量子波ヒーリング実績2018

索引量子波治療ご加持統計蜜医学 腰・下肢痛
奥様は巫女 突発性難聴 野良医師記治療成績’17
日常損傷病ステロイド上頚神経Bブロック脊椎学
医学の功罪難治性疼痛ALS治療画像診断学生体力学
疼痛学善良な医学手術へ警鐘アクセス

はじめに 

量子波ヒーリングはわが国ではご加持と呼ばれ1000年以上も前から行われてきた「医学的な治療」です。西洋医学を超えた治療力がありイギリスでは国が認めています。患者に対して手のひらから量子波エネルギーを送りあらゆる病気を治すものですが、強いエネルギーを出力するには才能が必要です。私のパートナーであるK先生に霊能力が芽生え、それ以降その能力を用いて医学的に併用治療しているものです。いかがわしい宗教行事ではありません。
 ヒーリングに量子波と名付ける理由は、そのエネルギーが3次元世界では解明できない種類のものであり、量子的な仕組みから発せられるであろうエネルギーと推測されているからです。

調査期間・対象

2018年1月1日~8月中旬に当院の新患で訪れた患者数は約180名です。そのうちご量子波ヒーリングを本格的にしっかり受けた患者数は62名。その全例の治療成績を掲載します(掲載は来院順)。5例ずつにまとめていますので下記リンクをクリックしてください。

No.診断名・症状
01-05突発性難聴,三叉神経痛,うなだれ首,頚椎症性神経根症,腰部脊柱管狭窄症
06-10頚椎症性神経根症,突発性難聴,強迫神経症,五十肩,腰椎椎間板ヘルニア,三叉神経痛,頚椎症性神経根症
11-15腰部脊柱管狭窄症,両側進行性感音性難聴,頸肩腕症,自律神経失調症,脳梗塞,線維筋痛症
16-20突発性難聴,開胸術後,突発性難聴,自律神経失調症,線維筋痛症,線維筋痛症,頸椎椎間板ヘルニア
21-25突発性難聴,多重人格症(離人症),耳鳴り突発性難聴,全身の痛みひきつれ,頚椎症性神経根症
26-30耳鳴り,両側進行性感音性難聴,ALS, 突発性難聴,両側突発性難聴, 腰椎椎間板ヘルニア, 五十肩
31-35ALS,うなだれ首,突発性難聴,耳鳴り,頚椎症性神経根症,うなだれ首,線維筋痛症,交通事故後後遺症
36-40突発性難聴,変形性股関節症,めまい,耳鳴り,めまい,ふらつき,難聴,耳鳴り,めまい
41-45突発性難聴,難治性肩こり,三叉神経痛,突発性難聴,耳鳴り,慢性前立腺炎,腰椎椎間板ヘルニア
46-50線維筋痛症,アキレス腱炎,足関節痛,突発性難聴,嘔吐,金縛り
51-55突発性難聴,突発性難聴,耳鳴り,踵骨骨棘,膝関節骨壊死,うつ病
56-62耳鳴り,パニック障害,多重人格,慢性疲労,多動症,パーキンソン症,うなだれ首,ALS様,耳鳴り,視野狭窄

治療成績の本文を理解するために

量子波ヒーリングを理解することはおそらく一般的な教養では無理です。なぜなら、それは現代物理学では観測し得ないエネルギーが関与しているからです。量子波ヒーリングであらゆる難病を治すことができるということは、逆に、得体の知れない量子波により肉体が損傷されて病気になるパターンが無数に存在することを意味しています。これらの難病を治すには単純に二つの方法があります。一つは治療のための量子波を送り込む方法、もう一つは悪の量子波を取り除く方法です。以前は私たちは2つの方法を同時に行っていましたが、現在はK先生のパワーが強力になったため、量子波を送り込む方法しか行っていません。というのも、「悪の量子波を取り除く」=先祖の因縁や悪霊の除霊、などとスピリチュアルな意味合いが強くなるので、宗教の儀式であると誤解されることが多いからです。

突発性難聴治療におけるヒーリングの驚異的成果(3例)

上記症例の内、突発性難聴関連は20名と全体の3分の1を占めます。その中で驚異的な回復を見せた3例を報告します。→続きを読む

量子波ヒーリングは西洋医学の上を行く

私はしばしば西洋医学と量子波ヒーリングの違いについて患者から質問されます。「治らないものは何もない」と言われるほどの 量子波ヒーリング が存在するのなら西洋医学は不要ではないのか?という質問です。→続きを読む