ブロック 
(じ)   上頚神経節ブロック手技 ~安全に行うために~ 
(じ)   上頚神経節ブロックと屈辱の1年半
(じ)   上頚交感神経節ブロックで嗅覚障害が治癒した例
(じ)   上頚神経節ブロックで嗅覚障害が治癒した例
(じ)   上頚神経節ブロックの概要
(じ)   上頚神経節ブロックの治療成績(突発性難聴治療例)
(じ)   上頚神経節ブロックの作用・副作用
(じ)   上頚神経節ブロックによるふらつき治療報告  
(じ)   上頚神経節ブロックで感音性難聴の根本治療に成功 
   (感音性難聴の根本治療に成功 18 V1 3)と同じ)
(す)   優れたコンパートメントブロックの手法
(ス)   ステロイド関節症 
(ス)   ステロイドの副作用調査中に偶然発見した医学的タブー
(ス)   ステロイドの薬害を考える
(ス)   ステロイドへの偏見と誤解
(ス)   ステロイド抑制が不十分な高コレステロール血症
 (ステロイド分泌を低下させる高コレステロール血症)
(ス)   ストレートネックのメカニズム
(ス)   ストレートバックの生体力学 
(ス)   スポーツ外傷救済のステロイド治療
(せ)   整形外科医に手術を勧められたら…
(せ)   整形外科手術への警鐘
(せ)   生体脆弱性
(せ)   生体脆弱性と遺伝
(せ)   成長痛と思われる症例報告
(せ)   成長痛に特徴的なXP画像
(せ)   成長痛の特徴を考察する
(せ)   西洋医学は井の中の蛙 ~代替医療のすごさ~
(せ)   世界の脊椎外科学会をゆるがす大間違い
(せ)   世界初、三叉神経痛の治療法確立
(せ)   脊髄緊張の生体力学
(せ)   脊髄脊椎不適合症候群 
(せ)   脊髄緊張性頭痛の存在を発見
(せ)   脊髄終糸症候群手術に警鐘!
(せ)   脊柱側弯と脊柱縦弯の生体力学
(せ)   脊椎学の最新パラメーター  
(せ)   脊椎単純X線計測法 ~その実践~
(せ)   脊椎治療の唯一無二の最終兵器・・・安静
(せ)   脊椎の基本
(せ)   積極的治療は困り度がリスクよりも高い時に行う 
(せ)   背骨のお話 
(せ)   維筋痛症の定義 
(せ)   仙骨孔の同定法(単純XP)
(せ)   潜在性二分脊椎・腰椎の破格調査 
(ぜ)   前傾ネックの病態生理
(そ)   損傷
(そ)   損傷・再生速度の概念
(そ)   損傷細胞処理の鋭敏さ
た行
(た)    正しい生理的後弯の定義
(た)   他の医師の誤診を見破る技術
(た)   単純XP測定誤差についての調査~脊椎機能撮影より~
(タ)   ターンオーバーの概念応用 
(タ)   ターンオーバーの基本 
(タ)   ターンオーバーのさらなる研究
(タ)   ターンオーバーの生物学
(ち)   注射が効かない膝痛の正体(骨壊死)
(ち)  注射後の刺入部痛についての考察
(ち)   中枢感作の定義
(ち)   超慢性療法で手術を回避する~人体の驚異的適応力~
(ち)   直腸膀胱障害の腰部硬膜外ブロックによる治療成績
(ち)   著者を雇う・仕事を依頼・支援したい 
(ち)   著者プロフィール
(ち)   治療学総論
(ち)   治療と損傷の4つのフェーズ
(ち)   治療の種類  
(ち)   治療の目的を考える 
(て)   停滞期改善シフト療法がかかえる問題
(て)   停滞期改善シフト療法を受けている患者の立場
(て)   停滞期改善シフト療法は手術件数を減らす 
(て)   停滞期から回復期への昇格
(て)   停滞期から急性増悪期への降格 
(と)   統計学の甘い蜜に浸ってはいけない
(と)   統計学の致命的な功罪 
(と)   疼痛学
(と)   疼痛治療の混迷
(と)   疼痛伝達の神秘1  
(と)   疼痛伝達の神秘2  
(と)   頭部を切断して別人の体に移植する頭移植手術(脊髄性筋委縮症)
(と)   特殊治療症例
(と)   突発性難聴撲滅へ
(と)   突発性難聴に上頚神経節ブロックが著効する 
(と)   突発性難聴を即効で治しました
(ど)   動眼神経由来の眼振に頸部交感神経節ブロックが著効した例
(ど)   動眼神経由来の眼振に上頚神経節ブロックが著効した例
な行
(な)   治らない腰痛・神経痛の特殊な事情 
(な)   なぜ他の医者が治せない症状を治すことができるのか
(な)   難治性 痛みの治療法 
(な)   難治性 疾患治療ガイドライン
(な)   難治性 疼痛治療の障害は患者自身
(な)   難治性 副鼻腔炎の革新的治療法 
(な)   難治性 慢性痛への取り組み 
(な)   難治性 慢性痛への取り組み(概論)
(な)   難治性 腰痛症 BICB の新治療概念 
(な)   難病治療・筋膜リリース・腱引き・その威力
(な)   難病治療専門医について
(な)   難病治療について
(ナ)   ナルコレプシーへの(上頚神経節)ブロック治療例
(に)   二次ニューロン性腰痛症の発見
(に)   2016年治療報告
(に)   日常損傷学と達観点
(に)   日常損傷病学(はじめに)
(に)   日常損傷病学は極めて難しい
(に)   日常治療と依存形成
(に)   日本の医療に対する苦情
(に)   日本の医療の難題1 医療税制と財政赤字
(に)   日本の医療の難題2 保険診療の弊害
(に)   日本の医療の難題3 混合診療のデメリットを深く考える
(に)   日本の医療の難題4 日本医療を立て直す具体策
(に)   日本の医療の難題5 自由診療拡充でできること
(に)   日本の医療の難題6 共産主義医療の崩壊
(に)   人間ドック学会のコレステロール基準がやばい 
(に)   認知症の画期的治療
(ね)   捻挫後に長引く腫れへの対処法(自己免疫性関節炎)
(の)   脳梗塞後遺症に革命的な新治療 
(の)   脳梗塞後遺症と誤診されたLSCS 
(の)   脳梗塞後遺症や認知症治療に上頚神経節ブロックが効果あり
(の)   脳の誤作動による慢性疼痛を治す 
は行
(は)   はじめに 
(は)   発病=脆弱性×偏り×暴露時間 
(は)   波動医学を知る  
(パ)   パーキンソン症候群への上頚神経節ブロック治療例
(パ)   パーキンソン症のブロック治療の驚異の効果紹介
(パ)   パーキンソン・難聴・無味症・夜間頻尿・火照り・呼吸困難・ふらつき根治療法
(バ)   バネ指と誤診された頚神経根症の1例 
(ひ)   膝関節骨壊死が治りました(患者様からの投稿)
(ひ)   膝関節内注射が効かない変形性膝関節症のブロック治療
(ひ)   膝関節の消耗と経年変化を止める新治療法
(ひ)   膝痛と誤診される関節アロディニアの一例
(ひ)   膝の痛みと経年変化の関係について
(ひ)  人のからだは正規分布に従わない
(ひ)   人の重心を正確に求める 
(ひ)   頻尿治療で膝痛が完治した症例
(ひ)   頻尿治療に腰部硬膜外ブロックが著効した7例
(び)   病院大繁盛の法則
(ビ)   ビスフォスフォネート製剤と顎骨壊死
(ふ)   不眠治療症例
(ブ)   ブロック注射のいろは
(ブ)   ブロック注射を行っても治癒しない症例の共通点
(ブ)   ブロック技術を最短で高める方法
(ブ)   ブロック注射と訴訟リスク
(ブ)   ブロック技術を極めるために~痛くない注射法~
(ブ)   ブロック適用範囲を広げる技術
(ブ)   ブロックで難病を治していく方法
(ブ)   ブロックにおけるドクターズランキング
(ブ)   ブロック無効性慢性腰痛 (BICB) 
(ブ)   ブロック無効の腰痛に交感神経節ブロック
(ブ)   ブロックリスクマネジメント
(へ)   変形性膝関節症へのヒアルロン酸注射の効果調査 
(へ)   変性と適応と劣化
(へ)   片頭痛に上頚神経節ブロックが特効 
(べ)   便意頻回!過活動性直腸(過敏性腸症IBS)のブロック治療報告
(ほ)   他の医師の誤診を見破る技術
(ぼ)   傍神経根ブロック(頚部)を行っている合成写真
(ぼ)   傍神経根ブロックとは
(ぼ)   新手技「傍神経根ブロック」の威力
(ボ)   ボランティアとして著者と共に活動したい
ま行
(ま)   まことに迷惑な患者の家族のお話
(ま)   まことに迷惑な患者のお話 2  
(ま)   全く新しい治療法 傍頚部神経根ブロックの治療成績
(ま)   慢性疼痛患者へのオピオイド使用に警告!
(ま)   慢性疲労症候群・ALS治療に光明
(ま)   慢性疲労症候群への硬膜外ブロックの活用
(ま)   満足度と幸福度と依存 
(マ)    マクロ的な治療の見解
(マ)   マクロファージとターンオーバーと老化 
(マ)   マクロファージの死骸がもたらす病気
(マ)   マスコミとして著者にアクセスしたい
(み)   
(み)   耳鳴り治療法完成報告(上頚神経節ブロック)
(ミ)   ミラーニューロンと難治性慢性疾患と密接な関係
(む)   むち打ち後の視力低下への上頚神経節ブロック治療例
   (外傷後の視力低下をブロックで治す)
(め)   免疫抑制剤の将来的使用指針
や行
(や)   薬物依存(耐性)者の慢性疼痛治療ガイドライン
(や)   やってはいけない脊柱管狭窄症手術 
(よ)   腰椎アライメント異常症という新たな概念
(よ)   腰椎XPは立位でなければ意味がない
(よ)   腰椎XPの読み方 
(よ)   腰椎後側方固定術の致命的な欠陥
(よ)   腰椎すべり症と過活動性膀胱の関連調査
(よ)   腰椎手術回避するための腰・下肢痛への超連続ブロック療法  
(よ)   腰痛・治療の医学
(よ)   腰椎と布団の話(Bed rest 症候群)
(よ)   腰痛に対する安静療法の概念
(よ)   腰痛は医者には治せない 
(よ)   腰部脊柱管狭窄症手術に必要な真の解剖学 
(よ)   予防医学の真実 
ら行
(り)   臨床疼痛学
(リ)   リウマチ因子は悪者ではない
(リ)   リリカ・トラムセットの禁断症状に警告!  
(レ)   レミケードで種々の副作用が出現した症例
(レ)   レミケードの副作用の過小評価にご注意  
わ行
(わ)   私の治療成績が高い理由(高い治療成績の理由)
アルファベット
(A)   ALSが疑われた難治性頭重感の治療例  
(A)   ALSの早期治療法の確立
(A)   ALSは身近にある
(A)   ALSは身近にある2 (突然の脱力)
(A)   ALS様症例の1年間の治療成績 
(M)    MRIでわかる! 高齢者のコーダルブロックは難しい
(S)    Sharp角の診断価値の低さの検証
(T)   TFCCと誤診された関節アロディニアの一例
(V)   VAS(ビジュアルアナログスケーリング)を用いない治療概念
この索引ページはペンネーム「がっちゃん」の協力により作成することができました。2017/7/6