優れたコンパートメントブロックの手法

はじめに

コンパートメントブロックの意味を知らない医師は多いと思います。コンパートメントブロックとは神経ブロックのように直接神経に針を刺すのではなく、神経や血管などがまとまって走行しているトンネル内(筋溝間など)に薬液を注入する方法です。神経実質に針を刺入しないやり方なので治療効果が低いと思われがちですが、実際、臨床の場でブロック経験を重ねますと、コンパートメントブロックの方が通常の神経ブロックよりもメリットが非常に多いことがわかってきます。ここではコンパートメントブロックが優れている点につき解説し、そのコツを示します。

神経実質にブロックする意味を考える

神経実質にブロックするとは、神経鞘内に麻酔薬を注入することを意味します。四肢の手術の際に伝達麻酔を行うとき、神経実質に麻酔薬を入れなければ、患者は痛みを訴えて手術が困難になります。手術をする際には神経実質にブロックしなければなりません。不完全なブロックでは手術時に痛みを感じてしまいますから、手術時にコンパートメントブロックは意味をなしません。よって伝達麻酔用に神経ブロックを行う場合には、相当精密に神経を狙い、そして神経鞘内に針を的中させなければなりません。
しかし、他の病気を治すためにブロックを行う場合、神経実質にブロックを行う必要性がないことに気づく医師は少ないようです。これを理解するためには「そもそもブロックとは何をどうすることが目的であるか?」を知らなければなりません。 多くの医師は「ブロックとは痛みを遮断する」ことが目的であると誤解しています。しかし、痛みの遮断は、できたとしてもせいぜい数時間であり、薬が切れると再び痛みがぶり返します。つまり、「痛みの遮断」は治療になっていないことを理解しなければなりません。
神経ブロックは保険の審査で診療報酬をカットされてしまうことが多いのですが、その理由が「治療になっていない」ことが挙げられていることを知らなければなりません。正式にはブロックを「痛みを遮断する」目的で使用することは治療とは認められていません。認められていなくとも、トリガーポイント注射や坐骨神経ブロックなど、値段の安いものはカットされませんが、神経根ブロックや硬膜外ブロックなどはカットされてしまいます。つまり、ブロックを治療として考えた場合、「痛みを遮断する」という目的は正当ではないことを知る必要があります。では、何を目的にブロック治療が行われるのか?根本理由を解説します。

ブロックが長期的に効果がある理由

ブロックは「炎症→痛み→交感神経の興奮→血管収縮→修復の(炎症伝達物質)停滞」の悪循環を絶つ目的で行われます。そして最大のメリットは血管を拡張させ、炎症局所の血流を確保するところにあります。つまり、交感神経による反射性の血管収縮をブロックすることが最大の目的(治療理由)です。ただし、それ以外に局所の浮腫を軽減させるためにステロイドなど用いるわけですが、これはブロックの本来の目的ではないため保険審査で診療報酬をカットされるというのが一般的な見解となっています。ただし、神経浮腫が想定されている場合、その局所にステロイドを注入することは認められています。 ブロックが薬効時間を超えて症状軽減に貢献する理由は「局所の血流改善が組織の修復を手助けするきっかけを作る」からであり、これが真の治療目的となります。

神経根の完全ブロックの必要性

ブロックで即座に痛みを軽減させることは医師のパフォーマンスとして、患者から信頼を得るために重要ですが、治療の真の目的はそこにあるわけではありません。実際は血行障害を改善させ、神経組織の修復に向かわせることです。組織修復には時間がかかりますから、ブロックはむしろ、注射の後日に効果が発揮されます。では、血行改善させるために、損傷した神経周囲の交感神経をブロックするとして、標的の神経実質に直接針を刺してブロックする有用性があるかどうかを考えなければなりません。標的神経の血行を改善させるには、むしろ神経の周囲に麻酔薬を浸潤させるべきであり、神経実質に針を刺して完全なブロックをすることはあまり意味がありません。神経実質に針を刺すと神経損傷は必ず起こります。治療を通り越して障害を作ります。ですから、真に治療目的で神経ブロックを行うのであれば神経周囲を全体的にブロックするコンパートメントブロックが適格であることがわかります。
神経根ブロックは透視下に造影剤を使い、神経実質(神経鞘内)に針を刺すことが義務付けられていますが、これは治療という意味では無用の長物であり、痛みが数時間完全に消失するというパフォーマンスにしかなっていないことを肝に銘じておく必要があります。このパフォーマンスが行われる理由は、少し深くブロックしただけで神経根ブロックの診療報酬(3万円)を請求する不届き者の医師を排除すること(医療費の不正請求防止)が真の目的であることを正しく理解しておかなければなりません。本来の「神経根の血流を改善する」という目的のためであれば、神経実質に針を刺す必要はありません。むしろ、実質に針を刺すことで、医療事故(しびれの残存など)が多発している現実を嘆きます。

交感神経の完全ブロックの必要性

交感神経を完全にブロックすることは標的神経の血流を改善する目的で行われるには過剰治療であること思います。神経根炎などを治療するのであれば、その神経根の周囲にコンパートメントブロックをするだけで十分であり、そのさらに根幹にあたる交感神経節をブロックする必要はありません。交感神経節をブロックすれば、血管の本流が拡張しますが、通常は神経根周囲の小動脈を拡張させるだけで、十分に治療効果が現れます。よって、治療したい神経根が定まっている場合は交感神経節ブロックは無用の長物であり、交感神経節実質に針を刺す必要もありません。交感神経節をブロックして手術するわけではありませんから、完全ブロックの意味がありません。交感神経節実質に針を刺してブロックすることが推奨される理由は、先ほどの神経根ブロックと同様の理由です。どのようなブロックにおいても、「神経実質に針を刺す」ことは推奨されるものではありません。神経実質に針を刺す行為はどこまで行っても神経組織破壊であることを肝に銘じておくべきです。針を刺せば必ず損傷します(再生はされますが)。それを無視する医療を行っている現在、ブロック事故が多発しています。

交感神経節ブロックの本当の意味

交感神経節をブロックする意味は「広範囲に血流増進」を計ることにあります。例えば、星状神経節ブロックでは、延髄から脳に至る広範囲の血管が拡張します。脳神経の修復(血流増進)のためにブロックするというように、標的神経に直接アプローチできない場合に非常に有効なブロックとなります。
さて、問題は神経節に直接針を刺入する必要があるかどうかです。神経節に直接刺入させた場合、交感神経節は麻痺し、支配領域の血管は拡張することでしょう。しかしながら、神経節周囲に浸潤させた場合と比較してどれほどの効果の差があるか?を考えなければなりません。何度も言うように、完全にブロックする必要があるのは「無痛にして手術をする」時だけであり、血管を拡張させて血流を増進させる目的で使用するのであれば、完全にブロックする必要はありません。神経節周囲に浸潤させるコンパートメントブロックで十分に治療効果が得られます。これは経験上わかるようになります。
ペイン科の医師たちはしばしば自分たちの行う交感神経節ブロックは「他の医者たちにはマネできない高等な技術を要するブロック」であると主張しています。その流れで彼らは「交感神経節実質に針を刺入してブロックしなければ効果が得られない」という雰囲気を訴えています。しかし、それは真実ではありません。コンパートメントブロックで十分に効果が得られることは同じペイン科の医師でもクリニックを開業し経験を多く積んだ医師であればよく知っているからです。しかし、それを公表すると自分たちの立場が不利になるでしょう。
真実は、交感神経節ブロックといえど、コンパートメントブロックで十分に効果が出るというところです。つまり、わざわざ交感神経節をしっかり狙い打たなくとも、適当に交感神経節の近辺に注射することができれば、実質を狙った時と同等の効果が得られます。

優れたコンパートメントブロックについて

交感神経は感情の高まりと共に必ず興奮します。よって交感神経節ブロックを行う際に医者が患者に恐怖感を持たせる、痛がらせる、などをすればブロックの効果が低くなると考えなければなりません。「どうせ交感神経節をブロックするのだから効果が低くなることはない」と常識的な医師は思うでしょう。しかしそれは真実ではない可能性があります。なぜならば交感神経節は全ての脊椎レベルで神経根と交通を持ち、1か所の神経節を完全にブロックできたとしても、神経根を介する側副路から情報が伝わっていく可能性があるからです。よって、交感神経節ブロックを行う際に、患者に強い痛みを与えてしまうと、せっかくブロックをしても側副路を介して神経の興奮状態が維持され、ブロックによる血管拡張作用が低下すると思われます。さらに、「注射後の痛みが残存」している場合、薬が切れた後は逆に交感神経が興奮し、ブロック前よりも血管が収縮して悪化することも想定しなければなりません。ですから、交感神経節をブロックする際には、「痛い注射、痛みが残る注射」をしないように細心の注意が必要です。痛みは交感神経を興奮させるからです。恐怖感が強い場合も交感神経節ブロックは効きにくくなると考えます。
これらのことをデリケートに考察すると、交感神経節ブロックを行う際には注射中の痛みや恐怖を極力排除し、注射後に痛みが残らないように工夫しなければならないことが理解できます。ではもう一度、ブロック時に神経実質に針を刺すことの意味を考えます。神経実質に針を刺せば、ブロック時に強い痛みを患者に与えやすく、神経自体が損傷し、ブロック後の刺入部痛を作る確率が高くなります。このデメリットを軽く考えないこと!が重要です。特に交感神経をブロックするという目的がある場合、このデメリットは治療の意味を180°変えてしまう可能性があります。よって、交感神経節ブロックでは特に!神経節実質を狙ったブロックを行うべきではない!と声を大にして述べます。

交感神経の興奮が痛みを増強させる

交感神経の興奮は血管を収縮させ、局所に阻血状態を作り出し、これが痛みのメディエーターを蓄積させることになり、組織修復も阻まれ、痛みの治療に大きな障害になることは医師であれば誰もが知っているでしょう。よって、交感神経をブロックする、または痛みをブロックする際に、「患者に痛みを与える」または「刺入部に痛みが残る」注射がいかに害になるかを考えなければなりません。これを考えない治療が表には出ない医療事故を多く作ります。
ブロック時には局所麻酔薬を用いるので痛みが麻痺して針で組織を傷つけてしまっても、そのことを患者も医師も認識できないことがあります。しかし、局所麻酔が切れるとズキズキ痛みが起こり、その痛みのせいで交感神経が興奮して局所に阻血が起こり、結局痛みが増えることがあります。これを防ぐにはブロック時には常に患者の表情を観察し、注射行為自体が痛みを作っていないか?を確認するべきです。患者が苦痛に顔を歪めた際は、小さな末梢神経を傷つけている可能性が高く、そのような場合には針を進めるのはやめ、少し抜いてから針の進路を変えるべきです。これを面倒くさがる医師は医療事故を何度も経験することになりそうです。基本的に注射後に痛みが残るブロックを行った場合、そのブロックは不成功であると厳しく自分を罰する癖をつけることをお勧めします。理由は前に述べたように、痛みが交感神経を興奮させ、局所の血行不良を招くからです。

コンパートメントブロックに徹する

「神経実質を刺さないこと!」を私は強く推薦します。これは「適当に刺せ!」という意味ではありません。神経周囲の筋溝間に適切にブロックしてほしいという意味です。コンパートメントブロックは注射時にほとんど痛みを感じません。筋溝間は注射液の注入圧が非常に低く、注射による組織損傷を最小限にできるからです(神経実質内に針を刺せば、必ず神経は損傷します)。
治療はメリット>デメリットでなければなりません。神経実質内に針を刺す場合、メリットが大きくなりますが同時にデメリットも大きくなり、治療が「運」任せになってしまいます。しかし、デメリットを最小限に抑えられるのならメリットが小さくても常にメリットのみの治療となり、回数を重ねれば必ず症状が改善されるでしょう。功を焦らないことです。

優れたコンパートメントブロックの手法

  1. 触診により、注射部を立体的にイメージし、標的の位置や深さを定める
  2. 定めた場所に最短で到達するよう刺入部を指圧する(指圧は神経血管の排除にもなる)
  3. 皮下組織を抜け筋組織を抜け筋溝間に達する「刺し感」を身に着ける(27G針)
  4. 5ccの注射器でシンリンダーを軽く押しつつ抵抗の少ない点を見つける(2.5ccの注射器は勧めない。軸がぶれやすくひっかかるので注入圧を感知できない)。
  5. 薬液を入れる最初の瞬間、患者は必ず痛みを感じるので最初の一押しはデリケートに。
  6. 抵抗の少ない点で少量注入したら必ず一度シリンダーから母指を外す(逆流チェック。血管内に針が入っているとこれで血液が逆流してわかる。シリンダーをわざわざ引くことは勧めない。引くと刺入点が動く。)
  7. 注射中に圧が高くなった場合は針先が抜けていることが多いため、1ミリずつ針を進めて圧の少ない点を探す。圧の高い点で注入すると注射後痛を残しやすい。
  8. 患者に注射の恐怖を与えないために無痛注射を心がける。無痛注射とは局麻をしながら注射を行うこと。つまり、局麻が効くまで待ちながら針を進めることを意味し、局所注射を3分以上かけゆっくり行うイメージ)。
  9. 注入は一定圧で行う(しかし、一定圧を保つのはかなり難しい。患者も医師も呼吸により針先が多少動き、針先にあたる抵抗物が一定しないからである。スナイパーがライフルで射撃する時のような精神状態が必要になる)。
 
ある程度の注意事項を示していますが、実際に手技となると上記のようにうまくかないものです。針先が動かないように薬液を注入する技術は、何千回も注射しなければ得られない技術だからです(特に頸部)。圧の少ない場所での注射を心がければ、そのほとんどがコンパートメントブロックとしてメリットの高いブロックになります。コツをつかむことができれば、質の高いブロックができる名医になれるでしょう。

優しい手技が奏効する例

私は現在、視覚・聴覚・嗅覚・触覚に非常に敏感に反応する脊髄炎の女性に頸部交感神経節ブロックの治療をしています。1%キシロカインを0.5cc注射するだけで目が回り吐き気や動悸、脱力などを起こす究極の過敏体質があります。詳しくは「闘病日誌参」。この患者に治療するにあたり、「効果を得るために注射を強くするか、副作用が出ないように注射を弱くするか?」の究極の選択を毎回迫られます。
ある日、彼女の体調が極めて悪く、副作用を減らすために極力弱い注射でデリケートにブロックを行いました。するとこれまで強い注射(濃度が高く、深めに刺す注射)を行っていた時よりも効果が高いことに驚かされたのです。すなわち、注射の際の痛みを排除し、気分が悪くならないように細心の注意を払い、副反応が出ないようにしてブロックをすることで薬効が高くなることを発見したわけです。このときはじめて、「交感神経節ブロックでは交感神経を興奮させないようにデリケートにブロックする必要があるのでは?」と考えるようになりました。
交感神経は感情と連動しており、気分不快や恐怖感、痛みを与えると、無意識に患者の交感神経が興奮します。そして私は考えます。交感神経節を完全にブロックしても、脊椎内の経路を通って情報が伝わるのではないか?と。つまり、交感神経節ブロックは全身麻酔でもしない限り、そもそも100%完全遮断が難しいと思えるわけです。よって、ブロックにより痛みや恐怖を与えてしまうと、交感神経節ブロックは効果が激減するかもしれないと推測しました。
そうではなく、ブロックによる神経遮断効果は少なくても、痛みや恐怖、注射の不快感をできるだけ与えないコンパートメントブロックの方が、効果が高いのではと推測します。その方がブロックによる血流増進効果が現れるのではないでしょうか。

まとめ

神経根ブロック(30000円)、交感神経節ブロック(3500円、15000円)と高額な手技料を請求できるブロックだけに、正確に注射ができることが施行条件(神経実質に注射ができることが条件)となっていますが、ブロック経験を積み重ねた名医は、神経実質内注射に欠点があることを経験上知ることになります。よって名医ほど実質内注射を避け、コンパートメントブロックを行うようになる傾向があります。
交感神経節ブロックなど血管を拡張させ血流をよくするためのブロックの場合、神経実質内注射で組織を傷つけることが逆に症状を悪化させることがあり、真に患者を治したいのであれば、実質内注射は推奨されません。
コンパートメントブロックは痛みが少なく、組織を傷つけず、とても安全であることから、「患者に非常に優しい」治療です。よって全ての神経ブロックでコンパートメントブロックをすることを強く勧めます。一度のブロックで強力に効かせたい気持ちはわかりますが、功を焦って神経実質内注射を狙うと、症状が悪化することにも遭遇します。そうではなく、害の少ないコンパートメントブロックを回数を重ねて治していく方法を強く勧めるという趣旨です。

優れたコンパートメントブロックの手法」への8件のフィードバック

  1. はじめまして。
    地方在住のワレンベルグ症候群及び頚椎損傷と診断された51歳のものです。
    友人からこういうサイトがあると当サイトを紹介され訪問した次第です。
    原因は定かでありませんが、後部自動車追突事故後半年して尻もちをついた後、カイロプラクティックで頚部ストラス法での施術を受け、その翌朝救急車で病院に搬送されました。
    現在、日常生活に支障が出ているものとして、耳鳴り、ホルネルによる右眼異常、回転性目眩、右顔面の痛み、嚥下障害(改善が見られますが、食事とくに水分補給の際難儀しています。食道にも痛みが走るため食欲にも影響が出ています。)、左頸部の痛み(これにより睡眠障害が起きています)、左半身の温痛覚麻痺および痺れ、右半身の巧緻運動不全(外出時に杖が必要です。)が挙げられます。
    発症から2年3ヶ月経っています。ブロック注射も末梢神経ではないからと受診した病院から断られています。また、複数の病院に通院(通院中も含め7つ)しましたが、投薬(降圧剤、鎮痛薬、睡眠剤)のみで処置なしとされていますが、この神経ブロックが上記症状に効くものかどうかお教え頂きたく記入させていただいています。
    ご回答よろしくお願いいたします。

    • 脳梗塞や脊髄損傷があってもなくても、耳鳴り、めまい、痛みなどを持っている方は大勢おられます。しかし、現医学では大きな病気を持っていると、併発した様々な症状が「大きな病気」のせいにされてしまい、併発した症状をまともに診察してもらえないという現症が起こります。これは世界共通です。特に痛みは原因がいろいろあるにもかかわらず、大きな病気を持っているとそのせいにされてしまいがちです。関連はありますが「大きな病気が全ての症状の原因」ではありません。よって、ブロックを行うなどの処置でいくつかの症状が改善される可能性は当然あります。さらに梗塞で死滅した神経細胞でさえ再生される可能性は残されています。よってブロック治療を工夫すれば改善する余地は十分に残っています。しかしながら神経細胞の再生は起こったとしても梗塞巣の周辺部位から少しずつ再生されるのみですから時間がかかります。よってブロック治療を開始したとしても、その成果はすぐに目に見えるものではありません。なおかつ、「治る保障のない症状」に根気良くブロックをしてくれる医師がどこにいるか? という問題があります。「治る保障がない症状への治療」は通常、保険が使えませんので自費になりますが、日本では自費診療が不利となる医療制度です。よって、献身的に様々なブロックを試してくれる医師はなかなかいないのです。長くなりましたが、どんな病状であっても、ブロックは軽快させる力を持ちます。しかし、リスクのある様々なブロックを試さなければなりませんので、それができる力量のある、寒邪に献身的な医師を探すことは極めて難しいといえるでしょう。

  2. ご相談があります。
    現在腰椎椎間板ヘルニアと診断されている47歳、女性です。
    2016年9月頃から腰痛がでました。20年ぐらい前に、仕事で重い物を持ってぎっくり腰になり、その時は接骨院で1ヶ月ほどマッサージ治療で回復しましたが、45歳を過ぎたころからたびたび腰痛が出始め、整形外科で湿布、電気治療をしばらくして回復ということをしてきました。
    今年の6月から月2回のヨガを始めた頃から左腰に腰痛が出始め、また整形で湿布、電気治療をしていたのですが、10月始めには左の太ももからくるぶしまで痛みが出るようになり、MRIでL5/S椎間板ヘルニアと診断され、保存療法を1ヶ月していくとのことで、痛み止め、コルセットを作って安静にする日々が始まりました。
    11月に入り、20日を過ぎても痛みは治らず、5分以上立っていると左足に痛みがおき、座っていても同じ状況、歩き出しても痛みで歩けないという、当初の様子と変わりなく、25日に仙骨ブロックをしました。
    6時間ぐらいは麻酔が効いていて、痛みはなかったのですが、その後麻酔が切れていつもよりも激しい痛みになりました。翌朝に少し痛みは落ち着きましたが、立ったり、歩くとやはり痛みが出てブロックする前と変わりません。
    主治医は、30日にもう一度仙骨ブロックをして効果を見ましょうというお話でした。
    私は仕事もしているので、このヘルニアで1ヶ月以上休職しており、早く仕事も復帰したいとおもっています。
    そんな中、京都の井福ペインクリニックで神経ブロックの抵抗消失法という治療を知りました。
    従来のように神経に直接針を刺すのではなく、その近くの周囲に麻酔薬ではなく抗炎症剤を注射するというものでした。
    仙骨ブロックも神経根ブロックも、麻酔薬なので麻酔が切れたら当然痛みは出てきます。もちろん、麻酔が効いている間の効果というものもよくわかりますが、飲み薬よりも強力な抗炎症剤を注射するという方法に、正直藁をもすがる気持ちになっています。
    椎間板ヘルニアがこんなに辛いものだと思わなく、もうこの痛みには精神的にも参ってきてしまっています。
    もちろん、痛みにはその人それぞれの理由と症状があると思いますので、必ずしも上記の方法が私に合うかはわかりません。
    ブロックで治らなけば手術と考えていたので、その前にこの治療をすることも検討してみたいです。
    長文で申し訳ありまさん。
    ご教授をよろしくお願いいたします。

    • 抵抗消失法というのは私が常日頃行っている手技であり、そういう治療をされている先生のようですので「痛くない神経根ブロック」が受けられると思います。痛くないブロックを行う技術は極めて重要かつ希少な技術ですので、この先生はかなり腕の立つ優秀な先生だと思います。どうぞ、わらをもすがってください。

  3. ご回答ありがとうございます。
    もう一つ確認したいのは、抵抗消失法の1回の神経根ブロックで、効果があっても、数日たつとまた痛みが出て再度ブロックをしている患者さんがいるということです。
    実は、現在新潟市に住んでおり、調べてみても新潟市内では抵抗消失法をしているクリニックが見つかりません。
    抵抗消失法をしていても、抗炎症剤ではなく麻酔薬を注射していたりします。
    京都までの時間、費用を考えますと、もし複数回の治療となると実際に2回目、3回目と通院することが可能か考えてしまいます。
    (その人の症状によって違うと思いますが、だいたい2回の抵抗消失法のブロックで寛解しているようですが。)
    思い切って手術に踏み切ったほうがいいのかとも考えています。

    • 思い切って手術に踏み切るのも選択肢としてありえます。手術で治すよりも保存的に治す方がお金と暇と労力がかかるからです。人それぞれ、健康・お金・時間には異なる価値観があり、その中のどれを優先させるかによって、選択肢が変化します。手術はお金も暇もかからず、効果が高いものです。その代わりリスクを背負う責任が生まれます。

       ただ、選択肢の中に、地元で普通の神経根ブロックを行ってみるというのもあるかと思います。

      抵抗消失法というのは、異端的な治療であり、異端児医師しか行いません。おそらく、その医師は「神経に直接刺さなくても、神経の周囲に薬をまくだけで症状が改善する」ことを自分の経験から発見し実践していると思います。よって全国から患者が集まるのだと思います。患者の立場になって治療を考える数少ない医師と思います。抗炎症剤とはステロイドのことだと推測します。厚生労働省はステロイドを使用することを推奨していないため、最近ではステロイドを用いる医師が減りました。国の方針一つで治療のスタイルが変わります。異端児の医師はそうした大いなる力に反抗して独自の治療法を生み出します。だからそういう医師はほとんどいないのです、新潟にいないのはそのためです。

       まあ、いろいろある選択肢は自分の価値観で決めるとよいでしょう。

  4. 62歳男性です。ブロック注射で検索していて、当HPにたどりつきました。
    20歳代にギックリ腰から椎間板ヘルニアを発症し、現在までに3回ほど入院治療する痛みにおそわれましたが、40歳以降は痛みなど無く生活していましたが、4年ほど前に両下肢の痺れや痛みが出て病院にてMRI診断して頂いたところL4,5の分離症とL5,S1のヘルニアと診断されました。
    投薬治療し痛み、しびれも無くなり通常の生活ができるようになりましたが、昨年11月頃より両下肢のしびれ、痛みが増強して再発しました。
    痛みは増強しましたが歩行には問題ありません。
    再度別の病院にて同様の診察をしましたが病状は同じでした。
    投薬治療を続けていたところ、担当医からブロック注射を進めてきました。
    こちらのHPでブロック注射に関して調べておりましたので、担当医にコンパーメントブロックについて質問したところ、「それは麻酔科で腰が痛い場合に施術する。あなたの場合は下肢の痛み、しびれがあるので整形で神経根ブロックを施術する」とのことでした。
    このような担当医の見解は正しいのでしょうか。こちらのHPに記述されていることとは反対の見解なのではと考えておりますがいかがでしょうか。
    また、私のように長期間にわたる腰椎の病気でも回復は可能でしょうか?
    ご教授のほどよろしくお願いいたします

    • 「担当医にコンパーメントブロックについて質問した」というのはやめておいたほうがよいと思います。コンパートメントブロックの概念はペインクリニック科の非常に優秀な医師たちの一部が行うものであり、広く理解されている概念ではないからです。ペイン科の医師たちは整形外科医とは違い、「患者に痛みを感じさせずにブロックを行う」ことを日常的に考えて工夫しています(非常に優秀な医師のみのお話です)。そうした努力が実を結び、神経根に直接刺さなくても、コンパートメントブロックで痛みもなく、神経も血管も傷つけずブロックを行い、それでも効果は神経に直接刺すのと同じ効果があることを知るようになり、そういうブロックをするようになったという流れがあります。

       一方、厚生労働省は「神経に直接針を刺して造影剤を流し込んで神経を同定しなければ、治療費を保険側が払いません」と宣言しているため、ほとんどの医師たちは必死になって神経根に直接針を刺そうとします。だからコンパートメントブロックは厚生労働省によって禁止されているも同然なのです。

       担当医の見解は厚生労働省や学会から見れば正しく、患者側からみると間違いになります。医師が患者の視点で治療することは、基本的に日本では禁止されています。よって、まじめな普通の医師はあなたの担当医のような意見となります。

       あなたの痛みがどこまで軽快できるか?は治療してみないとわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です