慢性疲労症候群・ALS治療に光明

慢性疲労症候群への硬膜外ブロックの活用

慢性疲労症候群は原因不明の疲労感が6か月以上継続するものと定義されています。患者が訴える症状としては身体および思考力の両方の激しい疲労と、日常生活の著しい阻害ですが、病理的に本疾患の本態が証明されていないものです。ウイルス感染後疲労症候群とも呼ばれウイルス感染後に自己抗体が活性化され脳・脊髄の神経細胞などが炎症を起こしていると推測されています。これまで四肢の脱力を主訴とする疾患はそのほとんどが「原因不明、心因性のヒステリー」などと言われ、診断さえつけてもらえませんでした。よってこのような病気の概念が近年提唱されはじめたことに対して一定の評価をしたいと思っています。私の診療所では原因不明の四肢の脱力を来す症例に対し、硬膜外ブロックを用いて治療することを行っており、有効な治療実績を挙げています。一方、慢性疲労症候群の治療法としては「とにかく体幹を温めてあげる」以外に方法がないと言われているだけに、私の治療は四肢の脱力(慢性疲労)を来す疾患に対して一筋の光となると思われます。→続きを読む

ALS様症例の1年間の治療成績

日常難病に対する概念の提唱や治療法の実践をこのHP上に掲載し、「他の医師にかかっても解決しない日常の難病」をお持ちの方を治療して1年が経ちました。両上肢・下肢の脱力を主症状として「飲み込めない・咽喉に違和感がある」などの脳神経症状を発症させた患者の多くは、大学病院の脳神経内科で精密検査を受けても、MRI検査で調べても診断もつかず、しかし、実生活では仕事ができなくなり、生活保護を受けるようになることが多いようです。逆に言うと、生活保護を受けるほどに病状が進行しているのに「病名がつかない」「心因性」と判断される状況にあり、患者はあまりに理不尽な生活を強いられることがわかりました。中には何年か経過後にALSの確定診断を言い渡されるケースがあります。このような状況を打開するために、私は世界に向けてALSの前病段階に新病名を制定することを提唱します。そして、1年間治療したALS様症状患者10例の報告をしたいと思います。→続きを読む

ALSの早期治療法の確立

ALS(筋委縮性側索硬化症)は発症から3~4年、診断から2年以内に90%以上が死に至る極めて悪質な疾患です。そして有効な治療法がありません。しかし私はALS予備群を早期発見、早期治療することで死を回避できるのではないかと考えています。ところが、ALSの初期は頸椎症性脊髄症とほとんど区別できず、事実上、早期発見は不可能です。死に至ることを回避できないほどの末期になってからでなければ診断つかないという状態にあります。私は現在、ALSの予備群の可能性のある患者を5名抱え、交感神経節ブロックなどを駆使して治療に当たっていますが、これが成功すればALSの治療に応用が利くと考えています。ここでは私が行っている脊髄や脳幹への治療法を紹介し、今後ALSをはじめ不治の脊髄病に早期からどのように対処すればよいかの方法について述べます。続きを読む

ALSは身近にある

氷バケツチャレンジで世界にその名を広めた「筋委縮性側索硬化症(以下ALSとする)」ですが、この難病を「自分とは無関係」と大部分の人は思っていることでしょう。しかし、実際はあなたの体にその予兆が身近に起こっているかもしれません。この病気は「確定診断」がついてしまえば、5年以内に90%が死に至るという壮絶な病気です。が、おそらく、多くの人は予兆があったとしても、確定診断がつくまで症状が進行せず、自然軽快してしまうと私は推測しています。つまり、ALSの初期症状を患いながらもそれが確定診断がつく前に自然軽快しているケースが多々あり、そのような症状が出現しているにもかかわらず、無理をして仕事を続け、病気を進行させてしまうのではないかと思うのです。ならば、ALSの予兆があれば、的確に治療と生活指導をすれば、発症を事前に防止できるのではと考えます。ここではそうした予兆にどのようなケースがあるかを、つい先日来院した32歳の男性を例に紹介します。→続きを読む

ALSは身近にある2

  • 56歳女性の突然の脱力:
既往歴として髄膜腫で2001,2013にN医大の脳外科でOpeを行っています。私はナルコレプシーと診断し、治療目的で週1回上頚神経節ブロック(1%キシロカイン2cc×2)を開始しました。ブロックを行うと、5~6日間は入眠発作はなく、これで改善するかと思われましたが、徐々にその効果期間が短くなり、数日で発作が再び出現するようになったため、ブロックを週に2回行うことにしました。しかしながらナルコレプシー(入眠発作)は改善せず、ブロックを行うと数日は発作が起こりにくいという状況を繰り返すのみでした。ところが2014.12.17.夕方、突然上肢と下肢の脱力が起こり自宅で倒れます(意識清明)。翌日近くの内科医に行くが原因がわからないと言われ精神安定剤だけをもらい帰宅。その後当院に来院。幸いにもこのエピソード以来、睡眠発作が起こらなくなり、ナルコレプシーは完治しました。これには少々驚いています。しかし今度は上下肢の脱力という問題に直面します。→続きを読む

慢性疲労症候群・ALS治療に光明」への21件のフィードバック

  1. 秋田県在住の19歳男性です。
    2013年の春から前傾姿勢やストレスが原因と思われる首から肩にかけてのこわばり,頭痛が激しくなりました。
    2013年の12月に歯科医院で顎関節症と診断され,翌1月から唾が自然に呑み込めなくなり,大学病院で見てもらったものの筋肉の過緊張という診断のみで根本的な治癒には至っておりません。

    そのような状況がしばらく続きましたが,今年の秋から話していると唾が口にたまり話しにくくなる症状,嚥下障害と思われる症状や右足のふくらはぎに違和感を感じ神経内科,耳鼻咽喉科や整骨院等で診てもらいましたが,手足の反射,ファイバースコープによる喉の狭窄といった病変はなく,心因性のものと判断されました。

    しかし,症状は依然治まることは無く,不安な日々を過ごしています。
    浪人生で精神的要因も考えられますが,勉強は好きですし,体調が良ければさらに熱心に取り組めることもできると思うのですが,以上のような症状が気になり中々身が入りません。

    doctorf先生のこちらのページで,自分の症状に類似した症例の治療例をたくさん拝見しました。このまま心因性で片づけられるのは私の中では望んでおりません。

    拙い文面で大変恐縮ですが,このような症状はブロック注射によって改善できるのかどうか教えていただけたら嬉しいです。

    • あなたの症状は病名はつきませんが心因性ではありません。脳幹の脳神経核の障害であり、おそらく脳幹の血行を増加させれば改善するものと思います。脳幹の血流を増加させる方法として上頚神経節ブロックや頚部硬膜外ブロックが既存の医学レベルで最高の効果が期待できる治療法です。よって私の元へ治療しにいらしてくださいといいたいところですが、秋田在住となると、通院は困難。遠方にお住まいの場合にどう治療プランを立てるかが難しいところです。本気で治療師に東京に来る医師がおありでしたら、プランを提案します。

      • 返信ありがとうございます。
        上記の症状に加えて,鼻づまりや夜熟睡できないなどの症状もあります…

        両親の承諾をまだ得ていないのですが,現在,都内の大学への進学を目指しており,受験が終わってお伺いしたいと考えていましたが,症状が進行気味に感じてきた場合はさらに早い段階で診ていただきたいとも考えております。

        よろしければ,生活の上で症状を悪化させないためのポイントなどあれば教えていただきたいです。

        • 脊椎を前屈させる時間を極力減らすこと。長時間同じ姿勢でいないこと。20分に1回は必ず伸びをしてストレッチなどの体操を入れること。うなじを蒸しタオルで温めるということを1日10分×3セット以上行うこと。入浴時にシャワーでうなじをよくあたためること。入浴をなるべく前屈姿勢をとらずに行うこと。などです。ホカロンも有効です。とにかく延髄の血行を促進するよう努めることです。首というよりもうなじです。トライしてみてください。必ず改善が見られます。進行した場合は、また書き込んでください。

          • たくさんのアドバイスありがとうございます。
            ぜひ参考にしてやってみたいと思います。

          • こんばんは。

            前回の書き込みから4ヶ月ほど経ちましたが、あまり改善が見られないことや顎関節症の症状が辛くなってきました。

            一度先生の診察を受けたいのですが、御連絡先を教えていただきたいです。

  2. 総合病院勤務医ですが、頚椎症の根症状なで肩、首の痛みが悩みの種です。
    先生の治療を受けたいと存じます。

    • 頚椎症性神経根症は椎間孔が変形してせまくなっていますので、ブロック注射でそれを取り除く事は不可能です。しかし、根周囲の浮腫を軽減させる事で圧迫されることをある程度回避できます。神経根ブロックが適応ですが、これはブロックが痛いこと、造影剤を使うこと、神経に針を指すことを考えると、あまり体にいい注射とは言えません。そこで私は独自に傍神経根ブロックという神経根周囲に薬剤を浸透させる方法をとっていますので、リスクが少なく、痛みもあまりなく、快適なブロックを受けることができます。

       東京近郊であればよいのですが・・・、というのも、神経根症は繰り返しやすいからです。

  3. 福岡県在住で53歳の女性です。4年前から上下肢にファシクレーションが出現しており、最近は右上肢の脱力感もあり、喋り辛い感じもあります。2度大学病院を受診しましたが、特に診断はされずに心因性ではないかと判断されました。私自身は症状的にALSではないかと心配おります。
    1度先生に診て頂きたいと思っております。現在仕事もしておりますので休暇をとってそちらに伺いたいと思います。診療日、診療時間等を教えて頂けないでしょうか?

    • あなたと同じような症状をお持ちの患者は私のところに20人近く通院しています。福岡県からは飛行機のアクセスがよいので現在も数名通院しておられます。現在お仕事中なので症状的にはあまり重症ではないほうだと思います。問題は通院頻度です。なかなか完治しにくい病態で、しかも治るのも少しずつです。もちろん患者の都合で治療頻度を決め手いただきますが、遠方からの通院は、私もたいへん心が痛いです。遠方の方の場合、新幹線や飛行機通院が当たり前ですから。そしていつも、「早く弟子をつくらねば・・・」と悩んでいます。メール差し上げます。

  4. このHPを大変興味深く拝見させて頂いております。
    さて、私は40代女性ですが、昨年12月頃、歩行時のふわふわした感じの目眩を感じ、脳神経外科を受診するもMRI異常無し。
    ところが、今年7月下旬頃、手の関節の腫れた感じ(実際には腫れていない)を伴う、今まで経験した事の無いような痺れを両手に感じ、脳神経内科と整形外科を併設したクリニックを受診し、CT、血液検査に異常が無く自律神経に問題がありとの診断をされる。
    しかしその後、手が痛く字が書きにくい、歩いていてふらつく、転びそうになる、両脚が突っ張る感じがし、長く立っていられない、感覚失調(物の場所が分かっていても上手く掴めない等)両脚の筋肉のひくつき、体表のチリチリした感じ、むせやすい…等の症状が次から次へと頻出し、肉体的な辛さもさることながら、この先どうなってしまうのかと不安で仕方ありません。私は都内在住なので、是非とも先生の治療を受け、たとえ時間がかかっても、少しでも現在の身体の状態を改善出来れば…と、考えております。
    何卒宜しくお願い致します。

    • 感覚神経・運動神経共に頸髄よりも頭側(延髄レベル)で生じている二次ニューロンレベルの神経の不具合と思われます。多発性硬化症の初期なのかもしれません。もちろん、初期では診断されることはありません。幸運にも都内にお住まいですので私の診療所へ通院が可能ですから治療をさせていただきたいと思います。基本的に延髄レベルの血行を改善させるブロック注射を行っていけば、改善すると思います。

  5. はじめまして。こんにちは。39歳・男性・無職です。いきさつを書かせていただきます。
    お忙しいところ、すみません。よろしくお願いします。

    2010年ころから両方の前腕の内側の筋と、両手の親指の付け根あたり(母指球でしょうか?)が、攣るような症状が出て、その度に伸ばすストレッチをして誤魔化していました。

    4年くらい前に車に乗車中に急ブレーキがかかり首に強い衝撃を受け整形外科に行きましたが異常なしとの診断でした。

    3年くらい前から両手のむくみが出ました。手に膜が張っているような違和感があり、物が持ちづらくなる等の症状がありましたが、痛みやしびれはなかったので放置していました。

    今年の7月くらいから風呂で体を洗っていると必ず両腕が異常に疲れるようになり、それと同時に息苦しさと激しい動悸・脈拍の上昇が起こるようになりました。手を動かすのを止めないと頭がボーっとして気絶しそうになります。
    この頃から体を洗ったり、重いものを持ったり等、腕と手を継続して使用すると筋肉がだるくなる感じが出るようになりました。

    そして8月下旬に突然、腕と脚の脱力感と麻痺しているかの様なしびれが出現しました。同時に様々な症状があらわれました。
    体全身がだるく、体に力が入らなくなりました。何もしていないのに疲労感があり、呼吸が苦しく、あえて深く吸い込むようにしないといけません。思考力が極端に低下して頭がボーっとしています。小幅でしか歩けなくなり、階段の上り下りは手すりを使わないと不可能です。
    起床時や強いストレスを受けた時にも最も症状が重くなるようです。

    すぐに近くの内科医に行き、心臓のレントゲン、血液検査、24時間ホルター心電図検査を受けましたが、尿酸の値と肝臓の値が少し高いこと以外は異常なしでした。
    市内の総合病院に紹介してもらい、そこの整形外科で血液検査、筋力・腱反射の検査、神経伝達速度検査、首と頭のレントゲンとMRIを撮りました。結果は神経の反応が基準より少し遅く、首にも多少の異常は見られるがここまでの症状が出るほどではないとの診断でした。
    猫背で下顎を前に出す姿勢は頚椎に負担をかけるので、胸を張り顎を引く姿勢を意識して生活するよう指導され、さらに枕を高くして寝てみて1ヵ月様子を見るとのことでした。(その後先生の『脊髄脊椎不適合症候群』のページを読んで高くするのは逆効果と知り即やめました)
    同病院の神経内科では、総合的に診てALSではないという診断で精神科をすすめられました。
    針筋電図検査はしていません。血液検査ではCPKの項目は調べていなかったと思います。

    そして上記の最近出現したALS様の症状の他に20年来の持病で顎関節症の不定愁訴があります。
    小5から高3まで受け口を治す目的で歯の矯正(抜歯無し)をし、20歳くらいに様々な症状が出ました。
    首が右に傾いてしまい背中左側の筋が縮んでいる感じがして1時間以上同じ姿勢を続けていると痛みが強くなってくる。腰痛。歩く時に右股関節と右膝が痛む。左足首が常に捻挫している様な痛みがあり、1時間以上座っていたり立ったままの姿勢を続けていると、痛みとしびれが強くなります。左足だけ掌蹠膿疱症です。
    そして人生2回目の矯正で下顎の位置を思い切り後ろに下げる調整を行ってからは、心臓が締め付けられるような痛みと呼吸困難の症状が出るようになってしまいました。
    これらの不定愁訴が非常につらく、体を起こしていられるのは1~2時間が限界という生活でした。

    20年来の顎関節症の不定愁訴の話を書いたのは先生にあれもこれも治して欲しいなどと要求をするためではなく、治療をお願いするに当たって2点お伝えしておきたいことがあるからです。

    1つ目は、顎関節症で噛み合わせも顎位もズレた結果、ねじれるように体が歪んでしまっており、変形が高度な脊椎になってしまっているのかもしれないということです。ただでさえALSの治療には高度な技術を必要とする適切なブロック注射を行わなければならないのに、先生にはその何倍もの苦労をおかけしてしまうのではという危惧があります。

    2つ目は、舌のストレッチをするとALS様症状のうち、呼吸の苦しさと四肢のしびれ感が軽快することです(脱力感は変わりません)。
    常に舌が左下奥歯側に寄っていて、舌の付け根の左側の筋肉がその位置で自分の意志に拘らず、力の入った緊張状態を解除できなくなっています。そこで、舌の付け根の左側の筋肉を伸ばすイメージで舌に力を入れます。すると、左顎関節あたりと首の後ろがジーンと火照って来て段々その部位の筋肉が伸ばされほぐされてる感じがしてきます(体をストレッチするのと同じ感覚です)。顎関節周囲と首の筋肉のリラックスと連動するように顎関節症の不定愁訴の、背中左側の痛みと左足首の捻挫感としびれ感が楽になっていました。
    それを今現在行うとALS様症状の呼吸の苦しさと四肢のしびれ感が軽快します。

    その他、四肢の脱力の症状が出てから喉が異常に渇くようになりました。今までは1日に水を4リットル飲んでいたのが8リットルは飲むようになりました。尿は7~8回あります。

    発症からひと月経ちましたが、日に日に症状が悪化していっている気がします。こうしている間にも神経細胞が死んでいっていると思うと恐ろしくて仕方がありません。他力本願にせず自分に必要なことはやっていきたいと思います。肥満体だとブロックの成功率は下がるという記述を見てからは食生活を改めタンパク質と野菜中心に摂るようにしました。

    先生の治療許可がいただけましたら、家族の協力を得ることができ車で通えますので、通院に関しては問題ありません。
    先生のブロック注射を受けさせてください。よろしくお願いいたします。
    最後に、お忙しい中貴重な時間を割いて最後まで読んでくださりありがとうございました。

    • 舌の運動で自ら症状を改善させることができるのはすばらしいと思います。その方法は他の同じ症状をお持ちの患者にも有効かもしれません。まずは私の診療所へご来院ください。さっそく治療を開始し反応を観察していくことをお勧めします。腱引き師も紹介します。西洋医学と東洋医学の協力で、治療法を工夫したいと思います。

  6. はじめまして。37歳の男性です。よろしくお願い致します。
    お忙しいところ申し訳ありません。
    いきさつを書かせて頂きます。

    2014年夏頃、3kg程度の書類を脇に抱え30分以上の立ち話をすると上腕にだるさを感じ、上腕二頭筋、三頭筋部分に筋のピクつきが出現。その頃より上腕部~前腕部の持久力の低下を自覚。脳神経外科に受診し頸部MRIにてヘルニアではないかと診察を受けました。

    2015年3月頃、食事中の咀嚼で顎が疲れた感じがし、少し飲み込み辛さを感じたことや、子供と約1時間のキャッチボールを行った後、食事で箸が抜けてしまう様な脱力を右上肢に感じ神経内科を受診しました。
    血液検査、造影剤による胸部CTを撮りましたが異常なく、経過観察となりました。しばらくはだるさが落ち着いていたため、そのまま様子を見ることにしました。
    同年7月頃、両上腕部(上腕二頭筋、三頭筋部)を中心に筋攣縮が起こり、脱力感が増したため、再度最初に受診した脳神経外科に受診しましたが、異常なくメチコバールを処方され再度経過観察となりました。
    同年10月頃、経過の改善がみられないため再受診し、頸部MRIを撮り、ヘルニアがやや進行したのではないか?と言われ、整形外科医を紹介して頂きました。
    整形外科医よりC5、C6の頸椎症性脊髄症と診断されました。この時に握力は右45~50Kg、左45kg前後でした。

    今年2月に仕事を1ヶ月休職し、自家骨移植による頸椎前方固定術を受けました。術後の経過は良好で1週間で退院して自宅療養で過ごし、3月から仕事に復帰しました。
    この頃は上肢に時折筋攣縮を感じる事はありましたが、そんなに気になる事はありませんでした。

    5月下旬頃から風邪を引いた訳でもないのに口内炎、全身倦怠感、左眼瞼のピクつきが出現し、疲労だと思い様子をみていました。すると1週間程たった6月初旬には顔面だけではなく、四肢と腹部、背部(肩甲骨付近)、腰臀部など全身いたる所で数秒の筋攣縮が起こりました。この頃は特に上肢と体幹を中心に筋攣縮がありました。
    手術を受けた整形外科を受診し、頸部MRIを撮影する事と神経内科にかかるよう勧められました。
    MRIは異常なし、神経内科では血液検査を行い異常なく経過観察となりました。

    7月中旬~下旬にかけて、左膝周囲にチリチリとした違和感が出現し、歩行時の疲労感と立位保持時での疲労感、膝折れ感があり、1時間程度の立位保持が困難になってきました。
    8月中旬より、ヒラメ筋付近で今までにない、脈を打つ感じのピクつきが半日以上あり、急激に左下肢のだるさが進行している感じがありました。この頃から、階段昇降時の左大腿部の疲労感、足指が突っ張る感覚が出現しました。また左の膝蓋腱反射は、以前より若干亢進している感じがしました。
    8月末に両大腿のMRIも撮りましたが、筋萎縮は見られないとのことでした。

    現在、左下肢は大腿部、下腿部ともに立位、歩行開始時から重だるさを感じ、左足指は常に軽く攣るような感覚があり、左下肢はやや筋萎縮を起こしている感じがあります。また、飲み込みや声の出しにくさ、咀嚼時の疲労感もあります。
    筋攣縮は変わらず全身にありますが、最近では特に左大腿、下腿を中心に多く、大腿部では常にジリジリとした感じがし、筋肉の攣る感じによる軽い痛みもあります。前脛骨筋にも脈打つ感じのピクつきが出てきており、左の下顎付近も時折ジリジリと軽く引き攣る感じの違和感があります。
    瞬発的な筋出力はまだありますが、腿を上げて保持するような持久力が低下し、すぐに疲労してしまいます。軽く駆け足をするのも左膝が抜ける感じがするので、5m程しか行えずその後に疲労感が強く出現します。
    片脚立位やタンデム歩行は可能です。握力も左右ともに変化はなく、神経伝導速度も問題ありませんでした。
    針筋電図はまだ時期的に早いとのことで、検査は受けていません。
    現在、医師からはALSの可能性はかなり低いと言われ経過観察の状態となっています。

    これまでの経過からこれから先どうなってしまうのかと不安が強くなっており、まだ子供も小さいため、何とか現在の身体状態から少しでも改善できればと考えております。
    現在は仕事をしておりますので、休暇を取って一度先生に診察をお願いしたいと考えております。
    何卒よろしくお願いいたします。

    • 休暇をとってでも治療に来たいという心意気があるようですので私も全力を尽くしたいと思います。ただ、私の治療は神経原性の疾患には有効ですが、筋原性疾患にはおそらく無効です。今のところ、どちらが原因か?はわかりませんが、治療をして効果があったならよしとするという心づもりで来院ください。私の診療所には同様の症状を持つ方が多数来院され、そのほとんどが改善、または進行が停止、しています。それなりの期待をもっていただいて結構です。ご連絡さしあげます。

  7. doctorf様

    はじめまして。37歳男性の太郎と申します。
    ALS様の症状に悩まされております。
    以下に経過を記します。

    今年の3月末ごろ、両腕(特に右)がひりひりする感覚が発生し、4月頭ごろ、ペンで字を書く際に腕に力が入りづらいという症状が発生しました。この後、短期間に目に見えてわかるほど腕や足の筋肉が縮み、筋肉の痛みや、電車に乗る際に腕を挙げづらい、足に力を入れづらい、筋肉のぴくつきといった症状が現れました。

    神経系の難病を疑い、4月下旬ごろ、大病院の神経内科で針筋電図検査や神経伝導度検査を受けましたが、今のところALSと診断する要素はない、との診断でした。

    その後、昨年年4月まで「慢性疲労症候群」の治療で通っていた漢方医院の自費の漢方薬を飲むと、症状は治まりました。その後も漢方は継続して飲んでいました。

    しかし、今年の5月頭、ゴールデンウィークごろに、体全体になんとも不快な脱力感、腕の筋肉にびりびりと電気が走っているような感覚、ぴくつきが再び現れ始めました。同月中旬、仕事中に両足の膝関節裏の筋肉に細かいぴくつき(もこもこもこ…という感じ)が途切れず発生し、その日の帰宅時は歩き続けること、立ち続けることが困難に感じられました。

    現在も全身の脱力感、筋力の低下は続いており、ぴくつきは一日で数千回程度(1分に2-3回位?)は起こっていると思います。今のところ、何とか最低限の仕事はやっているのですが、体力的に資格試験の勉強その他はできません。歯磨きの際に腕を使いづらい、パソコンのキーが打ちづらい、歩くのがきつい、などの症状があります。

    波はあるのですが、全体的に症状は徐々に悪化している感じがしますが、決定的な対処法が今のところありません。

    そこで、私は地方(関西)在住なのですが、上京して先生のご診察を受けさせていただけないかと考えております。もしおよろしければ、ご連絡先等お教えいただけないでしょうか。

    何卒よろしくお願い申し上げます。

    • 関西(奈良県)には上頚神経節ブロックができる医師を紹介できますが、それでもまずは私の診察をお受けになってから奈良県に移行されたほうがよいと思います。ALS様症状の患者の治療経験数が私のほうがはるかに多いからです。可能なら4~5日滞在し、その間にブロックを試し、効果を判定することが望ましいと思います。その結果を受けて奈良県の医師に移行されることをお勧めします。

      • doctorf様

        お忙しい中ご返答賜り、ありがとうございます。
        はい、ペインクリニックは関西にもありますが、
        一度先生の治療を体験させていただきたいと考えておりました。
        その際の反応によって、その後のやり方を考えることも可能と存じます。

        こちらのホームページを参考にし、接骨院で星状神経節やみぞおちにレーザーを照射する治療を受けました(その接骨院での話だと、ブロック注射の6~7割程度の効果だとのです)が、手足が確かに暖かくなり、歩くのが幾分楽になりました。

        レーザーの効果は残念ながら半日程度しか持続しませんでしたが、確かに効果を感じたので、先生の治療には何らかの形で反応しそうだと考えています。

  8. はじめまして。

    私は30歳男性です。
    いまから約2年前の2014年7月
    自宅で考え事をしつないましたら突然左手が痺れ、激しいめまいに襲われ
    立ち上がったら意識を保つのが精一杯で
    失神しないように、深呼吸したりして
    意識を保ってました。
    動機がすごく、すぐ病院にいき
    脳神経にて脳ct 頚椎mri
    循環器科にて心電図 エコー
    内科にて 胃カメラ
    をしましたが、
    頚椎のmriで脊髄が流れてるとこが少し細くなってると言われたくらいで
    他はすべて異常なし。
    それから、めまい、原因不明の熱、動悸、息苦しさがずっと続き
    2014年9月 坂道をあるいていたら
    右足太ももに違和感を感じ、その夜足の筋肉がぴくつきはじめました。
    それから1ヶ月寝れないほど右足に筋肉痛に似た焼けるような筋肉の痛みとぴくつき、歩きにくさが続き

    神経内科を2件受診したところ
    どちらのお医者さんからもストレスだと思います。と言われ精神科を紹介され

    精神科にてソラナックス、ランドセンを処方され
    飲んだところ、息苦しさとめまいと
    筋肉痛に似た痛みが消えました

    しかし歩きにくさとぴくつきだけは改善されず。
    ALSが不安になり握力計を購入しました。

    それから2年と1カ月がたった
    2016年10月18日現在
    右足の歩きにくさとぴくつきはいまだにあり、おそらく悪化はしておらず2年前と変化なしです。

    2016年6月くらいに、右手の指に違和感を感じました。9月になると指が動かしにくくなり、右手に筋肉痛に似た痛みと肩の痛み、また手をあげたら疲れやすくなったので
    2年前購入した握力計で握力を測定したら

    右40 左36で二年前と握力は変化なしでした。

    左手、左足は健康なときと変化なく使えてます。

    他に、全身のどこかに不定期に発生する
    針で刺したような神経痛
    皮膚の中に氷をいれられたような神経痛があり

    また手足に関節痛があります。
    その関節痛は基本右手足に現れますが
    たまに左手足にも現れ
    痛くなったり治まったりします。

    ぴくつきの他に皮膚の中に虫が動いてるような感覚がするときもあります。

    また立ちくらみも頻繁におき
    テレビやスマートフォンの光に酔うなど
    光に敏感になりました。

    疲れやすく、体がすごくだるい
    寝起きに手のこわばりなどもあります。

    毎日が憂鬱と不安
    肉体的にも精神的にもきつく、
    生きた心地がせず、2年間生きてきました。

    是非治療をお受けしたいです。
    長々とすいません。

    • 私の元へはあなたのような患者が全国より集まって来ます。治療方法は上頚神経節ブロックか頚部硬膜外ブロックであり、その効果を増幅させるために「腱引き」という代替医療とも手を組んで治療にあたっています。成果・効果は上がっていますが、問題点が多少あります。問題点の詳細はブログの「難治性疾患治療ガイドライン」を参考にしてください。治療後数日に起こるリバウンドと闘う勇気も必要です。

      握力が保たれていることより、通常のALSとは異なりますが、大脳基底核から延髄のレベルに生じた神経細胞の異常が原因だと思います。さらに自律神経が機能不全に陥っており、免疫系統が制御されていないと思います。そのため関節痛、こわばりなどが起こっていると推測します。ちなみに自律神経の核も延髄にあります。MRIでは異常が写りません。

      難治性疾患は治療に勇気と覚悟が必要です。がんばるしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です