密医学の治療範囲

  • 現医学で「原因が不明」とされるものの多くの疾患(突発性難聴・過活動性膀胱など)
  • 現医学で「原因を誤解」されている多くの症状(めまい・ふらつき・かすみ目・疲労など)
  • 現医学で「症状はあるが検査では異常なし」とされるものの多くの疾患(腰痛・神経痛)
  • 現医学で「精神疾患が原因」と誤解されるものの多くの疾患(不定愁訴・ヒステリー)
  • なまけものと誤解される多くの症状(遅刻・無断欠勤・慢性疲労・慢性疼痛・むち打ち)
  • 現医学では薬で症状を抑えているだけの多くの疾患(高血圧・うつ・神経症・喘息)
  • 現医学で手術しか方法がないとされる疾患(変形性膝(股)関節症・腰ヘルニア・ばね指)
  • 現医学では治療を断念されている(ALS・脳神経変性疾患・パーキンソン症・うなだれ首)
  • 治療期間を短くしたい疾患(捻挫・骨折・腱鞘炎・肩関節周囲炎)
  • 現医学で何度治療しても軽快しない疾患(肩こり・腰痛・神経痛・三叉神経痛・頭痛)
  • 現医学で「歳だから仕方がない」と言われる多くの疾患(認知症・関節痛・変形)
  • 現医学で原因は明解であっても治せない多くの疾患(様々な関節炎・リウマチ・指の変形)
  • 現医学で「今まで見たこともない」「そんな症状はあり得ない」と言われた疾患
  • 主治医の治療方針説明に納得ができない疾患(難聴・自律神経失調症)
  • 現医学の治療を受けて悪化してしまった多くの疾患
  • 能力向上のための医学(学力・持続力・記憶力向上)
  • 老化・能力衰退を防ぐ予防医学(認知症予防・関節変形予防・神経痛予防)
  • 病気を治すことを最終目標とせず、一歩進んで幸福を得るための治療
  • 治療による副作用・合併症で「一般的にはあり得ない」と言われる症状を理解に努める
  • 未知の波動・思念エネルギーにより出現しているであろう症状

これらを現医学以上に的確に治療ができるのが密医学です。このHP上で発表している治療法のほぼ全てが密医学の範疇に入ります。