突発性難聴の神経細胞再生(ご加持併用療法)

はじめに

当院では上頚神経節ブロックを用いて突発性難聴の治療においてこの数年で比類なき治療成績を挙げた(2016年成績2017年成績参)。しかしながら上頚神経節ブロックにも限界があり、完全に死滅した神経細胞を短期間で再生させることは無理である。よって治療は一定期間の後、必ず改善効果が頭落ちとなり、後遺症となる。


ところが、2017年10月中旬より密教のご加持を上頚神経節ブロックと併用し、難聴治療を開始したところ症状固定の時期を超えて回復するという奇蹟を経験した。これはまさに神経細胞の再生が起こっているとしか考えようがない。これまでの上頚神経節ブロック単独治療ではこのように改善し続ける例は1例もなかったことから、症状固定時期を超えて改善し続けるのは「ご加持による神経細胞再生が起こっている」と結論付けた。ここにその実例を挙げる。


症例1 21歳男性

10/13発症の右耳突発性難聴。外来通院・大学病院での精査・鍼灸治療などを行うが全く改善が見られないため12/2に当院初診。すでに発症から1.5か月経過しており一般的には症状固定の時期であった。


治療月間 12月 1月 2月 3月
治療頻度・割合 3.75日に1回 6日に1回 5日に1回 5日に1回

結果

12月から1月にかけて順調な改善が見られた。しかし1月から2月にかけては高音域が改善するが低音域は悪化するというシーソー現象が起こる。しかし2月から3月にかけては治療3か月目から4か月目というゴールデンアワーを大幅に過ぎた(発症から6か月)時期であるにもかかわらず全体的な改善を認めた。


症例2 44歳 女性

10/15に左耳突発性難聴発症。入院治療の甲斐なく11/1時点で全域スケールアウトで全く何も聞こえない状態で退院。10/20に某大学病院に転院し高圧酸素療法、鼓室内注射などを受けるが改善しない。10/30に当院初診。ご加持と上頚神経節ブロックによる治療を開始。


治療月間 10月 11月 12月 1月 2月 3月
治療頻度・割合 1日1回 2.5日に1回 7.5日に1回 10日に1回 10日に1回 0回

結果

10月・11月は数日に1回という高頻度で治療を行い、ようやく11/10に8KHzがスケールアウトを脱出。その後は仕事復帰したため治療頻度が減り、7~10日に1回という少ない頻度で治療。それでも少しずつではあるが徐々に中音域が改善する。しかしながら2月から3月にかけて治療回数は減り、3/9の時点で改善傾向は頭落ちとなった。


症例3 58歳 男性

9/6発症の左突発性難聴。9/6に発症の左耳突発性難聴。9/8から9/15まで入院加療。全域スケールアウトで全く何も聞こえない状態であったが、入院治療を行いわずかに改善。9/26当院初診。


治療月間 9月 10月 11月 12月 1月 2月
治療頻度・割合 2日1回 4日に1回 7日に1回 7日に1回 10日に1回 15日に1回

結果

発症から3か月経過の時点(治療開始1.5か月)で12/7の状態まで回復。その後も聴力は回復を続け4か月の時点(治療開始2.5か月)が1/18。低・高音の低下はあるものの、それを補う以上に中音が著しく改善している。


考察

これまでも突発性難聴が症状固定した状態から治療を開始し、上頚神経節ブロックで改善させたという実績はある。しかしながら、治療が1か月を超えると頭落ちとなりそれ以上の改善が認められない例がほとんどであった。2か月以上の治療で今回のように改善し続けるのは極めて珍しい。


ただし、治療効果が頭落ちになる理由は時期的な理由だけではない。改善させるためには1か月に5回以上の治療頻度が当然と思われるが(5回でも少ないくらいである)、5回以上の頻度で来院し続けたのは症例1だけであり、症例2・症例3は高頻度で来院したのは約1か月である。


1か月に5回以上の来院頻度を守った症例1は治療を行った3.5カ月間、聴力が改善し続けた。逆に言うと、症例2で改善が頭落ちになったのは「十分な治療回数を確保しなかった」ためと思われた。


もしこの推測が正しければ「十分な治療回数を確保し続ければ、聴力が改善し続ける」可能性がある。こうした聴力改善の可能性はこれまでの耳鼻科学会の常識を完全に覆すものであり大変衝撃的な命題である。


上頚神経節ブロック単独の治療では治療が1か月を経過すると効果が必ず頭落ちとなっていた。頭落ちの原因は「仮死細胞を改善させることはできても壊死細胞を再生させることができない」ことが理由であると推測する。おそらく上頚神経節ブロックは仮死状態の神経細胞を正常な状態に戻す力が極めて高い。しかしながら壊死した神経細胞を再生させることは不可能である。ブロック治療により全ての仮死細胞が正常化させたとしても、壊死した細胞はそのままなので後遺症をもたらす。だからどんなに優れた治療を行ったとしても改善効果は約1か月で必ず頭落ちとなる。一度頭落ちとなるとその後に上頚神経節ブロックを続けたとしても今以上改善することはない。


ところがご加持治療を併用すると、治療の頭落ちの時期を超えても1次関数的に改善し続ける例が出現し始めた。これはまさに「細胞再生」が起っていると考えざるを得ない。すなわち、ご加持には神経細胞を再生させる効力があり、しかも再生スピードも既存の医学理論を超えている可能性がある。


この現象は今後の医学治療の概念を大きく変える可能性がある。壊死した細胞を再生させることが可能であれば、脊髄損傷や脳梗塞後の片麻痺、認知症、失明、味覚・嗅覚障害などにも応用が利く。神経細胞が死滅し、半身不随になっている障害者にも希望を与えられるかもしれない。


ご加持治療の壁

今回のご加持の研究も、「ご加持単独」で行っていないためその効果は上頚神経節ブロックとオーバーラップし、どこまでがご加持の効力なのかを判定できない。さらに、長期経過の患者では治療回数が減少し、社会復帰を行っているため外界からの悪影響がマイナス要因として増加。この二つの悪い影響のため1次関数的に右肩上がりになるのは理論上無理に近い。本来ならばこの手の研究は長期間、同じ条件(治療頻度が同じ、社会環境が同じ)であって初めて効果判定ができるものである。どんなに素晴らしい治療を行ったところで、悪影響分の効果低下があるため右肩上がりに改善を望むことはできない。


今回の3症例では、こうしたハンディがある中でご加持治療併用で1次関数的に長期改善が継続していることを考えてほしい。少しずつしか改善していないが、「少しずつ改善することが奇蹟」であることがわかるだろう。


また、ご加持治療の欠点として受け手(患者)側の感受性がある。感受性が低い場合は効果も低くなる可能性がある。感受性を高めるためには、阻害している原因をつきとめる必要があるが、それがスピリチュアルな問題である場合、根が深すぎて対処できないこともある。


ご加持は、特殊な波動治療であると思われるが治療原理は全く謎である。謎だから認めないというのであれば「勝手にしなさい」である。


まとめ

突発難聴の治療に際し、上頚神経節ブロック単独治療ではなし得ることのない「数か月以上も聴力が改善し続ける」という奇蹟的な改善例をご加持との併用療法で経験した。ご加持が壊死した神経細胞が再生させている可能性を推測した。ご加持は突発性難聴だけではなく、あらゆる難病を改善させるきっかけを作ることのできる治療法であると思われた。


ご加持とは

①諸仏がその不思議な力で衆生(しゆじよう)を守ること。加護。

②密教で,仏の大悲の力と衆生の信心が相応ずること。すなわち仏の力が行者に加えられ,行者がそれを信心によって感得し,両者が一体化すること。

③神仏の加護を祈ること。また,その儀式。初め,密教の修法をいったがやがて民間信仰と混合した病気・災難の除去などの現世利益を願う祈禱をもいうようになった。

三省堂 大辞林より

突発性難聴の神経細胞再生(ご加持併用療法)」への14件のフィードバック

  1. 元気でお励みの様子、拝見しております。

    >どこまでがご加持の効力なのかを判定できない。

    @これはそれが望ましく、そうあるべきなんだと思います(今のところ)
    だから指導者、リーダーというのは非常に大変なのですね。

    世の中の上層部にいる指導者、リーダーの中には、始めは世の中を良くしようとガンバッてたのに、だんだん変な方にドンドン行ってしまった人たちが多いと思います。

    つまり非常に多くの人たちがココで躓いちゃう感じなので(それに比べたら一般人はかなりラクなんですが)正念場なんでしょうね。

    お二人のご活躍を陰ながら応援しています。(⌒ー⌒)ノ~~~

  2. 先生、A様いつもありがとうございます。

    このような方のご意見もあるあるのでしょうが

    実際、ご加持をしていただいた者の体験した真実です。

    A様の炎のような手で、身体に優しく当てていただいた後は、全身の硬直が緩み
    毎回とても痛みが少なくなります…

    先日は息子を自殺で亡くした、友人にもご加持をしていただきました。

    友人は毎夜、息子の力になれなかった後悔の念で眠れない日が続いておりましたが

    ご加持を受けた直後、待合室のソファーで
    全身ぐったりして眠りだしていました…

    自分が気になり声を掛けると、何か何も考えられない…
    とても気持ちが楽になった…
    手が熱い…胸が熱いと言いながら

    目を真っ赤にしながら、涙ぐんでおりました…

    それから静岡に帰って2週間ほど経ちましたが
    友人が、夜も眠れるようになって、就寝前に手を合わせると、胸が熱くなって嫌な事も焼き付くしてもらっている様だと、先日あった時も言っており、とてもA様に感謝しておりました。

    A様にかかる身体のご負担もありますのに、苦しんでる友人を助けていただき自分からも感謝申し上げます。

    先生、A様にお会いしてから
    色々な事を目の当たりにしますと
    正直に人して考えさられる事が日々になってきました…

    いつも甘えてばかりですみません。
    自分も病気の根源に向き合い、身体をまた今より1歩でも改善し、恩返し出来たらと思います。

    • 医療秘書Aです。菅沼さまや大切な友人さまのご回復と笑顔がなによりも私の喜びとなっています。
      それこそが恩返しでございますよ。貴重なご感想をありがとうございました。 

      加持治療を続けていれば回復があっても来院前の状態に戻るということはありません。確実にご自分の利として返ってきます。

      今後もご一緒に院長とのコラボ治療とともに尽力させていただければうれしいです。

  3. 先日はありがとうございました。色々体に辛い症状があり不安ばかりだったのですがご加持を受けその症状の一つが消えとても嬉しいです その症状は左足の不調です 股関節が弱ってるように痛む(破けそうな感じ) 左足に力が入らず踏ん張れない そのため仕事の時など体がぐらつき不安があった いつも歩いているときしっかり足の裏がつかない ふわふわとしてしまって椅子に掛けても左足だけ足首を内側にまげてしまう といった感じで歩きづらかった ご加持のあと自転車でふみこめなかった感じがなくなりしっかり左足で踏み込めるようになり股関節の痛みも無くなりました また左の膝にもスクワットなどしたあと痛みがでるようになってきていてその痛みがしばらく消えず怖くなっていたのがご加持後痛まなくなった 左足の冷感も出ることがなくなりました ご加持は不思議です
    手を置いていただくとふわっと背中が軽くなり楽になりました 股関節の不調も一年ほど前より出ており整体や指圧も受け相談していたのですがついに治ることがなかった症状だったです 今は元気に自転車がこげます この足の症状ははっきりとご加持で改善されました 家族も喜んでます このことをしっかり思って手術せず治療に励めと切々に言います 私のまわりでは皆が手術に反対です 私はまだ色々迷いがありどうしたらいいのか分からない 他の症状も
    ご加持後変化あって思うところあります
    また相談させていただきます よろしくお願い致します

    • 医療秘書Aです。貴重なご報告、ありがとうございました。
      ご家族さまと東京М子さまのお喜びは、私もしっかりと受けとめております。

      信頼して心の絆を結んでいただいたおかげ(ご本人さまからのご協力)で、めざましいご回復ぶりを見せていただき、とてもうれしかったです。

      今後も「手術なし」でのご回復に尽力させていただきます。ご一緒にがんばりましょう。

  4. はじめてコメントを残します。

    大変興味深くサイト全体を拝見している中
    加持祈祷の欄が有り驚きました。

    また突発性難聴の神経細胞再生に関しては、その奇跡に驚いています。
    神経は再生しないが常識と思っていました。希望が湧きます。

    私はALSを患っており こちらのサイトがALSに関して強く発信している事に興味を持ち拝見していますが、先生が正直に治癒率や経過を書かれている事にも感心しております。それ程数字が良いわけでもないのに 正直に治療率に関して書かれている事 なかなかできる事ではありません。
    無論 他医療機関より 高治癒率である事は間違いないと思います。

    加持祈祷に関しては せひ難病中の難病であるALSの治療で試していただければと思っていますが いかがでしょうか。
    特に難治性のブロック治療は回数が必要になりと思いますが、遠距離であればその実施が困難となります。私も関西であるため簡単に通う事困難です。しかし、そういった特殊な力は時空を超えて効果あると信じます。
    短期間であっても 離れていても 効果が継続されると思えます。

    医療と加持祈祷のコラボは世界でも初ではと思います。
    先生の名人級のブロック治療とA様の加持祈祷が重なれば
    大概の難病は治癒可能と推察いたします。
    私もご縁あれば治療していただければと思っています。

    話かわりますが、
    奥様は巫女 ぜひ継続投稿お願い致します。
    大変大変内容が濃く 読み物として面白い物となっています。
    間違いなく書籍出版可能な物ではないでしょうか。
    私は間違いなく購入致します。

    では、
    これからも 継続してサイトを拝見させていただきます。
    ありがとうございました。

    • 医療秘書のAと申します。偶然にも本日4/4は、当院を開業してちょうど満3年にあたる開業3周年目の日です。こんなステキな激励メッセージをいただけるなんて、、、思ってもいませんでした。ありがとうございます。

      ご本人さまご自身が病を抱えるたいへんであろう中、私たちを信頼してご回復への道に期待をふくらませていただくなんて、なんて生命力溢れる力強いメッセージでしょうか。院長ととてもありがたく感じております。

      実は、タマさまのご希望通り、すでに私たちは “ 打倒!ALS ” への道を患者さまとともに歩んでおります。

      そして、ALSと診断された患者さまのご希望された「青空の下、思いっきりゴルフがしたい!」という夢を実現させ、定期的な検査で「肺活量減少なし」という主治医が驚く結果をたたき出し、病状が進むことなく「四肢がまだ健全な状態を現状維持している」という実績をつくりあげているのです。

      関西と遠方でも私たちを信頼してくださっているタマさまになにかできることは必ずあるはずです。滞在型を実現できるのでしたら、ぜひご相談ください。ご連絡させていただきます。

      こちらも追伸

      奥様は巫女」をご愛読いただいているんですね。とてもうれしく思います。

      お待ちくださり、恐縮です。他にも更新してほしいと多数の患者さまやご支援者さまからつつかれているので、ばたんきゅーと倒れてばかりいないで監修アップがんばります。

      1年前よりも増して現在は患者さまや周りの方々を通していろいろな現象や治療実績が次々と誕生していて自分でもすごく驚いています。宿命的といえる人生の流れが急速回転している竜巻のようで、それはそれは眩いばかりの日々を送っております。

      院長は、私(A)は仏さまと魂ががっちり結ばれて高速回転していて、その高速回転する私に自分(院長)がしっかりしがみついている状態だと苦笑いしながら笑ってます。

      皆さまと患者さまの笑顔がなによりもうれしく私も笑顔になります。精進します!

  5. A様 ご連絡ありがとうございました。

    開業3周年記念 おめでとうございます。
    きっと5年、10年と 年月を重ねもっと有名になっていかれると思います。
    偶然ですが4並びは私の好きな数字でもあります。本当に奇遇です。

    最新の医療に関しては日進月歩と思っています。
    中山教授はALSにひと際関心高くIPSを使った治験が始まる事期待しています。
    またAIによる医療の進歩は今迄の進歩の速度を何倍にも早め難病と言われるものも 薬で治る時代が目の前にきていると感じます。
    ALSの治療薬も創薬ではなく 既存薬の中から効果有るものをAIが抽出して治験を繰り返しています。
    来年にはあのオバマ大統領が大絶賛した日本人研究者が考えた 近赤外線治療が始まり ガンは普通の病気になるようです。
    (製薬会社や医療機器会社に潰されなければですが)

    5年後にはALSも薬で治っている可能性が高いです。
    ただ 我々に致命的ボトルネックとなるのは 猶予ある時間が 短い事 足りない事 これに尽きると思います。数年待つことが出来ません。

    関西には密教真言宗の本山があり 周りに加持祈祷が普通にある土壌があります。はやり見えない世界の力は絶大で 治らないものも 治せる そう思い感じます。

    A様に継続して加持祈祷していただければ 先生の名人級治療と合わさり 効果的な治癒できるのではと思っています。

    いただいたメールを精査し 他治療の予定とすり合わせ
    予定を組んでいきたいと思います。何分遠方の為。

    今完全に治せる治療はありませんが、進行をかなり遅らせる治療は 
    巷でも稀に散見いたします。
    私が今受けている治療は其方の部類にはいるのかもしれません。

    では 益々のご活躍 応援しております。

    • 医療秘書Aです。 近赤外線・・・そんな治療があるんですね。私の手から似たようなものが出ているのではないかと言われています。

      なので、加持中は金属や金属を練りこんだ服やヒートテックなどがあると障害になるのですべて外してもらっています。

      加持の力は何千年も前から存在する有難い仏さまのお力です。ですが、本物は少ないのは確かです。それゆえ、継承者も選ばれし人しか受け継がれないとされています。

      いろいろリンクすることも多いようですから、縁があるということでしょうか。それでは失礼します。

  6. こんにちは。
    いつも大変、お世話になっております。

    次回の予約を開業3周年のおめでたい日とは知らずに、4月4日(水)に予約連絡をA様に入れさせていただきました。

    4並び、タマ様と同じく私にも縁があるようです。

    実は、ここ3週間くらいマイナス思考で顔のアレルギーやひどい便秘にも悩まされていましたが、A様との予約のやりとりのあたりからだんだん軽くなり、こちらのサイトでたまたまお見かけしたタマ様とA様とのコメントのやりとりを読ませていただいているうちに不思議なことにスーっと抜けてもっと軽く楽になり辛さも症状も引いて行きました。

    現在、お腹も軽くなってきています。

    もしかして、遠隔ご加持かもと、思いました。

    やはり、信じるものは救われるといいますか、何かを感じた出来事でした。

    ご縁があれば、遠方であっても交通費くらいは、与えられるんですよね。欲張らず、完全を求めずですね。

    今後とも、何卒、よろしくお願いいたします。

    • 医療秘書Aです。

      遠隔ご加持?!それは願ってやまないことですが、、、そういえば、似たようなことを他の患者さまからお聞きしたことがチラホラありました。私と話した後に症状が緩和されるという話です。考えれば加持は時空も場所も関係なく通用するといえばそういえなくもないですね。。。

      これは、、、とてもうれしい発見です!有難い貴重なコメントからこのような反応が始まるなんて、ステキな兆候のような気がします。励みになります!がんばります。

  7. こんにちは。^^
    奥さまは巫女、面白そうですネ。
    「空海の書」を拝見しましたが、おそらくあの書には空海さんの魂?が入っているからなんだと思います。

    いろんな経典とかでも、書いた人の魂?が入っちゃってるのを巫女奥さまの様なひとが見ると、作者だか筆者だか、担当者みたいな人がボヨ~ンと出てきて色々と教えてくれたりするみたいなので、それと似たような現象だと思われます。

    それとまだアップされていない「密教が密である理由」というのが、たぶんわたしが上で書いたコトと同じ理由によるものではないかと思いました。

    「他者の短、自己の長を言うなかれ」というのも、まさに自己重要感とかの罠?(指導者、リーダーが陥りやすい)についてだと思いました。

  8. 舌咽神経痛になってしまったんですが、いろいろな薬も効かず、鍼灸、整体、ペインクリニック、脳神経外科に通うも効果がなく仕事も退職する事になりました。
    先生の治療は舌咽神経痛にも効果ありますでしょうか?

    • ここに書き込んだということはあなたが現状を打開するためには、ここが最後の頼みの綱であることを感じていいらっしゃるからだと存じます。医学的なアプローチが全て無効に終わった時、人ははじめて医学では治せない病気があることをようやく認め始めることになります。私たちはすでに数十年も前から西洋医学がほとんどの病気を完治させることができないことをしっかり認識しあらゆる治療法を研究してきました。ご加持という治療法は人の叡智を超えた治療法ですが、何をどうやっても治らない病気の場合、最終的に人の叡智を超えた治療法に頼らざるを得ません。よって「効果がありますでしょうか?」という質問は愚問です。私たち以外に治せる可能性のある治療法が、一つでも残っているというのであれば、先にそちらをお試しください。私たちは真に究極の最終治療を提供する者ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です