画像診断学

脊椎単純X線計測法 ~その実践~

安価で手軽な検査である単純XPは骨格のバランスを診るという目的においては、CTやMRIが普及した現在でももっとも有効で有用な診断ツールである。が、X線の計測法の詳細を医師たちが学ばないため、または統一された計測法がないため、計測者の主観によって事実が歪められ計測がいい加減になるというたいへんもったいない状況が続いている。統一された計測法がない現在では、XPを評価した脊椎の研究が進みようがない(進んでも信用に足らない)。私は自分が脊椎の調査研究をする上で、自分なりの取り決めをして計測した。その方法を皆に真似てほしいというような傲慢な考えはない。ただ、今後の脊椎研究に少しでも役立ってもらえればという思いと、私の文献(計測法)の公正さを示すために記した。医学の研究というものは公正さを欠いたものは価値が低くなるどころか、有害なものとなってしまうこともある。そうならないための自分なりのけじめであるが、他の医師が読んでも考えさせられるところが多々あると思うので、今後の研究のために少しでも参考になればと思っている。→続きを読む

腰椎XPは立位でなければ意味がない

腰椎の診察の一手段として単純XPを撮影することは全国どこでも一般的であろう。多くは正面、側面、斜位の合計4方向を臥位で撮影する。しかし、もっとも診断に重要な意味を持つ側臥位は、実は診断価値の低いものであるということをほとんどの整形外科医が認識できていない。ここでは側臥位での撮影がいかに正確性に欠けるものかということを筆者のXPを用いて証明する。→続きを読む

Sharp角の診断価値の低さの検証

私は別に過去の権威者の作成した診断基準を否定して彼らの名誉を傷つけようなどとは思っていない。ただ、真実を知ることはこれから医学を学ぼうと思っている者たちにとって有意義であるから、敢えてここに真実を述べる。そういう意味で現在世界的に通用している股関節臼蓋形成不全の診断基準であるSharp角が実際は診断価値があまり高くないことをここに述べる。特に厳密に検証することは敢えて避ける。興味がある研究者は立位や臥位、腰仙部奇形の有無によってこれらの角度が容易に変化することを検証するとよい。ここでは簡単に概要を述べる。続きを読む
 

腰椎XPの読み方

ここでは知っているようで実は知らない、そして教科書では習わないXPの読み方を解説する。椎体は円柱の形をしていると思われているがそうではない。椎体の前方は丈が長く、椎体後方の丈は短い。側面から見ても明らかに台形の形をしている。つまり後方に傾斜している。台形の角度は下部腰椎になるほど急角度となる。L1椎体の台形の傾きはわずかであり、ほぼ長方形に見える。しかしL2,L3,L4と下部に行くほど台形となり、L5腰椎は10°近くの傾斜がある。続きを読む

医師も知らないMRIの常識

  •  MRIで異常がなければ「異常なし」、つまり「痛みがあるのはあなたがおかしい」と言われ(思われ)る。
  •  MRIで異常があれば「異常あり」、つまり他に痛みの原因があったとしても全てMRIで指摘された部分のせいと言われ(思われ)る。
  •  MRIで異常を指摘されないならば手術は必要ないと言われ、MRIで異常があれば「手術すれば必ずよくなる」と言われる。
これはほぼ世界の常識であり医師世界の非常識でもある。世界はMRIを中心に病態を考え始め、患者の痛みの原因の本質が何であるかを考える思考を止めてしまった。最近数十年の話である。MRIがあるから、医者は頭を使わなくなった…こういうMRI神話が異常であるということは医者ではない人であっても気づき始めている。(「MRI神話は終わった」を参照)。しかしMRIを絶対といまだに信じている医者は少なくない。続きを読む

 正しい生理的後弯の定義

頸椎の側面単純XPを撮影すると少なからずストレートネックや後弯ネックがある患者と遭遇する。これらの形態は正常ではないと言われつつも以下のような理由で病的意義を見出せないでいた。それは
  • 1、異常がなくても姿勢や重心移動の変化で後弯化する
  • 2、痛みのある患者が一時的に防御姿勢をとって後弯化する
  • 3、後弯ネックの診断基準がなく見た目の直感で決めつけている
などである。よってXPでストレート(後弯)ネックを見つけてもそれが病的なのか生理的(姿勢が悪いだけ)なのか? 一時的なのか慢性的なのか? 後弯であると何がどうからだに悪影響するのか?全くわからないのに適当な自論(推論)を患者に吹聴するといういい加減な状況が続いている。これらのいい加減な医学を脱するためには後弯のメカニズムを調査し、正常と異常の区別をするための診断基準を作成しなければならない。→続きを読む

高度な脊柱管狭窄を示しながら症状が乏しい例

ここでは、脊柱管断面積が正常の20分の1という極めて高度な脊柱管狭窄を示しながらも、症状が強くない男性を挙げる。MRI画像所見を絶対視するのではなく、画像と症状が一致しない例がちまたにたくさんあふれているという目で見ていただきたいと思う。この逆もしかり。下肢両側びまん性に症状があれば、これまでは馬尾症候群と判断していたと思う。しかし、高齢になれば椎間孔が何か所も狭窄し、び漫性の症状を呈している場合もあるということ。教科書的な安易な考えは誤診の元であるので注意したいところである。本文が両側び漫性の下肢症状=馬尾症候群と短絡的に決めつける思考回路を、もう少し建設的に考えるきっかけになればいいと思っている。ただし、本文はかなりマニアックな画像調査であるのでななめ読みでは理解できないのであしからず。→続きを読む

確実な腰椎高位診断法

放射線科の医者と整形外科の医者が腰椎にナンバーリングする際に、お互いの意見がかみ合わないことがしばしばあることは世界中で見られる日常茶飯事な現象である。そしてあってはならないことであるが、高位(手術の場所)を誤って腰椎の手術をされたという患者も決して少なくない(毎年必ず起こっている)。おもしろいことに、これだけ問題にされている腰椎の高位診断のミスを、まともに研究し、それをなくそうとする動きがない。今回私は腰椎の破格について全年代において調査をした。すると今までの医学的知識では腰椎の高位が診断できないことを発見した。腰仙部の破格はこれまでの教科書に掲載されていた割合よりもはるかに多く、しかも移行椎が各種存在する(これについては追加報告する)。→続きを読む

仙骨孔の同定法

仙骨の破格を調べるためには仙骨の単純XPを読めなければならない。また、腰椎の高位診断のために仙骨孔のナンバーリングが必要になる。が、この部分は1、破格が非常に多く個性に富む、2、成長過程で形態が変化、3、骨格の重なりが複雑、4、腸管ガスや糞便が重なる、などの理由により読影が非常に難しい。特に仙骨孔は後仙骨孔で丸く、前仙骨孔で楕円で横に長く、上位で前後の距離が長く下位で短いなどの特徴があり同定は極めて難しい。ここではその同定方法について詳しく述べる。→続きを読む

単純XP測定誤差についての調査 ~脊椎機能撮影より~

脊椎の動的な不安定性、イレギュラー性を調査するにはニュートラルな状態での椎体・椎間板などの計測と、屈曲(伸展)時の計測との差を算出しなければならない。当然のことながら静的な一つの画像を計測するのと比べると、二つの画像を比較する結果は単純に倍の誤差が生じる。椎体や椎間板の計測は側弯があったり体が少し傾いていると輪郭が二重になり、どこを計測して良いのかわからなくなるというのに、二つの数値の差を出すということ自体、角度なら5°や10°の誤差は当たり前と思わなければならない。それはどんなにていねいに、どんなに厳密に行っても避け得ない。→続きを読む

画像診断学」への2件のフィードバック

  1. 整形外科にて放射線技師をしておりますが、興味深く拝見させていただきました。
    一つお尋ねしたいことがあります。
    腰椎撮影を坐位にて行った場合は立位に比べて如何でしょうか。
    高齢者の場合、立位を保持することが難しいことが多いので。
    恐れ入ります。

    • 坐位での撮影で問題ないと思われますが、坐位では大腿直筋がゆるむので骨盤が若干後傾します。その分、生理的な腰椎の前彎が消失しやすいという点があると思います。アライメントを読みたいのでしたら、やはり立位がよいかと存じます。

大木 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です