ご加持治療成績56-62

■症例56)51F 両耳閉塞感 耳鳴り パニック障害

【現病歴】半年前から両耳閉塞感 耳鳴り。パニック障害は10年前から精神科通院。更年期障害と肩こりがあるため整形外科通院中。症状が改善しない。

【ご加持中の変化】反応鈍い 全身温まりにくい

【改善実績】耳鳴りは少しずつ改善。パニック障害は劇的に改善しこれまでパニックを起こしていた場所に行っても平気になった。全身の加持を受けるようになって体も温まりやすくなった

【霊障診察】気の通り低下・全身

【併用治療】上頚神経節ブロック

【総評】患者は両耳閉塞感と耳鳴りを治療目的として来院。しかしパニック障害がほぼ消失したことに驚く。満員電車に乗れないことと映画館に入れないことが主な症状だが一人で映画館に入ることが出来るようになった。これは快挙であると共に精神医学の敗北を表す重大な治療成績となる。今後は精神医学界を覆すような治療実績が次々と生まれる。

■症例57)48M 多重人格症

【現病歴】自分の意図とは関係なくもう片方の人格が出ると不倫をし金銭の無駄遣いをする。超能力者に治療を依頼すると法外な料金の見積もり。他にもヒーリングの経験あり、そのおかげで意識体が暴れ始めたと感じる。妻子にもとりついている可能性ありと本人が言う。

【ご加持中の変化】体が楽になった

【改善実績】1回の治療後、寺での護摩供養に参加

【霊障診察】憑依霊3~4除去 

【併用治療】なし

【備考】父方の性格の良い兄弟姉妹が皆早死にしていて性格の悪い人ばかり長生き

【総評】世の中には信じられないような法外な料金(3000万円と言われたらしい)をとる霊能者がいる。そのおかげで翠蓮先生のように医学的にも正当な治療をし、ご加持を研究している者までもが信用されない状況にあることは遺憾である。それでもこの患者が翠蓮先生の加持を受けたことでその力を信じ、寺に供養に行くまでに至ったのは治療の効果と言える。ちなみに、翠蓮先生の祈祷と加持代は、その価値を認めている師匠に怒られるほどとても破格値である。

■症例58)43F 慢性疲労・寝続ける・おやつを止められない・腰痛生理痛が酷い・極度の緊張・記銘力低下・集中力なし・冷え症(自分と娘3人共通)

【現病歴】昔からこのような状態で相談できるところもなく困り果てている

【ご加持中の変化】特記なし

【改善実績】母子、特に邪霊は多くなかったが全身の加持を施し、母の不安もとりのぞき3人元気になって帰っていった

【霊障診察】気の通り低下・下半身(3人共通) 母への加持とカウンセリング中、子には言えない水子ありと判明 水子の影響を被る次女への影響がすでに出ていてかなりきつい

【併用治療】なし

【備考】特殊なお札を3人分渡す

【総評】一家全体に霊障がかけられている様相を示す。翠蓮先生がいうには、水子供養はとても難しくきつく、侮れないらしい。初回は互いに打診。いまだ再診はなし。

■症例59)57F パーキンソン症候群(呂律悪化 左半身しびれ、歩幅低下で歩行難)うなだれ首

【現病歴】2年前から呂律が回りにくくなり、左半身が徐々にしびれとふるえが出現。歩幅が狭く歩きにくくなった。大学病院→T病院でパーキンソン治療薬。1か月前から首が垂れ下がるがL-dopa(治療薬)のせいかもしれないと言われるが、病院ではどうしてよいかわからないようだ。

【ご加持中の変化】頭の加持で対側下肢がてんかん様動作 ご加持で即座に頸椎の拘縮が改善する

【改善実績】仰向けで寝られない状態が続いていたが、ご加持後に首がまっすぐになり仰向けで寝られるようになり驚く。加持後に首が立ち上がり、視線が改善した。現在治療中。治療薬を1種類減らすことができた。少しずつだが回復を感じる。

【霊障診察】特になし 

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】ご加持が効果的なのはよくわかる

【総評】病名がつかない一連の症状に本人と妻がいら立っている。妻が「少しずつしか回復していない」ことに「どうして治らないんですか」という質問を私たちに投げかけるほど不信感を持っているようだ。「簡単に治らない理由」を説明したところで信じないだろう。しかし、少しずつでも改善していることを患者が評価していないことに問題がある。

■症例60)41M ALS様(下肢・左上肢筋力低下 両下肢から足底の痛み 右手線維束攣縮 構音障害)

【現病歴】1.5M前から上記症状出現。ALSが怖くなり脳外科で精査してもらうが「異常なし」と言われ治療法なし。困惑して当院にメール相談する。

【ご加持中の変化】翠蓮先生の手に触れると頭がジンジンし驚く

【改善実績】メールのやり取りをしただけで症状が1か月改善した。その後再燃したが治療をするとほぼ全快する。現在、最後の仕上げとして治療中。

【霊障診察】気の滞り強い 憑依霊あり1体除霊(吐き気がするレベル)

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】メールで遠隔治療になっている 上頚神経節ブロックでも足底の痛み半減するがご加持をすると全快する。

【総評】ALSを示唆させるような奇妙な症状だが、ご加持で症状が全快することから霊障である可能性が極めて高い。再発することから原因は根深いと思われる。今後どこまで踏み込むかが課題。

■症例61)35F 耳鳴り 右顔面しびれ 視野狭窄(診断名つけられず)

【現病歴】2日前から耳鳴り、高音部の軽度難聴出現。病院では「治らない」と言われ困り果てて当院来院。

【ご加持中の変化】涙が止まらない

【改善実績】治療1回で完治

【霊障診察】気の通り低下・右半身から腰 憑依霊あり(手に攻撃) 先祖霊の応援あり 実は両親と国際結婚のため絶縁状態だったことが判明

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】国際結婚 夫(外国国籍)の妹が突発性難聴&不運続き その妹と接しているときに突発性難聴を発症

【総評】発症早期に来院のため治療は著効した。しかし国際結婚にまつわる因縁があると思われ今後も再発の可能性がある。

■症例62)17M 左突発性難聴 耳鳴り

【現病歴】12日前に発症4日目から大学病院へ1週間入院し点滴したがほとんど回復しないため退院して当院治療に掛けた。

【ご加持中の変化】祈祷後の加持で頭部から肩にかけてポカポカしてきた 左腰上の強いコリが解消し持病の側弯が軽減した

【改善実績】5分法で93db→18dbとなり75db上昇し完治となる。

【霊障診察】気の滞り強い 気の通りやや低下 憑依霊数体あり 組織の損傷あり 

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】難治性突発性難聴の治療としては当院の最高記録となる。

【総評】治らない大学病院の治療に見切りをつけた勇気ある素晴らしいご両親の決断力が患者(三男の息子)の人生を救ったという一例。