電子カルテの弊害

最近では大きな病院はほとんど電子カルテになっている。しかし一方でこの電子カルテは種々の問題を起こす。


電子カルテの内蔵ソフトはいろんな大企業がしのぎをけずって開発合戦をしている。逆に言うと全国に共通の電子カルテソフトというものがないことを意味している。


病院ごとに電子カルテのソフトが違うものだから私のようにパートで何軒もの病院で働く者には、そのマニュアルを覚えるまでに相当苦労することになる。


私はパソコンに関しては中級クラスの腕を持っているのでキーボードを打つのも早く、手書きの何倍ものスピードで会話を入力できる。しかし年配の先生方にとって電子カルテはあまりにも面倒で強いストレスを生むものとなっている。


病名変換や各種ウィンドウを表示させるために神経を注がなければならないため、患者との会話に神経が集中できなくなる。そのせいで診察がおろそかになったり、患者の重要な病気のサインを見逃したりすることにつながりやすい。


今はi-Padなどの端末で手軽に電子書籍を読むことができる時代となったが、その時代においても新聞・雑誌・書籍がなくならない理由を考えてみよう。それは全体をざっと通し見するということが電子書籍には不可能だからだ。


雑誌や書籍などの紙媒体では見たい記事、目次に瞬時にワープできるが電子書籍の場合ワープさせるには手間がかかる。それどころかキーを押し間違えたりすることで予期せぬエラーやブックマークがふっとんだりすることもあり、実際時間的なロスがあまりにも多い。持ち運びという点において電子書籍の場合、端末にショックを与えないよう神経を使うし、気軽にどこかに置き忘れやすい。


また、紙媒体ではどこがどのように悪いのか?を簡単なイラストを描いて伝えることができるが、電子カルテにはイラストがたやすく書き込めず、的確な情報を伝えにくいという点がある。


まあ、汚く読めない字が一斉になくなることがせめてもの長所だが、電子カルテは事務作業が軽減され、会計が簡素化されてとりっぱぐれや請求漏れがなくなるということ以外に、医者と患者にとってメリットがあまりないように思える。


検査伝票の受け渡しにメッセンジャーが走りまわなくて済むようになり人件費が浮き、倉庫にカルテを取りに行く必要もなくなった。しかしその代償は患者が払っていると言えるかもしれない。


「先生が顔もまともに見てくれなくて、まともに診察してくれないんです」といった苦情が患者から出るようにもなったという。それはそうだろう。患者の顔を見るよりもモニタ画面を見るのに必死になってしまう。どんなに入力に慣れて素早くなったとしても手書きカルテ以上にスピードが速くなることはない。


まあ、電子カルテが悪いと言っているわけではない。その恩恵も確かにあるだろう。だがその入力作業を医者にやらせたつけは患者が払う。全ての治療が企画内、ソフト内の項目を参考に行われるためオリジナルの治療ができなくなるだろう。


電子カルテ導入のおかげで医者の治療作業までが単純化、そして画一化される。カルテソフト内の選択肢でのみ治療方法が選ばれてしまうデメリットのことを誰も考えていないように思う。


全てが厚生労働省のお墨付きを得た治療のみにすると、私のようにオリジナルの治療法で患者を救おうとする者の活路を絶つ。オリジナルの教科書通りの治療では患者が救えないからこそ苦しんでいる患者がごまんといるというのに、すべてを画一化することになる電子カルテの導入は、新たな治療法を開発するモチベーションを医師から消失させることにならないだろうか。


私は日々、常に新しい治療をトライしている。そして、そういった新しい治療でしか患者の痛みを取り除くことができないことを体験している。調理師が醤油だけでなくみりんを入れたり出汁を変えたり、材料の切り方を変えて日々おいしい料理を開発していくことを考えてほしい。


単に薬ひとつにしても、飲むタイミングや回数を変えただけでも効果が劇的に変わることさえある。しかし、電子カルテではそれが許されない。ソフト内に存在する治療法でしか治療をすることが許されない。


調理師が調味料の使い方をすべて指定されてしまえば、新しい味を開発することができないのと同じように、医者が電子カルテで薬の用法、用量を固定化されてしまえば、新たな治療が施される余地がなくなってしまう。特に私のような「何としてでも患者の痛みを取り除こう」と創意工夫する医者にとっては、この電子カルテはその命を奪い去ってしまう。


私はもうそういった事情を知り尽くしているからいいが、これから医者になった若者たちは電子カルテによって治療法を画一化されていることにさえ気づくことなく医者の生涯を終えることになる。これがどれだけ患者の不利益につながるか?想像すると悪寒が走る。


電子カルテは医者の治療をデジタル化してしまう。人間にデジタル治療が通用するほど甘くない。人件費の省略、データの共有化、誤処方などの減少というメリットのために抹殺されるデメリットはあまりにも大きい。そのデメリットに気づくのは私のような治療に創意工夫をする異端児医者だけだろう。


将来、私のような異端児医者が大勢生まれることを期待しているのだが、電子カルテの普及によってそれが阻まれるような気がしてならない。これが私の思いすごしならよいのだが。