うなだれ(首が上がらない)症候群

はじめに

突然首が上がらなくなる病態があることは知られているが、その原因はおろか、病名さえついていない。症候性パーキンソン病やジストニアの一種であるという考え方もある。しかし、少なくとも私は「首を保持できずうなだれてしまう」という患者をこれまで4名以上診察し、治癒させた経験を持つ。病名もなく無視されるだけの病態だが、私は上頚交感神経節ブロックで改善させることを知る。治療実績から逆に考察し、首がうなだれる病態を考察すること、頚髄~延髄の血行不良に起因した頚部脊柱起立筋の運動障害と考える。こうした病態を「うなだれ症候群」と名づけここに報告する。


症例1 63歳男性

数十年前から肩こりがひどく、近医のリハビリでマッサージ治療などを受けていた。H25年夏「強くもんでくれ」と頼んだときに「首にグキっと電気が走った」その後数日かけて徐々に首が上がらなくなってしまった。他の整形外科医を受診するも「治療法がない」と言われメチコバールなどを処方される。1ヶ月経過して私の外来を受診。


治療経過

上頚交感神経節ブロック(1%キシロカイン2cc×2左右)を行ったところその場で首が持ち上がるようになる。翌週と翌々週に同様の治療を行い、完全に首を保持できるようになったため治療を終了とした。


症例2 32歳女性

SLEと診断されステロイドなどで治療されていた。ふだんからふらつきがあり、H27年8月風呂場で転倒しT4,5,6に高度な変形を伴う圧迫骨折を受傷。その2週間後より首が持ち上がらなくなる。背骨の痛みがあまりにも強かったが、他医でブロックを拒否されたため、ブロック目的で私の外来を受診。


治療経過

じょう上頚交感神経節ブロック(1%キシロカイン2cc×2左右)を行ったところその場で首が持ち上がるようになる。翌週と翌々週に同様の治療を行い徐々にではあるが首の保持ができるようになってきた。しかし、T4,5,6の圧迫骨折に起因した半身麻痺が出現したため緊急入院を指示し、現在入院加療中。治療の継続は不可能となった。


うなだれ症候群の定義

頚椎の伸筋群の筋力低下により頭を保持できずにうなだれてしまう病態。頚椎の伸筋群だけに筋力低下が起こり、他の全身の筋肉は正常。ミオパチーや重症筋無力症などが否定され、検査データに異常をきたさない。上頚交感神経節ブロックが著効することから上位脊柱起立筋の運動神経の血行障害に由来した麻痺性の疾患であると思われる。

上記2例の場合、「外傷のきっかけ」があるがこれは必須とは思えない。なぜなら高齢者ではうなだれ症候群の症例を散見するからである。症例としては挙げなかったが、他の2例は高齢者で明らかなきっかけがなかった。しかし、上頚交感神経節ブロックですみやかに軽快した。症例数が少なかったのでこれまでレポートしてこなかったが、意外とうなだれ症候群の患者が少なくないと感じたので今回の報告とした。


本症例では頚部の脊柱起立筋の麻痺により、首がうなだれてしまい、頚髄が強後彎となることでさらに頚髄が尾側に引っ張られ、その張力で上位頚髄の血行不良を生じさせ→さらに起立筋が麻痺、という悪循環を起こすことが「なかなか治らない原因」であると思われる。上頚交感神経節ブロックにより血流増加を図るとその場で首が持ち上がるようになることがその証拠になると思われる。

現時点で上頚交感神経節ブロックはおそらく私にしかできないと思われ、本疾患の治療には私を訪ねるしか方法がない。今後、ブロックに興味のある他の医師に上頚交感神経節ブロックを伝えていこうと思っている。


うなだれ症候群を放置すると

うなだれ(頚椎が過屈曲)のまま長期間を経過すると頚髄が過伸張となる状態に長期間曝露することになる。頚髄の過屈曲は陸棲せきつい動物にとって極めて不利であり、脊髄だけではなく延髄や脳幹の血行障害をきたす。私は通常時に脊髄が伸張されて脊髄の血行動態が悪化する病態を脊髄・脊椎不適合症候群と名づけ研究しているが、うなだれ症候群では後天的な脊髄・脊椎不適合症候群を発症せしめる。


脊髄・延髄・脳幹が過伸張されると、これらの血行不良がきっかけとなり神経細胞に炎症が生じ、様々な脳神経症状が現れる。場合によっては運動ニューロンが障害されALSのような症状を発生させ得ると推測する。

脳神経の異常は視力低下・難聴・めまい・ふらつき・呼吸困難・三叉神経痛・嚥下困難・自律神経失調などを発症させ、生きていくのが極めて困難な状態に余儀なくされる。よって可能な限り早期に上頚交感神経節ブロックを行うことが望ましい。


うなだれ症候群に装具は効果なし

うなだれ症候群を防止するためにポリネックなどの装具が望ましいと考えるが、ほとんどが「呼吸が苦しくて装着不可」となる。頭の重みをポリネックで支えると、顎・のど・鎖骨付近に強い圧力がかかりすぎるからである。褥創もできてしまい長時間の装着は難しい。装具の多くは固定を目的としており、支持するには適さない。ハローベストなどが真の適応装具となるが、病名もついていない病態であるので保険適応がなく、万一不具合が生じれば医師の責任を問われるため、現実問題としてハローベストを処方する医師は存在しない。


 

ジストニアの根本治療に上頚神経節ブロックが極めて有力

うなだれ首に上頚神経節ブロックが極めて有効であることは保証する。これがジストニアの一種であるならば、ジストニアは根治療法が見つかったことになる。著者はまだジストニア患者の治療に携わったことはないが、おそらくジストニアは上頚神経節ブロックでかなり改善できると期待している。


終わりに

世界中の医師の誰もまともにこの病態を考察した者はいない。病名もなく治療法もなかったが、実際は上頚交感神経節ブロックが著効することが判明した。原因究明は今後の課題であるが、まずはこのような病態があることを知っていただきたかった。治せない病態には病名もつけず、そのまま放置するのが医学会の通例であることもおわかりいただけたと思う。

うなだれ(首が上がらない)症候群」への70件のフィードバック

  1. はじめまして。サイトを見させていただいて、メールをしています。突然申し訳ありません。

    うちの母は、9月末から徐々に首があがらなくなりました。最初は痛みがありましたが、今はあまりありません。
    病院でCTやMRIも撮りましたが異常はありませんでした。
    血液検査も何も問題なく、手や足の筋肉は問題なく動きます。今は治療もできず、痛み止めをのんでいるだけです。首は上がりません。

    記事を読んであてはまると思いました。これがうなだれ症候群でしょうか。
    通院させていただくなら、どれくらいの期間、どれくらいの間隔で通院が必要ですか?こちらは関西です。

    お返事いただければ幸いです。

    • まだ日が浅いようでしたら数回~5回くらいの治療で改善する余地があると思いますが関西からであれば1週間近く滞在が必要です。

  2. はじめまして。
    首が上がらないで検索してここにたどり着きました。
    65歳の父親がここ二か月位、常に頬を手で支えている状態で、
    病院で診てもらいましたが、異常なしと言われ、首の筋力強化を勧められました。とても辛そうで、本当にそうなのか、他に何かないのかと探し続けて
    いていました。ぜひ一度診ていただければ幸いです。
    神奈川県在住で、東京都内であればどこでも通う事は可能です。
    何卒宜しくお願い申し上げます。

    • うなだれ首の原因はおそらく大脳基底核の血流不足による 姿勢維持機能の低下と思われます。筋力の問題ではないでしょう。上頚神経節ブロックで軽快する可能性があると思われますのでメール差し上げます。

  3. はじめまして
    私は53歳の事務職をしている会社員女性です。
    早速ですが、私も半年以上前から下をむいた状態で首だけを上げることが出来ません。
    自宅で床の拭き掃除をしているとき、歯ブラシをしているときなど一度下をむいてしまうと上体を起こさないと首だけを単独で上げることが出来ません。
    一度診察していただけますでしょうか。

    • なるべく早く治療をするべきだと思います。半年も放置しているので治り難い可能性があります。東京へは通院が可能でしょうか? メール差し上げます。

  4. 初めてご相談いたします。
    86歳男性です。 85歳の時に庭の木の選定などをして夜風呂から上がって暫くすると急に肩から首筋と後頭部に強異常な持続的な痛みを感じました。
    夜も痛みの為に眠れず、翌日すぐに整形外科を訪れMRIを撮ってもらうとストレートネックと診断されアイロメートとノイトレピンを処方されました。
    首の牽引とマッサージを定期的にして貰っていますが、未だ解放のめどがたっていません。
    神奈川県相模原市在住なので都内であれば通院可能です。
    何卒よろしくお願い致します。

    • 相模原からは実際に通院されている方もおられるので通院圏内です。あなた様の治療としてもっとも効果があるのは頸部硬膜外ブロックです。ただし、このブロックはリスクがあるので治療を受けるには「私を信頼すること」と「ある程度の覚悟」が必要です。それよりも効き目は落ちますが、上頚神経節ブロック+神経根ブロックという方法があります。後者はリスクが小さいでしょう。ただし、入浴後に痛みが増強するというのは若干難題です。血行を促進した後にリバウンドが来るということを意味するからです。私の治療すればリバウンドが来る確率が高く、それを乗り越える勇気があるかが問われます。痛みなくして成功は得られず、かもしれません。

  5. 初めまして。

    父63歳、1年前よりろれつが回りにくくなり、今もしゃべる事は出来ますが周囲は聞き取りにくい状況です。そして、2015年11月頃朝起きると寝違いのような痛みがあり、そこから首が上がらなくなり現在も状況は改善されていません。

    病院の検査では脳等には異常は認められず、今はALSの疑いがあるという状況です。

    何か改善策、ご意見、ご助言頂ければと思いコメントさせていただきました。

  6. 初めてご相談いたします。
    77歳の母について相談です。 突然肩から首筋が張り、頭が上がらなくなってしまいました。
    1ヶ月になります
    整形外科で湿布やマッサージをしても、改善しません
    こちらのサイトを見て治療法は限られている事を知りました
    診察を受けたいです
    東京へは2時間弱で通院可能です
    よろしくお願いいたします

    • あまり長期間が経過しますと、治療に対する効果が低くなりますので、なるべく早くおかかりになることをおすすめします。2時間以上かかるのは通院圏内ではありませんが、まずは一度治療を行い、その効果がどれくらい持続するかを見て、通院計画をたてなければならないでしょう。連絡さしあげます。

  7. 妻が首が(頭が)上げ辛くある整形外科では異常ないしやりようがないと言われその後別の整形外科でリハビリを行いました。家でリハビリ体操をするように言われております。少しは良くなったようなことを言ってますがまだまだの状態です。
    上頚交感神経節ブロックが効果あると言うお話ですがこれはどこに何を注射するのでしょうか?痛みとかリスクはありますか。またこちらの病院名(電話番号、住所など)とdoctorのお名前を教えて下さい。下記メルアドまで返信頂いたらありがたいです。

    • 上頚神経節ブロックの詳細はこちらをご覧ください。リハビリでよくなる程度であれば、ブロックを数回行えば改善する化膿性が高いと思います。連絡差し上げます。

  8. はじめまして。東京在住の丸山と申します。
    88歳の義母が、12月から急に首が曲がったようになり、頭を上げていることが難しくなってまいりました。パソコンの得意な義母自身があれこれ情報収集をし、こちらのサイトを拝見し、是非一度通院したいと申しております。現役で仕事も続けていた義母の外出回数が、姿勢が理由で急に減ってしまい、このまま老化が進んでしまうのが、家族一同の心配の種となっております。都内ですので、是非とも早めに伺いたく、ご連絡先を教えていただけると幸いでございます。よろしくお願い申し上げます。

    • ここに掲載してある論文を書いた後、うなだれ首の患者2名が来院されましたが、残念なことに2名ともほとんど治療効果がありませんでした。私の行う上頚神経節ブロックは全ての患者にパーフェクトに効くわけではないようです。重症度や症状が出現してからの経年、日常生活での姿勢や寝具など、様々な「治療を阻害する要素」が関係しており、さらに通院治療の回数(頻度)も治療効果に関係し、一度や二度では治しきれないようです。東京にお住まいであれば通院ができますのである程度根気を持っていただければ幸いです。うなだれ首は一度進行すると、首が下にたれることがさらに悪化要素となり悪循環が回りはじめます。日常生活ではできるだけ立位や座位にならず、仰臥位で首を伸展させ、項を温める時間を作るなどの工夫と努力が必要と思われます。うなだれをそのままにしておくことが悪化の要素となるからです。また、症状が出現し始めてから1か月以内の治療開始であれば効果が高いと思われ、すでに5か月経過しているので治療効果は出にくいかもしれません。まあ、それでも希望を持って受診していただきたく思います。患者があきらめなければ、私は治療をあきらめません。

  9. 初めまして。
    母がうなだれ症候群と診断され、良い医者がないものかと探していましたらこのサイトにたどり着きました。
    母は今年73歳。発症してからほぼ一ヶ月くらいです。発症時、首が上がらなくなる数日前は背中に痛みを感じていたそうです。
    現在は浦和に在る整形外科に週2回、通院しているそうです。
    ただ快復する兆しは全く見られないそうです。
    住所は旧浦和市内なので通院には支障はなさそうです。
    このコメント欄に書き込みをしている私は母の長子です。わたしは現在、海外在住で母とは最近頻繁に電話にて連絡を取り合ってます。かつてはスカイプで連絡を取り合ったりしてましたが、首が上がらないためにパソコンの前にいる事自体おぼつかない状態とのこと。普段の姿を見る事がかなわないため、非常に心配しています。
    どうぞ、回答いただければ幸甚です。

    • うなだれ首は姿勢を保持する不随意運動系ニューロンの障害と思われます。大脳基底核に関連した箇所の仮死、または壊死で起こると思われます。仮死であれば血流を増加させることで著しい改善が見られますが、壊死の場合は無理です。そのカギを握るのは、やはり発症からの日数、障害の程度であると思われます。壊死に陥っている場合でも、血流が再開すれば少しずつ脳細胞が再生される余地があると私は考えています(脳細胞も再生することがごく最近わかってきました)が、確証はなく、治療回数や時間も莫大にかかると思われます。改善の見込みがあるかないかは、実際に治療してみないとわかりません。ただ、うなだれた首のまま通院が単独でできるかどうか?は難しいかもしれません。

  10. 81 歳の母です。もともと変形性膝関節症が重症です (特に右脚)。10 日ほど前から首が上がらなくなり,日常生活に著しい支障を来しています。ここに書かれている症状にほとんど当てはまるようです。当方関西在住です。本人の体力を考えても東京へ通うことには相当の困難がありそうですが,一度先生のご意見をうかがいたく存じます。よろしくお願いいたします。

    • うなだれ首の原因ははっきりしません。姿勢筋の位置情報の錯誤が原因と考えていますが・・・つまり、うなだれる状態を普通であると筋肉内にある深部知覚神経の情報が誤って脳に伝わっていると考えています。これを治すために私は上頚神経節ブロックで、脳幹から脳への血流を増加させます。西洋医学では治らない症状です(きっぱり)。現実的には代替医療を受けることをお勧めします。このHPで紹介している「腱引き」という治療技術が、私のブロック治療と同じような効果(脳幹の血流量を上げる)を生みます。腱引きは多くの治療実績を持っており、精神障害や自律神経失調、難聴、めまい、耳鳴りなども治した実績があるようです。腱引きは全国に何百もの道場がありますので、きっと近くにあると思います。探してみてください。また、奈良県(学園前駅)に上頚神経節ブロックを打つことができる医師が一人います。

      • ご回答いただき,どうもありがとうございます。
        「腱引き」の施療院は確かに比較的近くにあります。相談してみたいと思います。

        • 首の症状は改善しないまま,右膝が限界になったので,9 月上旬に TKA を受けました。1 か月後に退院しその後の経過は順調です。脚力の衰えからあまりスムーズには歩けませんが,膝の痛みはほぼ取れました。それと同時に,なぜか首の方も軽快しました。偶然かもしれませんが,素人考えでは,全身のバランスの悪さの影響が首に集中していたように思われます。

          • 貴重なコメントありがとうございます。全身のバランスがうなだれ首の原因になっていたというお話です。ごもっともです。うなだれ首を治したカイロプラクターもいます。

      • うなだれ症候群の症状に似ている義母がいます。異変が出てから3ヶ月近く経ちます。奈良に住んでいるので、是非どこの病院か教えていただきたいと思いました。

  11. 初めまして
    義母(70代)が1ヶ月前から首が上がらなくなり、総合病院の整形で診察しても骨に異常が無いと言われ何も治療法がなく毎日辛そうです。元々腰が曲がっていたので、リハビリ目的に整骨院でローラーベッドに乗っていました。その後首が上がらなくなったので何か神経を損傷したのかも疑いましたが、結果原因は分かりませんでした。
    大阪で通院ができる病院を教えて頂く事は可能でしょうか?
    義母の様子を見ていると、動くのがしんどいようで、食欲も無く痩せてしまっています。本当に心配です。
    よろしくお願い致します。

    • うなだれ首の原因はおそらく大脳基底部にあると思われ、症候性パーキンソン病の一部であると考えます。つまり大脳基底核への血管が詰まり血流量が低下しているのではないかと考えます。脳の血流量を上げるために、星状神経節ブロックが多少の効果があるはずです。ただし、問題はうなだれ首を治すために星状神経節ブロックを行うということを厚生労働省が認めていないことです。認めていない場合は自費(自由)診療しかなく、保険を使うことは違法性が高まり、そういう違法なことに手を染めてくれる医師はいないというところです。

      かつ、治る保証がないものです。よって星状神経節ブロックをできる医師はあちらこちらに存在しますが、うなだれ首の治療をしてくれる医師となると、探すことが極めて難しいでしょう。奈良県にこころあたりのある医師がいますので紹介することは可能ですが、相手の医師には迷惑がかかることですので、受診の際は謝意や敬意を示し、失礼のないようにしなければなりません。メールさしあげます。

  12. 78歳の母です。
    1か月前に自転車に乗って転んで、その後首がうなだれたままになってしまいました。
    肩と首がずっと痛いと言っていましたが、整形外科に行っても特に異常はなく、整形外科で湿布やマッサージをしても、改善しません。
    こちらのサイトを見て治療法はなかなかないのかと知りました。
    診察を受けさせたいと思っています。
    都内在住なので通院できると思っています。
    よろしくお願いします。

    • 整形外科的に問題ないと言われたのであれば、骨格の損傷が原因ではないと思いますが、外傷がきっかけのうなだれ首は私にもその原因がピンときません。通常、うなだれ首は症候性パーキンソンの一部として出現するもので、それには上頚神経節が効果があると思います。もしかすると外傷の際の血腫から発生した血栓が脳につまり、症候性パーキンソンをひきおこしたのかもしれませんが・・・

      治療を試すことはかまいませんので、ご来院ください。メールさしあげます。

  13. 初めてまして、
    70歳の母が首が上がらなくなり1ヶ月程たちます。もともと軽いパーキンソン病でシャキッとはしていなかったのですが、リハビリで首まわりのマッサージをしてもらったときにビリっとしてその後徐々に上がらなくなったようです。
    大阪在住のため関西で通院できる病院を教えて頂くことはできますか?側でみていて辛くなり何とかしてあげたいと思っています。よろしくお願い致します。

    • おそらく、マッサージがきっかけとなり痛みをかばう姿勢をとったことが、脳の血流を下げることになり、今の症候性パーキンソンが進んでしまったと想像します。奈良県の医師を紹介しますが、もともと症候性パーキンソンには「治療法がない」というのが保険(厚生労働省)の解釈であり、この治療は保険適用が難しいものです。そういう治療を保険医にお願いすることは極めて迷惑がかかっているということを認識しなければなりません。

       これを認識できない方を、紹介することは「極めて失礼」になります。よって紹介先の先生には十分な謝意と敬意を払ってください。それが私から紹介する条件です。

      • さっそくご回答頂きありがとうございます。早急にご紹介頂いた先生を訪ねたいと思います。

  14. 初めまして
    74才の母です。少しでもよい情報が欲しいです。宜しくお願い致します。
    15年頸随損傷の父の介護を続けて来ました。今年の5月位から急に首が前に倒れ始め最近酷くなってきました。一度整形外科に行きましたが加齢で頸椎の間が狭くなっているとの事です。首を真っ直ぐ起こしていたいと思っているようですが前に倒れてしまうそうです。
    神奈川県大和市在住です。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    • もう少し早い時期に治療を開始したほうが改善する可能性が高かったのに・・・ というところが悔やまれますが、まずは上頚神経節ブロックで治療を開始しましょう。ご連絡差し上げます。

  15. はじめまして。
    祖母86歳です。
    8/18ごろから首が上がらなくなり、歩行や食事もしづらそうにしています。

    5年前に大腿骨を骨折してから外出する時は杖を使っていますが、歩きにくいようで最近では出掛けることもあまり無くなりました。
    日にもよりますが認知症のような症状も出てきています。

    診察して頂きたいのですが、関西でそちらへの通院は難しいです。
    病院では何科に行けば良いのか、
    日常生活で首下がりを緩和させる方法などアドバイスだけでも教えて頂きたくメールをしました。
    お忙しいとは思いますが、よろしくお願い致します。

    • 認知症もうなだれ首も病態は同じです。血管の詰まりです。首がうなだれることによりさらに血流が悪化し、悪循環を作ります。よって、これを改善させるために、うなじを温めてあげることが多少なりとも有効ですので1日数回、1回数十分ほど温めてあげるとよいでしょう。上頚神経節ブロックができる医師は奈良県に1人おりますのでメールでご紹介さしあげます。ここのサイトから紹介されたことを言えば、上頚神経節ブロックを受けられると思います。ただし、治る可能性は「高いとはいえない」のが現状です。実際に治療を行ってみなければ、結果はわかりません。ただし、上頚神経節ブロックを定期的に行えば認知症の進行を遅らせることができます。首だけに効果があるわけではないのでぜひおすすめです。

  16. はじめまして。
    75歳の母が1ヶ月ほど前から首が上がらない状態になりました。元々脊柱間狭窄症を患っており、その治療を兼ねて整形外科に通っていました。首周りの筋肉がパンパンに張ったようで、それに伴い首の牽引を5日間ほど行ったところ、3日目頃からがっくり首が上がらなくなってしまったようです。整形外科でも、その後行った総合病院でも、原因不明、治療は出来ないと言われたそうです。
    日常も息苦しく、食事も顔を手で支えていないと上手く喉を通らないそうです。
    キーワード検索で、このサイトを発見致しました。母は東京在住です。
    ご意見を伺えればと存じます。宜しくお願い致します。

    • 私が実際に治療するうなだれ首の例は、それまで腰痛治療などを行っていた患者が「最近首がもちあがりにくい」という症状を訴え、即座にうなだれ首の治療に移行できたパターンがほとんどです。つまり、症状が出てすぐに治療を開始した場合、ほとんどが「治療成功」となり、改善します。しかし、5年前からずっと首が持ち上がらない・・・と訴えている長期経過のうなだれ首の場合、治療効果がかなり悪いです。今のところ、「初期であれば治せる可能性が高い」とまでしか言えません。1ヶ月は初期に入ると思いますのでなるべく早く上頚神経節ブロックを受けに来られるとよいと思います。ただし、私の診療所は予約制ですのでうまくキャンセルのところに入り込まなければ「すぐに受診」することは難しいという状況です。

  17. はじめまして。
    66歳の母が1ヶ月ほど前から突然首がうなだれたままの状態になりました。
    意識して上げれば上がるようですが、普通にしているとずっとうなだれたままで、
    常に上目遣いで前を見ているような状態です。
    本人は特に首にも肩にも痛みはないと言っています。
    早く病院に行けと周囲から言われてもそのまま放置していて、1ヶ月ほどたっています。
    治療していただくことは可能でしょうか?
    私は離れて暮らしており今日まで何も知らず、半年ぶりに会ったらこうなっていたので驚いてとても心配しています。

    • 66歳でうなだれ首は若い年齢での発症であると思います。原因は脳の血管障害と思われ、パーキンソ二ズムの一つであると思います。発症して早期であれば数回のブロックで治るのですが、手遅れであるとなかなか治り難いものです。また、早く病院に行けと言ったところで、西洋医学では「治す方法がない」症状ですのでどこの大学病院に行っても治療できる医師はいません。残念ながら行くだけ無駄です。

       私は、世にある「難病・奇病」ばかりを治す変態医師です。変態と自ら呼ぶ理由は治すことを信じない方々に対するおもいやりです。西洋医学をかたくなに信じている方々は、西洋医学を否定することで自尊心が傷つけられてしまいますので、それを防ぐために私は自らを変態と卑下し、彼らを安心させるのです。信じない人と闘うことは虚しいからです。

       何がいいたいかともうしますと、あなたが私を信じたとしても、他の家族は信じないものですので、治療を受けにこさせることを反対されますよ。ということです。患者本人も信じないことが多いものです。まずは家族や患者本人とあなたが闘わなければなりません。そして説得させることができてはじめて私の元へ来ることができます。

       また、ブロックは多少はリスクのあるものです。リバウンドも多少は来ます。そういったものを理解できない方に治療をすることはできません。当然ながら家族にはブロックリスクについてつっこまれると思いますので、もし、可能であるなら、他の記事もお読みになり、私がどういう人物であるか?を予習してから家族会議に臨むことをお勧めいたします。そのうえで、私の元へ来院できることを祈っております。

  18. 81歳の母のことでご相談させていただきます。
    約一年前から首がうなだれるようになりました。整形外科では、頚椎症と言われ、首に筋力をつけるリハビリを勧められ、ほぼ毎日行っていますが、変化はありません。ポリネックを着けて生活しています。ポリネックを外ずすと、痛みがあり、長時間外しているのは苦痛なようです。首を普通の位置にすることは出来ますが、自然にうなだれてしまいます。母は腰も悪く、股関節、膝の手術を計5回施行しています。首が辛くて毎日悩んでおります。色々調べた結果、こちらにたどり着きました。
    よろしくお願いします。

    • うなだれ首は脳血管性のパーキンソン症候群の一つの症状であり、リハビリはあまり効果がありません。無効とは言いません。リハビリが脳の血流を増加させることもあるのである程度有効です。私は1ヶ月以内に発生したうなだれ首であれば、おそらくすぐに完治に近い状態にまで戻せます。しかし1年以上経過していると、その可能性は低下します。週1通院ができるのでしたら治療が可能ですが・・・

  19. 82才の姉です 8月の中旬より突然首がたれて 大きな病院の整形外科で検査を受けましたが
    何もわからず 近くの町の整形外科を紹介され 首に注射を2回ほど受けましたがだめです
    今まで元気に音楽会や美術館めぐりで歩きまわっていたのに 足元もふらつき歩行が困難になってきました 関西在住ですので先生の診察は無理でしょうね 奈良によく診られる先生がおられるようですのでそこに行ってみたいと思いますのでよろしくお願いします

    • 医療秘書のAと申します。お問い合わせがありました奈良県のペインクリニックの情報を含めましたご連絡を、早速あなたさまのメールアドレスにさせていただきました。ご確認のほど、よろしくお願いします。

  20. こんばんわ。
    私の祖母82歳が3ヶ月前頃から急に首がうなだれてしまい、本人に痛みなどは無いが生活していて苦しいし、辛いとの事で家から一番近いわりと大きい病院にて診てもらいました。結果はパーキンソン症ではとの事でした。
    飲み薬を頂き、毎日2回飲んでとの事でした。1ヶ月に一回の診断で、つい先日なかなか治らないとの相談すると、薬の回数を1日三回にしようとの事。
    祖母には、治るから根気よくポジティブに考えて頑張ろうと話していますが、現状、本当に治るのか?と考えてしまいます。岐阜県在住ですが、もし可能であれば先生に診ていただけたらと思っております。宜しくお願い致します。

    • 薬では治りません。根本的に治すにはブロックで脳の血流を改善させることです。1ヶ月以内の発症なら、おそらくたいていの症状が数回の治療で治りますが、3ヶ月経過しているので微妙かもしれません。しかし、治療しなければ悪化の一途ですから、ぜひ治療チャンスをつかみに来てください。

      • お返事ありがとうございました。
        祖母にも内容を伝えると是非一度診て頂けるのであれば診て頂きたいとの事でした。是非ともお願いしたいです。

      • 81歳の姉が1年前から首がさがり今は外に出るのも危なっかしい状態になって来ました。一人暮らしなのでどうにか治ってほしいのですが。病院ではどこも悪くなく原因不明です。

        • 1年経過しているので治りにくくはなっていると思いますが、上頚神経節ブロックを最低限行うべきだと思います。週に1回の治療が必要ですが通院できるかどうかがカギです。できないようならすんでいる近所で腱引き師などをご紹介します。

  21. IT関係の職場のためか、血行不良になったのでしょうか。
    今年の4月から首下がり症候群に悩んでいます。
    大学病院での検査結果に異常は見られず、
    現在近所の整形外科のリハビリに通っていますが目立った治療効果はありません。どうか通院情報をお知らせください。

    • 4月からうなだれ首だったというのに、なぜもっと真剣にネット検索しなかったのですか? 半年も放置しすぎです。そして西洋医学を信じすぎです。放置期間が長いと、治る確率も減りますが、ネット検索をしなかった自分の責任です。まあ、やるだけのことはやりますので来院ください。はがゆいです。まあ、この記事をみつけただけでもラッキーだとは思いますが・・・

  22. 24歳の息子ですが、夏前位から俯き加減で歩くようになり、呼吸がしづらく言葉も出にくくなりました。呼吸器科、耳鼻科的には問題がなく8月の終わりからメンタル科に通院しておりますが変化も見られず、仕事も休職しています。
    痛みなどは特に訴えてはいませんががっくりうな垂れたままです。
    首が原因なのでしょうか?

    • 医学的な回答をする以前に、サイトに記載されていることを十分にお読みになっていないことがとても心配です。このHPは現代医学では治せない症状をどうにかして治そうと研究するサイトですから、どちらかというと「現代医学理論に逆らっている内容」になっています。普通に考えれば、現代の科学に反論する形ですので「信憑性が十分ではない」と言われて世間に叩かれる内容です。おそらく家族にも叩かれます。そうした不信感を消すためには、ここのサイトの内容を十分にお読みになり、私という人間の信用度をご自身で計るしかありません。不信感があると、私がアドバイスしたとしても、それは馬の耳に念仏になります。ここに投稿した方の半分は私の診察を受けに来ません。それはおそらく不信感の壁を乗り越えられなかった方なのです。サイトをよくお読みになっていないからです。

       うなだれ首、呼吸困難は大脳基底核から延髄にかけての障害と思われ、精神障害ではありません。ただ、現医学にはこれを治す方法がないため、結果的に精神科に送られることになります。治療法としては障害部位の血流を改善させるブロック注射が極めて有効です。早く治療しないと一生うなだれ首のままになる可能性が高くなります。まずはうなだれたままの息子さんの人生を真剣に考えてください。結婚も就職も極めて不利になり、一生あなたが面倒を見なければならなくなるでしょう。これが治るのと治らないのと天国と地獄の差があります。人間の人生の一生を左右するできごとです。そして現医学では治せないわけですから、治る可能性にかけて、私の診療を受けることはたとえ遠方に住んでいたとしても実行すべきことです。助けられる可能性があるというのに、私の元へ来院しなかったとしたら、その原因は私に対する不信感のみということになります。不信感を払うためには、このサイトの内容をいろいろと読む必要がありますが、それを行っていないあなたの場合、私がこう書いても来院しない可能性が高いと推測します。人間の一生を台無しにするかもしれないできごとというのに・・・

       疑うのは結構ですが、逃げ道はないということを早く理解しなければなりません。朗報ですが、うなだれ首を治したことがあると言うカイロプラクターがおられます。私の治療ほどの即効性はないものの、治療が的確であれば治る可能性があるということです。名のあるカイロプラクターの施術を受けるという方法もありますので参考まで。

  23. 84歳の 母が 頭が下がってしまいました。 MRIは 異常ありません 頸椎外来も 三番目が狭くなってはいるが 治療法は無かったです。骨粗鬆症の注射をしてもらっている整形の先生は、年のせい 頭が重くなってきたから と 言われました。 もう 諦めないといけませんか? 頭を斜めに上げ 話しする姿は かなしいです。

    • 早めの治療を行えば、完治すると思います。長期が経過すると、数回の治療では治りません。上頚神経節ブロックを行い、大脳基底核への血流の改善を行います。

  24. 70歳の男性税理士です。今年の3月頃動作が緩慢となったため脳梗塞を疑いMRI検査を受けたところストレートネックと診断されました。なにも症状がでていなかったためほっておいたところ7月の中頃から首が上がらなくなりました・
    整形外科でリハビリ体操を指導されましたが症状が良くなりません・今は鍼灸院にも通っていますが同じです。

    • 発症してから3か月が経過しています。私のブログを見つけるのが少々遅いと思います。遅ければ遅いほど、治る確率が低くなり、また治るまでの期間が長くなります。東京へは通院できますか?

  25. 初めてご連絡致します。

    久しぶりに会った68歳の父の首がうなだれていました。
    約3ヶ月程前より症状が出始め、整形外科と神経内科を受診するも、異常なしとのことで諦めていたそうです。
    私がどうにかならないか…と調べてこちらにたどり着きました。
    悔やまれることに、発症から時間が経ってしまっていますが、本人も家族も諦めたくありません。
    父は千葉在住ですが、東京まで治療で通う覚悟もあるそうです。
    是非とも先生に診察して頂きたくご連絡致しました。

    お忙しいことと存じますが、何卒宜しくお願い致します。

    • 3ヶ月であれば、回復可能圏内と思われます。通院の頻度は多いほど早く改善しますが、無理をしないのでしたら月に2~4回の通院頻度でよいと思います。

  26. 初めまして。51歳女性です。介護の仕事をしていて、8月に入浴介助で下を向いていて首の筋肉がとても痛くなり、なかなか上を向けなかった所、無理矢理持ち上げたらグキッとなり完全に首が下に落ちた状態になりました。労災病院を紹介され筋電図は異常なしとのこと。垂れ首とのこと。ずっと頸椎カラーを着けて生活しています。カラーが無いとすぐ首が下に落ちます。辛くて辛くて、ようやくこのサイトにたどり着きました。神奈川在住です。ぜひ診察して頂きたいのですが、どうすれば良いですか?よろしくお願いいたします。

    • ここにたどりつくのに3か月かかってしまわれたのが残念です。上頚神経節ブロックでほぼ必ず改善させることができると思いますが、症状の重さにより改善の進み具合が大きく異なります。何度も通わなければならないと思います。しかし、現在の医学では上頚神経節ブロック以外に有効な治療法がないので私のところへ通院する以外に治す方法はないと思います。つまり人生がかかっていますので万難を排して治療に臨まなければなりません。

  27. こんばんは。初めてご連絡いたします。

    この度実家に帰ったところ、63歳の父の首が完全にうなだれており驚きました。
    (父はもともと姿勢が悪く、運動を全くしない生活を10年近く送っていました。)
    詳しく聞いたところ、9月に寝違えたような違和感があったものの様子見をしてしまい、10月になって病院を3軒回り、11月に県内の大病院で2週間ほど入院して精密検査とステロイド投与による治療を受けました。
    退院後少し首の角度が上がったものの、通院に切り替えた現在では日に日に首が下がってきて今では90度近いです。
    今日初めて先生の記事を読み、もっと早く見つけられなかったことを悔やんでいます。

    現在広島県に住んでおりますが、近くに先生と同じ治療法を行なっている医療機関はありますでしょうか?
    もしなければ東京への通院を勧める予定です。診察なしではご回答しづらいかと思いますが、通院の頻度と回数の目安をお伺いできますか?

    • およそ3か月ですね。改善度は重症度と進行度によります。とりあえず数日間治療し、その効果を実際に見ていただき、その後の治療をどうするか?をその時点で再度考え直すことをお勧めします。うなだれ首の方は全国に大勢おられると思いますが、ほとんど泣き寝入りです。私の元へ治療に来られる方は「運がいい」だけであり、また、運よく見つけても通院の関係上、完治まで治療しきれるかどうかがわかりません。症状が出てすぐであれば、数回の治療で完治するのですが・・・

  28. こんばんは、初めてご連絡をさせていただきます。
    大阪に在住しております。
    少しでも良い情報をと思いご連絡させていただきました。
    76歳の祖母が数ヶ月前からうなだれ症候群と思われる症状にかかってしまい、常に下を向き呼吸も苦しそうで、外にでるのも最近はしんどそうにしています。
    2年ほどまえに一度うなだれ症候群になったのですが一度は治り、最近また発症してしまいました。
    その時は自然治癒でした。
    少しでも良くしてあげたいと切実に願っております。
    しかし大阪に住んでいるため、祖母が東京まで行くのはむずかしいと思われます。
    大阪の近くでうなだれ症候群を治療してもらえる病院はないでしょうか。
    良いお返事を待っています。

    • 医療秘書のAと申します。院長からコメントがありますが、その前に院長に代わりまして取り急ぎ唯一当院がご紹介できる関西方面の信頼置ける医師を、あなたさまのご連絡先にご紹介させていただきました。その医師はうなだれ首をご回復させた実例をお持ちです。ご連絡先をご確認いただければ幸いです。

  29. 初めまして。55歳働く主婦です。昨年9月頃から首が上がりにくくなりました。群馬県在住ですが、日帰りできます。
    見てもらえないてしょうか。間違いないと思います。心療内科の先生にはストレスと言われましたが、なかなか治らないので…脳外科にはまだ受診してませんが受診した方がいいですか?

    • 症状が軽い、発症から間もない、のであれば数回のブロックで治りますが、その反対の場合は治療に根気が必要になります。脳外科を受診することは自由ですが、おそらく診断はつかないと思います。ただし、脳腫瘍や脳梗塞、出血などがないことの確認としてMRIのチェックくらいはしておきましょうという意味で、受けておいた方がよいという話になります。連絡さしあげます。

  30. パーキンソン病(38歳発病、病歴25年)の夫(63歳)が4日前に転倒し、それ以降突然首が上がらなくなってしまいました。名古屋市近郊に在住しております。転倒の翌日、神経内科の主治医のもとでCTとレントゲンを取っていただきましたが特に異常は無いとのこと。日にち薬で良くなるかもしれないと期待していましたが、4日たって少しずつ悪化しているようにさえ感じ、本人は「体の力が入らない」と申しております。また、転倒後は自力で立ち上がったり歩行することも困難な状態で、妻である私(64歳)一人でこれからどうやって介護していったらよいのか途方にくれております。

    • 外傷がきっかけになり大脳基底核のどこかにMRIでは映らないレベルのごく小さな脳梗塞(血栓レベル)ができたのかもしれません。通常のうなだれ首と異なるので、治せるかどうかは治療をしてみないとわかりません。しかしながら、うなだれたままでいますと、延髄がひきのばされてしまい、全身の筋委縮や呼吸困難が加速する可能性があります。放置していると命にもかかわりますので至急私の元で上頚神経節ブロックを受けられる方がよいと思います。

      予定としてはこちらに1週間ほど滞在していただき、連日治療を行い、腱引きなどとのコラボ治療も行い(他の治療師も紹介します)、まずは効果がどれくらい出て、どのくらい治療をすれば治りそうなのかの見通しをつけた上で今後の治療方針を決めて行くのは良いと思います。詳細は医療コンセルジュからご連絡差し上げます。

  31. はじめまして。
    2〜3ヶ月前あたりから、母(74歳) 頭があげられなくなってしまいました。
    埼玉県在住です。
    一度、相談させて頂けたらと思います。診療所の連絡先をよろしくお願いします。m(_ _)m

    • うなだれ首は放置しておくと、延髄の血行を阻害してしまい呼吸困難や嚥下困難を引き起こし、さらに手足の動きも悪くなります。なるべく早く上頚神経節ブロックを受けに来られるべきです。ただし、ブロックを行わなくても、有名で評判のよい各種治療師の腕にかかれば、治ってしまう事もあります。西洋医学では治せない症状ですが、特殊な治療師には治せます。ただし、埼玉在住であれば私のところに来られたほうが早いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です