慢性疼痛患者へのオピオイド使用に警告

はじめに

以前よりがん患者の末期ではその疼痛を和らげるためにモルヒネが使われています。モルヒネはオピオイド神経を興奮させ、下行性に侵害受容器で発生した痛覚の信号を抑制します。近年、トラムセット・ノルスパンテープなど、モルヒネではなくオピオイド受容体に作用する薬が開発され、癌性疼痛以外の疼痛患者にもオピオイドが広く使用されるようになりました。


整形外科領域では腰痛や上下肢の神経痛などに頻繁に処方されるようになっていますが、そこには落とし穴があります。オピオイドは通常、組織や臓器が障害された痛みに用いるべき薬剤であり、神経が障害されて起こっている痛みには効果が低いのです。しかしながら、神経痛にもオピオイドが濫用されはじめた近年、それによる二次的な副作用が出始めていると感じます。ここではオピオイドを神経因性の疼痛に使用した場合の症状悪化について考えていきたいと思います。


オピオイドが効かない痛み

日本ホスピス・在宅ケア研究会ではモルヒネに反応しないケースとして次のようなものを挙げています。

 

  1. 痛みは(組織や臓器ではなく)神経が傷害されて起こっている。 末梢神経が侵されたときは皮節に一致して発生し、中枢性の病変によるときは皮節には一致しない。
  2. 痛みの表現(灼けつくようだ、刺すように痛む)から、神経叢損傷が疑われるが、痛みの部位で感覚が鈍くなっていたり、変化していたりすることで診断できる。
  3. 表在性で灼熱的、あるいはズキズキした不快感のある痛み。
  4. 自発性の刺すような痛み、あるいは放散する痛み。
  5. 深部に併発するうずきが、神経の圧迫と遮断との混在による痛みのときも神経の遮断のときも現れることがある。
  6. 軽く触れたり、軽く叩いたりすると痛みを生じる。したがって肌に着衣が触れると痛みとなり、着衣に耐えれれなくなることがある。
  7. 針を用いた痛覚検査や温室の検査では、感覚低下が認められる。
  8. 時にしびれを伴う。
  9. モルヒネを投与しても効果があがらなかったり、僅かな効果が得られるのみのことが多いため、不眠が続き、患者は疲れきってしまう。
  10. 腕神経叢を巻き込む場合には、上肢に、また骨盤内腫瘍による腰仙骨神経叢の場合には、下肢に典型的な痛みが出る。
  11. アスピリンやモルヒネがあまり効かず、三環系薬がしばしば適応になる
  12. 治療目標は、夜よく眠れること

上に挙げたような場合はオピオイドの使用量を増やしていくことは不適切と思われますが、最近では世界的に「難治性の痛みには何でもかんでもオピオイド」という風潮になってきており、私はそうした疼痛管理に危機感を持っています。あまり効果が出ない痛みに対してもオピオイドを医師が気安く処方しています。オピオイドを処方する医師は痛みの性質と使用薬剤の適応をもう少し真剣に学ぶ必要があると感じます。しかし、オピオイドを販売促進しようとする製薬会社、そして薬学部の研究が、これを阻んでいるような気がします。


 

飲酒後の激痛の例

神経因性疼痛の患者は、その激痛に耐えられず、しばしばお酒を飲んでこれをごまかそうとします。アルコールは脳に対して麻酔作用があり、疼痛をあまり感じなくなります。しかしながら、酔いがさめるとお酒を飲む前よりもさらに強い痛みになっていることがしばしばあります。また、飲酒中は転んで骨折などを受傷したとしても痛みがほとんどありませんが、翌朝、目覚めると激しい痛みになっていることもあります。こうした飲酒後の疼痛増強は、痛みを抑えることによって自由に活動ができるようになり、損傷部位をさらに傷めつけてしまうことが原因と考えられます。


痛みの増強を抑えるために「お酒をさらに飲み続ける」という方法もありますが、これが体に悪いことは誰にでもわかります。オピオイドも同様に、痛みを抑えることにより、損傷部位をさらに傷めつける恐れがあり、服薬が逆効果になることを想定しなければなりません。特に上に挙げた神経破壊によると考えられる疼痛ではオピオイドを使用すべきではないと考えます。


 線維筋痛症患者でのオピオイド使用注意

現医学で理解不能な痛みを総称して線維筋痛症と言われることがあります。線維筋痛症では神経ブロックも無効である場合があり、その場合は「脳で痛みが増幅されている」というような言い方をされ、精神の異常による痛みと定義されてしまうことが多いようです。こうした医者に治せない痛みの場合、プレガバリン・オピオイド・抗うつ剤の併用で薬漬けにするのが近年の常套手段となっていることを非常に残念に思います。


慢性の疼痛に苦しむ患者は、「あまり効果がない」と知っていても、これらの薬を中断すると「酔いがさめた時の激痛」のように痛みが増加するために止められません。よって、神経破壊が起こっている場所には治療がなされず、痛みをごまかすのみとなり、経口薬の悪循環にはまり抜け出せません。もちろん、神経破壊が起こっている場所の同定が、現医学では無理だからこそ、このような悲劇が起こります。


オピオイドによる疼痛増強の可能性

神経破壊が原因で起こる疼痛は通常の求心性痛覚伝達経路とは無関係な経路から起こります。これらがアロデニアや皮節を無視した疼痛領域、異常知覚を作り出します。しかし、そうした臨時痛覚回路の情報をオピオイドで遮断し続けた場合、どういうことが起こるかを想定しなければなりません。


恐らく、臨時痛覚回路は「痛覚情報が十分に脳に送られていない」と判断し、自動的に痛覚回路の増強を計ると思われます。すなわち、オピオイドによる信号遮断をさらに上回る臨時疼痛回路を作り出します。これがどういう結果を招くか、想像すると極めて残酷です。同量のオピオイド使用では痛みに耐えられなくなり、さらにオピオイドを増やさなければならなくなるでしょう。そしてどんなに増やしても、人の体はさらに痛みの回路を増強し、結局、オピオイドを増量してもすぐに効かなくなり、最終的に痛みの回路だけがパワーアップして行き、こうした患者がオピオイドを中止した時に、地獄の猛火に焼かれるがごとく痛みを感じるようになるでしょう。こうした理由から、神経破壊に起因する痛みにはオピオイドは不適切と考えます。


 安静で治る神経因性疼痛であればオピオイド使用は問題なし

神経破壊による痛みであっても、安静にしていれば破壊部の炎症はおさまり、自然治癒するのが人間の痛みの仕組みです。この場合、神経の破壊部分が治癒するまでオピオイドを服薬していれば、何事もなく痛みが自然治癒します。よって、動的なストレスで発生する痛みでは、安静+オピオイドでよいでしょう。この場合は神経因性の疼痛であっても、オピオイド使用が問題ありません。この世に存在する疼痛の99%は「自然治癒する痛み」であるため、オピオイドの使用はほとんどの人に有効です。しかし、残りの1%の特殊な疼痛の患者にオピオイドを使用すれば上記のような、オピオイドによる疼痛回路の強化が起こるでしょう。


 安静でも悪化する痛みがある場合はオピオイド要注意!

ヘルニアも脊柱管狭窄症も神経根症も、安静にしていればそのほとんどが治癒します。物理的に神経が圧迫されていたとしても、圧迫部の浮腫が改善されると、神経が再び炎症を起こす機会が減るでしょう。しかしながら、臥床安静にしていても痛みが消えることがないような痛みの場合、オピオイドは神経破壊を悪化させる可能性が極めて高くなります。


例えば腰椎の数が多いなどの奇形を持つ患者は神経線維の全長が脊椎の全長よりも相対的に短くなると思われます(椎体の数が多い分、神経の長さが長くなければなりませんが、多椎が神経の成長に何らかの悪影響を及ぼす可能性がある)。また、椎間板の数が多いため、前屈させた際に脊柱管全長が長くなる距離が普通の人よりも増えることで、神経線維が引き伸ばされて損傷を起こす可能性が高いでしょう。


このように、脊柱管全長よりも、その中を走る神経線維の長さが足りない場合、神経線維は常に緊張することになり、姿勢が変化することで自動的に神経破壊が起こることがあると推定しています。ある患者は、座位でのみ神経線維が引き伸ばされ、ある患者は仰臥位でのみ神経線維が引き伸ばされ、ある患者は立位のみで引き伸ばされ、神経が破壊されるでしょう。


こうした患者にオピオイドなどの鎮痛薬で、薬漬けにすることは大変危険です。安静にしていても姿勢が悪いのみで神経破壊が起こるでしょう。しかし、その際の痛み信号をオピオイドでブロックするため、知らぬ間に神経破壊が進行し、疼痛回路の増強システムが作動し始めるからです。これに耐えうるためにさらに薬を増やし…疼痛回路はさらに増強…やがて寝たきりの疼痛患者が出来上がってしまいます。


 神経破壊に起因する痛みの治療法

基本的に破壊されている部分には浮腫、血行不良、疼痛メディエーターの貯留が必発です。破壊されている神経が修復され、また、神経線維の緊張が強いのならばその神経線維が多少でも伸びるように成長させるためにも、浮腫の改善、血行改善、疼痛メディエーターの洗い流しが必要と思われます。


これらの治療を神経が破壊されている部分に的確にヒットさせない限り、患者は疼痛地獄から逃れるすべはないと思われます。つまり、神経破壊部の炎症と浮腫、血行不良を改善させるために、ステロイドの大量投与などが必要と思われます。


神経破壊に対し、ステロイド大量投与が有効であることは、すでに癌末期のターミナルケアで証明されており、いまさら私が述べるまでもありません。特に、線維筋痛症などの「神経破損部位が特定できない中枢性疼痛」にはステロイド大量投与が選択されるべきと考えています。部位の特定が難しい場合は全身投与しか方法がないからです。


ターミナルケアではオピオイドが無効の神経破壊性の疼痛患者にステロイドを用いると、とたんにオピオイドが効き始めることが証明されています。しかしながらステロイド大量投与には副作用がつきまとうため、使用が難しいでしょう。


近年、ステロイドに変わる強力な抗炎症薬であるTNFα阻害薬が開発されたため、ステロイドの副作用を起こさせることなく、抗炎症を得られるようになりました。よって原因不明の中枢性疼痛にはTNFα阻害薬の使用を試みるべきと考えます。しかし、この薬剤もまた、強力な副作用があるため、使用が難しいと言えます。


こうした副作用の強い薬剤の使用には、神経破壊部がしっかり同定できていて、炎症が起こっていることが予想されている必要がありますが、以下の理由によってそれが大変困難な状況があります。そして、治療ができない理由があります。


 

難治性慢性疼痛治療の問題点

  1. 血液データに炎症所見が現れない:神経節の部分に炎症起こっていても、CRPやサイトカインなども含め、数値の上昇は一切見られません。それは損傷個所がミクロだからです。炎症が起こっていることを医師に理解してもらえません。
  2. 神経線維の緊張所見をMRIなどから読み取れる医師がいない:神経線維の緊張という考え方が現在の医学には欠落していますので画像で異常所見を読めません。
  3. 神経の破壊部分が推測できない:神経の緊張による神経の破壊場所は最上部では視床、そして延髄・脊髄・神経根・後根神経節…とあまりにも広範囲なため、破壊場所を絞ることができません。
  4. 痛みの場所と原因箇所が離れている:中枢感作が起こっているために、痛みの場所と神経の破壊部位は異なることがあり、通常の医学教育だけでは、その発生場所を推定することは不可能です。
  5. 治療に時間がかかる:神経の緊張が原因なら、神経線維が伸びることを期待して長期の治療が必要になりますが、治る確証がなく、長期の治療は医師・患者ともども根気が続きません。
  6. お金がかかる:保険医療の範囲外の治療となりますからお金がかかります。
  7. 患者は医師を信用しない:これらの考え方は現医学の枠を超えているので、患者は医師を信用することができません。例え治療法を示しても、患者から承諾を得られません。患者はエビデンスを求めますが、現医学レベルではエビデンスを出せません。
  8. リバウンドが来る:オピオイドで長期に疼痛を抑えていたせいで疼痛回路が強化されており、治療過程で激痛が起こること(リバウンド)が予想されますが、これに患者は耐えられず、医師を逆恨みして治療が中断することが予想されます。
  9. 循環系のリスクが高い:薬漬けになっている患者の場合、ブロック時の血圧が不安定になりやすく、少しのミスでも循環不全性ショックを起こすリスクが高くなります。
  10. 副作用に飛び込む勇気が必要:神経破壊箇所が特定できないまま、その箇所の治療を行うにはステロイド,TNFα阻害薬(レミケードなど)の全身投与が必要となりますが、その副作用は決して少なくないため、医師と患者共に治療に勇気と覚悟が必要です。しかし、患者はすでに医師不信に陥っているため、ほとんど同意は得られず、さらに不信感をあらわにする患者に対し治療を行う医師はいません。
  11. 繰り返しの根気治療が必要:ブロックはほぼ無効です(原因場所が特定困難、中枢感作の生じている部分へのブロックで痛みはとれない)が、ブロックを血管拡張のための治療と割り切って何度も繰り返し行う。血管拡張剤を用いるなどあらゆる手段を用いながらのたいへん根気のいる治療が必要と思われます。しかし、そうした精神力もお金もない現実に突き当たります。

 


 難治性になる前に徹底治療

難治性の中枢性疼痛が慢性となった場合、上記のような困難を乗り越えなければ治療が難しく、一般的には、患者は慢性疼痛になるまでに極めて医者不信になっていますので「打つ手なし」となります。患者を救うためには慢性疼痛になる前に、徹底的なブロック治療などで改善させなければなりません。中枢感作の回路を作らせてはいけません。徹底的とは…例えば週に5回、ブロックを行うというような、医師と患者に忍耐の要る治療です。保険医療はそれを認めていませんが、慢性疼痛になる前に引き止めなければ、患者は疼痛の生き地獄にはまり込んでいきます。そこは人間の尊厳のない世界です。そうなる前に手を打つのが医師の使命であると私は思っています。たとえ保険医療が認めていなくても。


しかしながら、近年、オピオイドなる優秀な疼痛治療薬が出現してしまったために、徹底治療をする医師が減り、患者が薬漬けにされ、慢性疼痛の悪循環におちいりやすくなったと感じます。


難治性疼痛の最後の砦、脊髄刺激療法

脊髄刺激療法は硬膜外腔に電極を埋めて微弱電流を流すことで、痛みの電気信号をブロックさせる方法です。疼痛治療の最後の砦的な位置にあります。ただし、電極を埋める位置をどこに決めるのかが問題であり、神経破壊場所(中枢感作が構築されている場所)よりも末梢に入れたのでは効果が低いと思われます。よって万能ではありません。


また、この方法は痛み信号の求心回路を妨害する方法ですから、オピオイドの電気版のようなものです。根本原因を治療しているわけではありません。求心回路の妨害によって、神経破壊部がさらなる疼痛増強回路を作ってしまうことを考えると、オピオイドの薬漬けと同様であり、痛みの解決にならない場合も考えなければなりません。


人間の体は痛み回路に対しては非常に精巧かつ狡猾であり、痛み信号をどれほど遮断しても、根本原因が改善されていない場合はあの手この手を使って神経系は痛みの別回路を作っていきます。よって脊髄刺激療法も、根本原因が判明している場合に行うべきであり、なんとなくの使用では痛み回路の増強を助長するかもしれません。


基本的には脊髄刺激療法でさえ、痛みの根本原因の治療と同時に行うべきでしょう。しかしながら根本治療は困難ですから、原因が不明の難治性慢性疼痛の治療が難しいことは、本法でも例外ではないでしょう。よって、脊髄刺激法もオピオイドと同様、ごく一部の患者には逆効果になる場合もあると考えます。


オピオイドが効かない時

疼痛治療でオピオイドが効かない場合、多くは神経破壊による疼痛であることを想定し、急性期のうちにに手厚いブロック治療を敢行することを勧めます。MRIで調べても、痛みの原因がわからない患者の数は、医師が考えているよりもかなり高い割合で存在しています。つまり、現医学の水準では発見できない神経破壊性の疼痛が想像以上にたくさんあります。しかし、名誉ある医師たちはその事実を決して認めないため、慢性の疼痛患者を生み出し、地獄のような苦しみを味わう患者が存在します。その数はオピオイドが開発されても全く減りません。


オピオイドが効かない時は「なぜ効かないのか?」を現医学水準の枠を超えて考える癖を持つ必要があります。医学書通りの治療では、決して患者を救えません。現医学は疼痛の研究に関して、まだまだ遅れているからです。

慢性疼痛患者へのオピオイド使用に警告」への22件のフィードバック

  1. こんにちは。
    はじめまして、私は頸椎5.6番の間のヘルニアと言われ手術を予定していましたが痛み場所がコロコロ変わると手術をのばしました。
    セカンドオピニオンで行った病院で線維筋痛症と言われ
    トラムセットからトラマールと
    飲み薬を変更致しましたが
    まだ灼けるような痛み、つーんと疼く痛み、痺れに薬は効いていません。
    薬を止めようと何度かチャレンジしましたが飲まなければ激痛で
    やめる事ができません。
    ノルスパンテープに変えようか
    凄く迷っています。

    • 痛みにはどんなに立派な人でさえ耐えることはできません。痛みから逃げるためなら、人は自殺を選ぶこともあります。ですから、痛みを緩和させるためにあらゆる手段をとってもよいと思います。ノラムセット、トラマール、ノルスパンテープはどれも作用機序がほとんど同じですので、迷う必要はありません。ご自身に合うものを選べばよいでしょう。ただ、痛みを長期ごまかしていると体は慢性の痛みシステムを作ってしまうので、そうなる前にペインクリニックに行き、ブロック注射を受けることをお勧めします。ペインクリニックのブロックは、現状ではもっとも「根治性」が高いものだと思います。

  2. こんにちは。はじめまして。
    ブロック注射ステロイドという語句を検索していてこちらのサイトにたどり着きました。

    私の脊椎には原発性の腫瘍ができおり、以前の手術で腫瘍骨摘出と後方固定を行っていたのですが、昨年から腫瘍の増大とともに坐骨神経痛が強く出現するようになり、仙骨硬膜外ブロックでは効果を感じられず、再手術を行い摘出とチタンロッドによる後方固定をやり直しました。
    手術後は、左足にあった坐骨神経痛は感じなくなったものの、鼠蹊部から右大腿部そして膝にかけての疼痛が日増しに激しくなり、睡眠に障害を来すほどになりました。

    ほどなくして両太腿裏と仙骨部に神経痛を覚えるようになり、姿勢によって両大腿部と臀部に電撃を受けたような痛みを感じています。
    L4L5間の椎間板ヘルニアで神経が傷害されていると考え、仙骨硬膜外ブロックにステロイドを追加してもらっていますが、今のところ効果があまり実感できません。

    再固定や除圧など手術によって痛みが軽減されることに期待していますが
    これらの症状は、インスツルメントを更新したことによって神経が緊張され傷害を受けているためではないか。と考えるようになりました。
    仮にそうであったとして、ブロックで痛みを緩和することが可能でしょうか?

    • ロッドを入れた為に脊髄が緊張という推測をされるあたり・・・かなり頭脳明晰の方のようにお見受けします。それが真実かどうかはわかりませんが、医師よりも考察が深いと思います。手術をされている場合、ブロックの方法は4つ。仙骨硬膜外ブロック、胸部硬膜外ブロック、神経根ブロック、交感神経節ブロックです。これらを組み合わせれば痛みが緩和されると思いますが、問題はそれらをする技術と情熱を持つ医師がいないことです。普通の医師は「ロッドを入れたのにブロック?!、馬鹿げている! ロッドにばい菌がついたらどうしてくれるんだ!」というネガティブな考え方しか持っていません。現在、仙骨硬膜外ブロックをしてもらっているということは、それなりに良い医師に恵まれているかもしれませんので、いろいろとトライしてもらうしか方法はないでしょう。

      • コメントありがとうございます。
        現在、執刀してくれた整形外科医と、もうお一方
        違う病院の麻酔科医に仙骨硬膜外ブロックをやっていただいています。
        再手術でロッドを外して元に戻す際に神経障害が和らぐことを期待する他
        ないのですが、それまでブロック注射で凌いでいくしかないと考えています。

        私は都内在住なのですが、先生のところで受診は可能でしょうか?

  3. 頚椎及び腰椎脊柱管狭窄症で20年来、治療を受けています。ブロック注射を10クール以上、色々なDrにかかりましたが、全然、治癒せず、下半身及び右半身まひとなり、ベット上で10年が経過しました。
    痺れ、疼痛、不眠等、殆どの病を経験しました。現在、トラムセットを1日4回処方していますが、主治医が麻薬免許を持っていないためオピオイド系の薬を処方していただけません。保健所で免許の届けを出し免許を受けるだけなのですが、取得をしていただけません。この場合、並行診療でオピオイドを出してくれるでしょうか。
    オピオイド系のの貼付薬はどのようなものがあるかお教え下さい。

    • 麻薬施用医師とはその名の通り麻薬を処方してよい医師への免許ですが、整形外科医にはまず申請は下りません。麻薬は癌の末期にのみ使用されるものなので麻薬施用は癌末期にかかわる医師に限定されています。どんなに痛みが強くても癌の末期にしか麻薬を用いてはいけないことになっているのは世界の法律のほぼ共通したところです。ただし、ノルスパンテープという製剤は整形外科医でも講習と勉強と試験を受けて合格すれば製剤の使用許可が下ります。ノルスパンテープはトラムセットとほぼ効果が同じですから、わざわざ試験を受けてまで許可を申請する医師は少なくなる傾向にあります。正確にはこれらの薬剤は準麻薬の扱いで、最近は疼痛治療に許可が下りるようになったものです。そうであっても、これらの薬は医師たちには評判が悪く、好んで使う医師は少なくなる傾向です。これらの使用は医の倫理の問題ですので難しいとしか私にはいいようがありません。もうしわけごじません。

  4. インターネットの膨大な情報の中でこの記事にたどり着くまでに時間がかかり過ぎました。読んでいて、今はただ涙が溢れてきます。

    私は全く原因不明と言われていますが、2年半と少し前から右半身全てに疼痛(アロディニアや自発痛)があります。頭頚部領域、特に顔面もです。三叉神経領域では第2枝の痛みが強いです。体でも痛みの強い部位弱い部位があります。視床痛と病態は酷似していると自分でも思いますし神経内科でも言われましたが、脳と頚髄レベルのMRI画像を見るかぎり写し出される(読み取れる)病変はどこにもありません。視床は特に何度もチェックしてもらいました。
    ただ一人だけ、キアリ奇形があると言われた神経内科のお医者さまがいますが、痛みとの関連はないとのことでした。
    私自身は視床に何らかの神経損傷が起こっているのではと考えると自分が持ち合わせている知識と矛盾しないので、勝手にそう思っています。
    2年半の間、ブロック治療、リドカイン点滴、投薬、いろいろ行われましたが改善されず、オピオイド(モルヒネとフェンタニル)が増えてしまった状態ですが、オピオイドを増やしても痛みもそれについてくるということで、増やすことはストップしていますが痛みが強く減らすまでには至っていません。
    今年、ようやく疼痛医療センターにて集学的治療を受けることになりましたが、投薬はこれまでの病院で継続、(私からすれば)中途半端な介入で運動療法3ヶ月、その評価も説明もないままにその後3ヶ月放置されています。次は代替補完療法の予定でヨガや認知行動療法と言われていますが、病院側の体制が整っておらず連絡が来ません。精神科受診も打診され、行ってみましたが、希望に応えられないということで通院自体を継続するか中断するかの選択を強いられています。
    どの病院も医師も対応に苦慮し、次第に手に負えない厄介な患者になりつつあるのを強く感じます。でもどうしてもこの生き地獄のような疼痛から抜け出したく、自分でもいろいろ調べたりしていますが、ある時、脳に炎症があるのではないか?と思うようになりました。
    このサイトに辿り着いたのがつい数時間前で、まだ疼痛に関する全てを読ませていただいた訳ではありませんが、私には納得できるところがたくさんありました。
    情報がうまく伝えられていないかもしれませんが、私の疼痛も完治する可能性はありますでしょうか。(改善ではなく完治を目指しています)
    死を考えるほどに辛い日々から抜け出せることはできるとお考えでしょうか?
    少しでもご意見をお聞かせいただけますでしょうか。お願い致します。

    • 私は常にあらゆる可能性を考えて多種多様の工夫をして治療しますので、疼痛治療の最後の砦として私の治療をお受けになることを勧めます。とは言うものの、大きなリスクにはとびこまなくて結構です。さて、キアリ奇形があるということは、脊髄の張力が高いことを意味しています。その張力が脳幹や視床に血行不良を発生させる可能性を考えます。疼痛の根本原因が脊髄の張力にあるのかもしれません。私は脳幹や視床の血行不良をブロック注射で改善させることができますが、根本的な張力を減少させることはできません。スペインで、あまり効果のない「張力を減少させる手術」を専門にしている病院があると患者から聞いたことがあります。それはさておき、完治を望むと書き込まれていたので、完治はブロック注射だけでは難しいことをとりあえず認識しなければなりません。やはり改善が今の医学では限界でしょう。とりあえず、ご連絡さしあげます。

      • 先生、コメントありがとうございます。
        キアリ奇形については症状が出ている訳でもなく、少し小脳がはみ出しているくらいですが、脳・脊髄という神経系にとって、その「少し」は最終的に何か体全体に大きい影響を及ぼすこともあり得るのでは、と思っていましたので、先生の言われる脊髄の張力のお話は「なるほど…」と感じましたし、疼痛の原因の可能性1つとして十分にあり得ることだと思いました。完治はやはり難しいということもはっきりとおっしゃって下さりありがとうございます。病気に対する認識や覚悟を改めて、改善でも極力良い方へ向かうよういろいろ考えたいと思います。関西在住で常勤の仕事もしておりますので、東京へすぐ治療に、ということは今は無理ですが、はじめの方で書かれてあったように、最後の砦として常に念頭に置いておきたいです。
        ご連絡本当にありがとうございました。非常に嬉しいです。
        今後研究者の立場からも議論が出来ればと思いますので、またメールさせて頂きます。

  5. 私は頚椎症性脊髄症、胸椎黄色靭帯骨化症、腰椎ヘルニア、腰椎狭窄症などで胸椎10〜仙骨まで固定手術、頚椎症はラブ方手術をして身体障害者一瞬二級取得して
    1日に朝から就寝までトラムセット配合錠8個、リリカ150㎜1個、ボルタレン坐薬二個を処方してもらってますが痛み、痺れが取れず
    医師に相談してノルスパンテープを処方をお願いしましたが
    私には成分の問題で処方していもらえませんでした、それ以上聞く勇気もなくいまだに痛みが取れず精神的にもキツくなって来てます。
    何故処方してもらえないのか解る方がいらっしゃいましたら教えて下さいm(__)m

    • ノルスパンテープを処方するには処方資格が必要です。医師免許だけでは処方できません。なぜなら準麻薬だからです。しかしトラムセットは誰でも処方が可能です。薬に頼るのではなく、ペインクリニックの医師に交感神経節ブロックをしてもらうことをお勧めします。ただし、あなたの症状にブロックで治療するには、医師に慈愛と奉仕の精神が必要です。おそらく、そうした医師に巡り合える確率はかなり低いと思いますが、探してみることをお勧めします。薬は、人間が耐性を持ちますので、必ず効かなくなっていき、結局痛みから逃げられなくなります。根本治療は痛みをごまかすのではなく、血行改善のために交感神経系をブロックしてもらうとよいでしょう。

  6. こんにちは。初めまして。

    私は5年前に多発性硬化症を発症し、3年前から全身の激痛に悩まされています。内臓以外は身体全身が強烈に痛み、一睡も出来ない日も多々ありました。神経内科でステロイドパルスを大量に点滴投与したりした直後は微妙には効果がありましたが1週間も経つとまた激痛に襲われ、トラムセットも内服しましたが全く効果はなく、日々どんどん痛みは強くなっていき途方に暮れていたところ1年前にペインクリニックの存在を知り現在も毎週通院しています。ブロック注射のお陰で激痛からは解放されましたが、まだまだ頑固な痛みがあります。

    質問したいのですが、現在モルヒネを1日90㎎服用していますが、ほぼ効果はありません。リリカも効果がないように思います。唯一効果がみられたのがカルバマゼピンです。このような状況から見て、モルヒネやリリカの服用はもう止めるべきでしょうか?
    そしてカルバマゼピンに効果があったという事は他にどのような薬が効果があるのでしょうか?

    そして、2年間の激痛のあと1年間ペインクリニックで治療中ですが、完治は無理でも改善に至るまでには、まだまだ時間はかかるのでしょうか?
    というより、通院しなくて済む日が来るぐらいに治る事は、もしかしてないのでしょうか?
    トラムセットやモルヒネの服用が更に悪化させた事も考えられるのかも知れませんね。

    このサイトに出会えたことを、とても嬉しく思います。とても勉強になりました。ありがとうございます。

    • 多発性硬化症は原因不明でリンパ球が悪者扱いされていますが・・・原因は神経細胞を傷つける何か(リンパ球以外の何か)があるのが真実で、現医学ではその何か?を発見できないでいるだけと思われます。当院にも多発性硬化症と似たような症状をお持ちの方が何十名も来院されています(初期なので診断がつかないだけと思われます)。重要なことは「飲み薬に頼ることは不正解」であることを受け入れられるか?ということです。原因がわからないから対処しないという方針がまさに薬を飲むことです。効果のない薬はやめていかなければなりませんが、やめると禁断症状が出てしまい、なかなかやめることができないというのが現状です。そのため、モルヒネは通常、末期癌の患者にしか使わなかった薬剤です。おそらく、やめるためには数か月の地獄と戦わなければならないと思います(こちらを参照)。今の地獄から抜け出すには、医者ではなくあなたが治療法を発見しなければなりません。このサイトにはそのヒントになる論文をいくつも掲載しています。恐らく、根底に神経細胞の血行障害とそれを増悪させる炎症反応が存在しており、それらを薬ではなく、姿勢や運動、温熱療法などでどうやって取り除くか?にかかっています。痛みがあると体が硬直します。カルマバゼピンはその硬直を緩和させるものであり、それがもっともよく効くのであれば、からだの硬直による延髄付近の血行障害があるのではないか?というような発想をします。これを解除させるためには、姿勢を考え、適度な動きと温熱などがよいだろうと考えます。そうした発想を何度も何度も試み、症状が軽くなるところを探し出さなければなりません。
       しかし、問題は、延髄の血行がよくなると、逆に痛みが強くなる現象が必ず起こることです。これは治るためには乗り越えなければならない山ですが、山ではなく悪化であるととらえると、治療にならないことです。私はこれをリバウンドと呼んでいますが、そうした逆説と不信とも戦い、何が真実か?を見つける知能も持たなければなりません。このサイトに書かれてある全ての文章を読むことで知識は得られると思いますが、専門用語が多いため読むには苦労するでしょう。しかし、今の地獄から脱出するには、そういう努力が必要かもしれません。

      • お返事ありがとうございます。

        私は遠方なので、なかなかそちらに伺う事は難しいのですが、例えば行ける事になりましたら、一回の治療で治す事も可能なのでしょうか?
        痛みは、頭から足の裏まで全身に渡るのですが、ペインクリニックと治療は一緒の事になるのでしょうか?

        • 頭から足の裏まで痛みがある場合に、それを現代の医学で「治せるか治せないか?」は別として、「治そうとする医師」はまず存在しません。その理由は、痛みの発生源が頚髄よりも上(頭側)にあるからです。頚髄よりも上の病変は現医学では手をつけられないエリアです。私はまさにその頚髄よりも上の病変を「治そうとする医師」ですが・・・、それは前人未踏の治療で困難を極めます。運悪く、あなたはそうした前人未踏の疾患にかかってしまったわけですが、それを私がたった一度の治療で治せるのであれば、私は超能力者かペテン師でしょう。私の元へは遠方からも泊りがけで来院される方が少なくありませんが、それは人生をかけた戦いであり、患者自身も困難な道を歩みます。そうした強い精神がなければ、前人未踏の病気は、現代の科学では治せないと思います。治療をする私にも莫大な労力がかかるので、できれば、最初から望みが薄い患者には手を出したくありません。では望みが薄い患者とはどういう患者なのか?というと、全てをなげうってまで治療しようとする根性のない患者ということになります。無駄な労力やリスクを掛けたくないと思っているのは、患者よりも医師のほうであるということを知らなければなりません。患者は単に寝て、ブロックを受けるだけですが、前人未踏のブロック治療を行う責任を負いながら、精神をすり減らして治療にあたるわけですから、「やっても無駄に終わりそう」な患者にはブロックなんかしたくないわけです。私は真実しか述べません。それを厳しいととるか当然ととるか?はあなたの受け取り方で決まります。

          • お忙しいところ度々、お返事ありがとうございます。

            そうですよね。
            身体も激痛な為、もう仕事も辞めて生保での生活となっています。その為なかなかそちらまで伺うのも、滞在するのも難しい為に1回でなどと聞いてしまいました。申し訳ありません。

            少し相談にのってもらってもいいですか?

            今ペインクリニックで上半身と下半身に分けて治療をしています。下半身の方はまだまだ根強く痛みはありますが、少しずつ落ち着いてきております。

            そこでお尋ねしたいのは上半身の痛みの取り方についてです。
            背中の痛みは、痛む場所に直接ブロックをしていますが、首、肩、二の腕、腕、手の指が連なって全部とても痛むのですが、このような場合は、どこに注射をするのが効果的なのでしょうか?直接打つには箇所が多い為、後回しにしていて、まだ治療出来ていません。この打つ場所が分かると、それだけでとても助かります。

            どうぞ宜しくお願いします。

          • 上肢の痛みの原因が神経根症であると仮定しますと、効果があるのは神経根ブロックや頸部硬膜外ブロックです。ただし、どちらもお勧めできません。その理由はリスクが高いからです。私はリスクが極めて少ない安全な傍神経根ブロックというものを開発し、それで通常の神経根ブロックの代用として治療にあたっています。が、それができるのは日本にそれほど多くないと思います。その理由は保険請求ができないからです。自費になるということです。リスクを覚悟するのであれば、頸部硬膜外ブロックなどができるペイン科の医師を探すことが上肢の痛み治療にはもっともよいと思われます。しかし、一つの施設で同じ日に上肢と下肢のブロックを行うこと、保険請求ができません。よって、上肢と下肢の治療では、どちらかの手を抜く以外に同時治療の方法がないという困難な状況があります。

  7. 両足の痛みしびれがあり市民病院整形に紹介してもらい3か月目、胃が重く食欲不振などがありしばらくやめてこのホームページを開きました。
    トラムい日3回リリカい日2回処方を受けています。
    ここを副作用を自己で勉強するため見てびっくり。使用するのも副作用がでるしやめてしまっても副作用となることが分かりました。詳しい薬の説明がありませんでした。ホームページの医師や患者のリポートを読んでいると不安が募ります。私は今後どのような治療が望ましいのでしょうか。

    • 痛みを紛らわせる薬剤を飲むことはもっとも治療から遠い姑息的手段です。しかし、姑息的であるからこそ、口に入れるという簡単な作業で症状を軽減できます。お金もほとんどかかりません。通院時間も奪われませんし、仕事も可能です。つまり、経口薬に頼るという「極めて甘えた治療」はその分、「極めてメリットが高い」ということになります。あなたはそのメリットを得るために「体を壊していく」というデメリットを選んでいるわけです。それは人それぞれの道であり、私が口を挟む問題ではありません。人生において何を犠牲にして何を得るか?はその人の価値観だからです。あなたの場合、肉体を犠牲にして、手軽さと社会人を続けるということを選んでいます。

       逆に会社を2か月間、完全に休み、または解雇され、その間、可能な限りベッド上で安静をとるという治療法もあります。これは背骨を治すために、体力も社会ステータスも、時間もお金も犠牲にするという治療法です。その代り、効果は極めて高いでしょう。手術、ブロック、カイロプラクティック、など他にもいろんな選択肢がありますが、全て「何かを犠牲にする」という点で共通しています。犠牲なくして治療は成立しませんから、何を犠牲にすべきか?を自分の価値観で考えることです。

       オピオイドの禁断症状も、全員に出るものではありません。確率の問題です。だから価値観で選んでいくしかないわけです。ペイン科の医師にブロック注射をお願いし、症状が軽くなれば経口薬を減らすのが妥当であると思います。整形外科医は一般にブロックをやりたがらない人種ですから。

  8. 私は、フェンタニルを貼付剤として3mg/day使用しながら、仕事と育児と障害者スポーツをしています。
    ①フェンタニル製剤の使用に踏み切ったことで、寝たきり生活から脱却でき、
    ②脊髄刺激療法を開始したことで社会復帰することがてき、
    ③それらに加えて、ITB療法にて痙縮痛をおさえたことで、スポーツができるようになりました。
    おそらく、全てが適時適所で介入された結果なのでしょう。
    現在は、脳外科ニューロモデュレーション医師、麻酔科疼痛緩和医師との療法の診察・治療を受けて文化的日常生活を取り戻しています。
    慢性疼痛治療というと、ポジティブな話が極端に少なくなってしまいますが、このような例もあることを、治療者にも患者にも市ってもらいたいです。
    ちなみに私は医療者であり、すべての治療において十分なインフォームドコンセント、そして豊富な情報量と適切なアドバイスを受けて、治療法を自己決定してきました。

    • 貴重なコメントありがとうございました。強い薬剤はリスクもありますが、強い恩恵も必ずあります。現在認可がおりている薬剤は、基本的には使用者の95%以上にメリットがあります。ですから、上手に使えば人生を救う一助になります。それは95%の人々にとってとてもありがたいことです。たとえ5%の患者に悪しき副作用や合併症が出たとしても、そのせいで95%の方々の恩恵を奪うことはできません。そんなことをすれば95%の人々が怒ります。

       重要なことは、5%の人を無視するのか? 対策を練るのか? です。 対策は常に後手に回りますので、そうならないためにこのような記事を掲載しています。よって95%の方々には目立った副作用はあらわれにくいので、過敏に反応しなくてもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です