コレステロール値が高いと不明熱が続く

日本医事新報No.4692「臨床検査値の落とし穴」に「高コルチゾール値を示した副腎機能低下症の1例」があった。主訴は浮遊感、食欲不振、発熱が2週間以上続く。低Na血症を示し、副腎皮質機能低下症を疑われたのだが、コルチゾール値が高くて不思議だなあという話が掲載されていた。


この謎解きは、副腎皮質の機能が低下していてもストレス下には高値になることもあるという「落とし穴に注意」という話であった。しかし、「なぜ、副腎皮質機能低下が起こるのか?」について論ずることができる医師は多分いない。


私は高コレステロール血症があると、たとえ経口薬でコレステロール値を正常化させたとしても、ステロイドの少量負荷で副腎機能、及び下垂体機能低下を招きやすいことを2年前に発見し、そのデータを論文化しているが学会には発表していない。唯一このサイトに掲載してはいるが、世間に広めようとは思っていない。混乱を招くからだ。知らぬが仏という言葉通りである。


コレステロールが高ければ、ストレスを感じた時に自分の副腎皮質からステロイドが分泌され、そのステロイドが強烈に下垂体にネガティブフィードバックをかける。よって下垂体機能が低下し、さらに副腎機能低下が続発する仕組みがある。今のところこの仕組みを知っているのは私だけである。


下垂体機能―副腎機能低下が起こると、体内で起こっている炎症現症の熱処理ができなくなるので、微熱が続くようになる。微熱の根本原因が高コレステロールにあるかもしれないなどというおとぎ話を、今のところ信じる医者は皆無である。


別に、それはそれで構わないが、このサイトを偶然発見し、偶然、この文章を読んだ方には真実を述べておこう。高コレステロールは動脈硬化が怖いだけではないということ。ストレスに耐えられない人体を作ってしまうということを頭の端に入れておいていただければよい。

コレステロール値が高いと不明熱が続く」への2件のフィードバック

  1. 私の症状とぴったり合っています
    微熱がずっと続くため、病院に行って血液検査をしました。普段は野菜中心の食生活を心がけているのですが、血中のコレステロール値が高く橋本病などの甲状腺の病気ではないかと診断されました。

    どうしようとても不安です。
    どういったことが懸念されますか?

    • 私の論文では、コレステロール値が高い方は副腎でのステロイド生産が低下するのではないかという推論を述べています。しかし、この理論が不明熱を解明することにはなりません。不明熱は原因を調べることが極めて難しいので不明熱と言われているのであって、どういうことが懸念されるのか?を知るためには検査をいくつもいくつも受けて、それでもわからないことが多いものです。ここで質問して予測できるほど甘くありません。不安になるなとは言いませんが、いたずらに不安がる必要はありません。

       不安は知識が不十分であると起こる心理現象です。全てを知ればあきらめがつくものですから。現時点で知るべきことは、現医学は「ほとんど原因を見つけることができない学問」であるということ。高血圧・高脂血症・糖尿病・アトピー・喘息・自律神経失調症・精神病などなど、原因がわかっているものはほとんどありません。発熱や痛み・しびれでさえ、原因をつきとめられるのは半分くらいです。知識がないと不安は起こる。では知識とは何でしょう。それは「現医学では何もわかっていないということを正しく知る知識」です。厚生労働省や大学が、己の権威を示すために「医学で何でもわかっている」と国民を教育しているだけであり、事実は「医学では何もわからない」のです。

       だから不安が起こるという原理をまず知ることです。「医学では何もわからない」ことを知れば不安になる前に「あきらめがつく」のです。そして本当にあきらめた人には真相追究への道が拓けます。真相は現代の科学など全く及ばない領域にあることが多いです。その領域をここで述べたところで、私はあなたに「キチガイ医者」と思われて信用されません。もし、あなたが現医学で解明されていないことに幅広く理解を示すことができるほど頭が柔軟になれば、ようやく聞く耳ができます。聞く耳ができるようになるには、病院をたらいまわしにされ、それでも治らない、西洋医学と決別・・・いろんな治療法を試みる・・・という段階を経る必要があり、今はまだその段階ではないと思います。

       例えば、両親が離婚する理由を子供に説明するには、子どもが大人になってからでなければ無理なように、真相を説明するには、学校教育から一旦離れることができるようになるほどに真実を見る眼が成長してからでなければなりません。それ以前に説明を試みたところで、あなたがその説明を跳ね返してしまいます。まず、頭を柔らかくする第一歩として「現医学では原因が何もわからないものがほとんどである」ということを受け入れることです。それがスタートです。

      追伸、副腎機能を調べてもらいたいならば、そのように担当医に言ってみてもよいと思いますよ。ACTHやコルチゾールを調べます。

なな にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です