偏りと時間の概念その2、数時間単位

偏りと時間の概念その2、数時間単位

日常の普通の姿勢でさえ同じ姿勢を数十分とっていると同一箇所に力がかかるために組織が損傷を起こします。例えば肘は90度以上の角度で数十分曲げたままでいると尺骨神経が肘部管で炎症を起こすことはよく知られています。90度以上に曲げることは普通にありますが、それを固定した状態で数十分放置すれば健常な人でさえ手がしびれてきます。 例えばベッドの上で寝ているだけでも、寝返りを打たないでいると1箇所に重力が集中し、関節軟骨が破壊されたり、靭帯炎が生じたり、神経根も血行不良になる箇所が出現して神経炎が起こるでしょう。これが数時間単位でおこる病気の概念です。椅子に座っているだけでも同様なことが言えるわけですが、これまでの医学概念からすれば「原因不明」でかたづけられてしまうものです。
このようにして生じた損傷は全て「器質的な異常がない」そして「日常動作」で発症しており、だからこそ「原因なし」「不可解」とされます。すなわち、これまでの病気の概念である外傷・炎症・腫瘍・感染・遺伝病などのどのカテゴリーにもあてはまりません。強いて言えば炎症に分類されるかもしれませんが、炎症は病的状態の全てに関わるものであり、正確に言えば分類ではありません。
例えば姿勢が前傾であることで脊髄が引き伸ばされて血行不良が起こり、神経痛が出る場合、これは外傷ではありません。炎症の証拠はどこにも出ません。腫瘍でもなく、感染でもなく、遺伝病でもありません。MRIを撮影しても器質的な異常は認められません。このような状況に遭遇した医師は「異常がありません。なんともないですよ」と言って患者に鎮痛薬を出すのみで終わらせるものです。
これまでの医学は「器質的な異常がない」症状は「ありえない」「詐病」「精神的な異常」としてきました。よってこれまでの医師たちにとって日常損傷病は異次元かもしれません。が、真実なのです。
例えば、整形外科的疾患で言うと、ヘルニアが存在しない坐骨神経痛、頸椎XPに異常のない患者の上肢のしびれなどは全て病気として扱ってこなかった前歴があります。それらをきっちり病気として扱っていくのが日常損傷病学です。これまで病気として認めてこなかった症状を病気として研究することには医師たちのプライドがなかなか許さないでしょう。 「器質的な異常がない」場合でも数時間慣れないベッドで寝ただけで坐骨神経痛が発症することはよくありますが、このようにして生じた症状を説明できず、積極的な治療をしないのが今までの医学なのです。説明するのが日常損傷病学です。達観点に立たなければ見えてこないと最初に述べたのは、このように日常損傷病は「器質的に異常がない」「日常で起こり得る」症状を考察する医学だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です