ご加持治療成績31-35

■症例31)80F  ALS うなだれ首

【現病歴】2年前からうなだれ首出現。総合病院、大学病院を経て5M前にALSと診断される。3月からPaO2が85%まで低下酸素ボンベつき。悪化の一途をたどる。

【ご加持中の変化】気持ちが高揚

【改善実績】ご加持後痰が出せるようになり、首がまっすぐに 初日は車イスが2日目はシルバーカーで来院

【霊障診察】気の通り低下・全身 

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】熱心にご加持するがお布施なし。効果があっても2日目以降来院せず。

【総評】ALSという極めて究極の難病に対して有効打を放ったにもかかわらず、家族には謝意も驚きも全くない。家族がこの患者に対して何を考えているのか察しが付く。残念である。進行したALSは家族の協力なしではどうにもならない。

■症例32)42M 左突発性難聴 耳鳴り

【現病歴】3W前の発症2週間入院で点滴と高圧酸素を行うがほとんど聴力回復せず。わらをもつかむ思いで来院。

【ご加持中の変化】左半身が冷えていたが加持で温かくなり驚いた

【改善実績】閉塞感が10→7、高音部が改善

【霊障診察】気の通り低下・両肩・左耳・左半身 

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】数回の加持でようやく温まる 5回加持後もなかなか温まりにくい 祖母が急に亡くなった。気にしている。

【総評】最終的には24db→17db(5分法)と改善幅は小さい。がもともと軽度難聴であるので聞こえよりも閉塞感の治療目的で来院している。気の通りが悪く大幅な改善とまでは行かなかった。

■症例33)48M 頚椎症性神経根症

【現病歴】8M前から頚部痛、両手痛、しびれに悩む。近医では全く改善しないため来院

【ご加持中の変化】加持で体が軽くなる

【改善実績】加持中に首と手の痛み・しびれが瞬時に消失して驚いた

【霊障診察】細胞の悲鳴・右上半身 気の通り低下・右半身 憑依霊2体払う 霊からの攻撃あり(息苦しさ、吐き気) 

【併用治療】頚部傍神経根ブロック

【備考】憑依体が凶暴

【総評】8カ月間、どこに行っても治らない痛みとしびれに苦しんだ。医師に怒りと不信を持っているが、ご加持でそれが消失したことに非常に驚いていた。霊障と思われる。

■症例34)71M うなだれ首

【現病歴】3M前に突然首に痛み。その後首が持ち上がらなくなる。整形外科、ペインクリニックに通うも改善せず。神経内科でも診断名がつかない。

【ご加持中の変化】即効で首がもち上がる

【改善実績】ご加持で自分で頭を持ち上げられる実感(10分キープ)を得た。来院毎に徐々にキープ時間が長くなる

【霊障診察】先祖霊(父)の応援あり 涙を流す

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】本人が霊能力あり、亡き父と会話可能。ここに来るように父に言われた。

【総評】ご加持とブロックで積極的に治療をしている。3か月間治療を行い、かなり首が持ち上がるようになった。やはり根深い因縁があると判明。まだ完治には至らないが、数時間から1日以上首が持ち上げられるまでに至ったことは初めてで改善する一方なので本人も加持が必須と至極自覚し、現在も積極的に治療中である。

■症例35)51M 難治線維筋痛症(慢性全身疼痛) ふらつき 記憶障害 自律神経失調症 交通事故後 霊能者症候群

【現病歴】8年前の交通事故後、あらゆる病院、あらゆる代替医療を行うが改善なし、子どもにも霊障が出ている

【ご加持中の変化】とても温かさを感じる

【改善実績】痛みが多少やわらぎ頭の回転も速くなった

【霊障診察】気の通りの低下・全身 

【併用治療】上頚神経節ブロック 腰部硬膜外ブロック

【備考】本人霊感がありその使い方の乱用で悪霊を引き付けて交通事故を招いた最悪な例。危険であることを教えるが理解に乏しい。神仏の身辺整理をして出直すことになった。

【総評】霊能力を自覚するとその能力で占いをして商売を始めようと考える者が多いと思うが、それは諸刃の剣であり客が引き寄せる悪霊とつながりやすくなることをも意味する。つまり、自分が反対に悪霊にやられてしまうのだ。生きている人間が亡きものをコントロールできる代物ではない恐ろしいことだと自覚すべきだと翠蓮先生は警告した。通常、霊能者は気の通りがよいはずだが、翠蓮先生によるととても通りが悪い。これは長期間霊に憑かれたためではないかと推測する。深い因縁を推測させる。ご加持で症状は軽減するが本格的に治療をするのなら因縁の改善が必要。