発症20か月後に奇蹟的な改善を認めた突発性難聴

突発性難聴は「1/3が自然治癒。2/3が全く治らないか後遺症となる。」と言われる難病です。現医学では有効な治療法がないと言われており、治療はたいてい発症後約1か月で打ち切りとなります。

星状神経節ブロック、鍼灸、高圧酸素、鼓室内注射など様々な治療が行われていますが、2週間治療しても改善が認められなかった場合は、それ以上治療を行っても改善する見込みはほとんどありません。

私たちは上頚神経節ブロックにご加持療法を併用し、発症から5か月以上も改善させ続けることに成功した4例を前回発表しました(詳細はこちら)。この4例は医学的には考えられない奇蹟的な改善です。

今回はそれらをさらに上回り、580日間、改善することがなかった突発性難聴症例に対し念入りなご加持と特殊な先祖供養を行うことで奇蹟的な回復を見せた一例を経験したので報告します。

症例 50歳 男性

現病歴 2017年2月28に右耳突発性難聴を発症。ほぼ全域スケールアウトでした。入院し、ステロイド治療や高圧酸素療法を行い、新橋の鍼灸を1日4回×?日行い、ペインクリニックで星状神経節ブロックなどを受け73db(5分法)まで回復しました。しかし、それ以上の回復は見込めないため発症2か月後に当院初診。

経過

普通に考えればこれ以上何を行っても改善することのない重症突発性難聴でした。2017年4月24日から上頚神経節ブロックを行い、約3か月後に65db(5分法)まで回復させました。しかしそれ以降再発と寛解を繰り返し、治療を何度行っても改善することはありませんでした。

 ところが発症2年後に聴力の悪化が起こり、75dbまで低下します。そこで私たちはこれまで行っていた上頚神経節ブロックに加え、念入りなご加持治療(1回1時間以上)を2回と特殊な先祖供養を行いました。その結果44dbまで改善させることに成功しました。

しかも驚くべきことはこれまで少しの改善も見られなかった125Hzが70dbから50dbまで改善したことです。

考察

上頚神経節ブロックで多少の改善が見られましたが、それ以降治療を継続しても改善がみられませんでした。それでも治療を継続した理由は耳鳴り、めまい、ふらつき、気分不快、寒暖差でからだがだるくなるなどの症状があったからでした。聴力は多少の上下はありましたが発症後18か月間、改善することはありません。しかし2018年10月9日のオージオグラムで聴力低下が判明したのをきっかけに患者は「ご加持をしっかり受けて治療しよう」と考えました。10月10日と10月24日に念入りなご加持を受け、10月28日に特別な供養を行ったところ11月12日の検査で劇的に改善していました。

神経細胞が再生しない限りこのような改善が認められることはありません。つまりご加持は死滅した細胞部分に新たな細胞を新生させたと考えます。医学的には全く考えられない奇蹟です。

 神仏の力は人間には計り知れないご利益を与えてくれます。そして信じた方のみが救われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です