ご加持治療成績16-20

■症例16)60M 突発性難聴 心臓の手術(開胸術)後

【現病歴】3w前に発症。総合病院耳鼻科でステロイド内服治療。聴力は全く改善せず。当院初診。2/17から有名な難聴専門鍼灸院で治療するも効果なし。

【ご加持中の変化】体の中がとても熱くなる

【改善実績】ご加持の最中に聴力が上がった。心臓の弁置換術後2か月間あった左手のしびれがご加持のみで改善。胸にご加持をしたところその後からコルセットなしでも胸骨の痛みが出なくなり、主治医が胸骨の骨癒合の速さに驚いた。5分法で15db以上回復

【霊障診察】気の滞りなし 気の通り低下なし

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】ご両親の父親が同時期に背骨をおり、母親も耳の疾患が発症 ケンカ別れして先祖供養もずっとしていない

【総評】突発性難聴は難治性のものは医学の全てを尽くしても治らず、「難聴を治せる」と宣言している鍼灸院でも治せないものがある。そうした「超難治性」を改善させるのがご加持治療の奇蹟である。私のブロック治療の上を行くことは統計学的に証明されている。興味深いことはご加持には骨折部分の骨癒合を劇的に早める効果があること。開胸術では胸骨を縦に切断するが、その部分にご加持をすることで痛みが消えた。これも奇蹟の一つである。

■症例17)41F 突発性難聴(閉塞感)

【現病歴】9カ月前に発症した突発性難聴。それ以来閉塞感が強く悩まされている。治す方法がなくあきらめていた。

【ご加持中の変化】加持後に全身がふわふわしかつてないリラックス感を味わい驚く

【改善実績】ご加持中に閉塞感が軽快した

【霊障診察】気の滞りなし 気の通り低下全身ややあり

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】水子あり 症状は改善と再燃を繰り返す

【総評】発症後9カ月経過しており、医学的には「この時期に治療をするのはクレージー」である。「何をしようと治るはずがない」から誰も手を出さない。そういう状況で閉塞感を確実に軽減させることができる。だから遠方であっても通院し続けている。ご加持の寄与度については「ご加持中に閉塞感が軽減する」ことから実感している。もちろんブロック注射もしっかり寄与している。翠蓮先生によれば「原因を根絶しない限り繰り返す」と何度もアドバイスするのだが従わないとのこと。そのおかげで医院が潤う。

■症例18)30M 自律神経失調症(ホットフラッシュ・下半身の冷え)

【現病歴】これまでどんな治療を行っても改善しなかった。最近ではペインクリニックで20回星状神経節ブロックを行うが無効。

【ご加持中の変化】とても温かくなった

【改善実績】かつてないほど足先まで温かくなり帰る時も暖かさが持続

【霊障診察】気の滞りなし 気の通り低下・四肢 

【併用治療】上頚神経節ブロック

【備考】特記なし

【総評】私のブロックとご加持の両方に興味を示して来院した。効果は実感したはず。しかしその後の来院がないのは金銭的なものと持続効果が期待したほどではなかったと思われる。根が深い病気は原因を根絶しなければ繰り返す。しかし、根が深い人ほどそれを認めようとしない傾向がある。認めない人は「効果があっても治療をやめる」場合が多い。

■症例19)73F 線維筋痛・全身(背部・腰部・臀部・両上肢痛)

【現病歴】30年前から全身に痛みがあり、あらゆる治療を行い、ペインクリニックに入院してブロック注射をしても全く効果なし。現在カイロプラクティックに通院し、そこの先生からここを紹介される。

【ご加持中の変化】温かく感じる

【改善実績】どこのペインでも全く無効だった痛みが半分に。ご加持を行うことでブロックが初めて効いた。

【霊障診察】気の通り低下背中 

【併用治療】腰部・仙骨部硬膜外ブロック

【総評】総合病院のペインクリニック科に入院して治療しても改善しない全身疼痛である。医学的に治せる者はまずいないという難治レベル。それを即効で半減させてしまうのはご加持の力である。そしてダメ押しに、普通なら効かないブロックがご加持後には効くようになるという例。

■症例20)50F 線維筋痛 頸椎椎間板ヘルニア(四肢突っ張り・脱力・痛み・しびれ

【現病歴】3年前に整体(おそらく気功的な)を受けてから3日後から頚部痛で首が動かなり、肩こり、左上肢・下肢につっぱりと痛み、脱力出現。整形外科では治らず。鍼灸・気功術などを行う。気功術で頚痛とコリはやわらいだが慢性疲労状態となってしまう。神経内科を受信するが原因不明。精神科を受診し経口薬で睡眠障害は改善されるも仕事がとてもつらい状態は変わらず。現在は左上肢がもっともつらい。

【ご加持中の変化】加持中に左足が温かくなり驚く

【改善実績】ご加持後は前の自分に戻った。体が軽く温かい。左下肢のゆがみがすべてとれた。左上半身の痛みが1/10になり驚く。笑顔が増えた。頚椎の狭窄もあるも、左手の痛みとしびれがほとんどなくなった。家族がとても驚いて喜ぶ。60~90分のマッサージの仕事もできるようになった。快挙。

【併用治療】頚部傍神経根ブロック 腰部硬膜外ブロック

【霊障診察】左下肢に細胞の悲鳴 気の通り低下・左半身 加持中に号泣き(先祖霊)

【備考】要介護の義母に翠蓮先生からいただいた特殊なお札を使うととたんに動きが軽くなってヘルパーさんも驚いた。家族全員でお寺の護摩供養に進んで行くようになり、家族皆が元気に。

【総評】医学に見放され、オカルト的な医療に頼らざるを得ない状況に追い詰められ、さらに悪化して絶望の淵に立たされたが、翠蓮先生の治療で劇的に改善したのは奇蹟である。すでにブロック治療は効果があまり期待できないことがわかっていたので本人も望まずブロック治療はわずか数回でとどめ、後はすべて加持治療となった。ご加持と併用することで劇的に軽快したことは特筆すべきである。