医師(研修生)募集・日常損傷病学

現代医学の100年先を進む医療技術を伝授するための研修制度を発足し、今年4月より医師・歯科医師を募集します。研修の目的は現代医学を超えた治療技術を持つ医師を育て、全国全世界で独立開業させ「現代医学で治せない」とされている様々な病気を治すことのできる新たな医療体制を作ります。その大変貴重な新医療体制の初代の研修生を募集します。真に人々を救済する医療を目指す医師、本気で治療技術の限界を広げたい医師を募集します。

比類なき圧倒的な医療技術

私はこれまで権威と呼ばれる教授、医師、大学病院、専門病院で治らないと見捨てられた難病の患者たちばかりを全国から集め、そして高い確率で改善させてきました。それは西洋医学の概念から見れば奇蹟としかいいようのない比類なき治療実績です。治した病気の種類はほぼ全ての科にまたがり、科の垣根がありません。
西洋医学ではそうした「奇蹟を起こすことが可能」と記載されているのは麻酔科の教科書だけです。麻酔科の教科書だけに「星状神経節ブロックの効果」として「あらゆる難病を治すことができる」ことが堂々と記載されています。よってペインクリニック科のベテランの医師はブロック注射の工夫により「今の医学では治らないとされている様々な難病が治せる」ことを自分の治療実績として少しは体験するものです。しかしペインクリニック科はマイナー中のマイナーであり、治療実績を論文発表したところで一蹴されるのみ。そしてブロックはリスクを伴うため、そのリスクをクローズアップされて他科からの潰しにあい世の中には出られないという負の宿命を負います。
私はさらにペインクリニック科の医師たちが見放した患者たちを全国から集めて治療にあたり、そして成果を上げています。なぜそういうことができるのかを教えます。この技能を次世代に伝えてこそ私の人生であると考え、今年から研修制度を発足します。

国家が崩壊しても安泰の医療

私たちの医療技術は医療保険制度が崩壊しても、自費診療を行っても、過疎地や過密地で経営しても、繁盛し続けることが保証されるほど圧倒的な治療技術です。よって保険制度が崩壊しても、高齢化社会に国が病んでしまっても、クーデターが起ころうとも、乱世でこそしっかり根付いていける強さを持ちます。この治療技術を身に着けることは開業医としての生涯を極めて安定したものへと導きます。どのような治療技術があるのかについてはこのサイト内を隅々までお読みいただければわかります。ただし、ここに掲載してある治療実績はほんの一部にすぎません。今後はあなたが実践し多くの難病患者を改善させ、それをぜひ世界に向けて発表してください。

経験不問

主に注射の技術を研修していくことになりますが、今まで特殊な注射をしたことがない医師であっても全く問題ありません。研修の期間が増減するだけです。私たちにもっとも重要なことは難病を治せる注射の技術ではなく、危険を回避し、リスクの高い患者にさえ安全に治療ができる技術を学ぶこと、そしてあきらめない精神力を養うことです。大学病院が常に無視し、もっとも苦手とする技術です。
医師たちは治す技術を学ぼうと必死になりますが、「安全にできる」技術はそのはるか上を行く高度な技術です。真に学んでいただきたいのは危険回避です。高齢者・合併症患者・特異体質の患者たちにどれだけ安全に治療できるか?が医師としての腕であり、危険回避の技術は一生かけて精進しても習得しきれないものです。
治療方法だけを学ぶのであれば1週間で十分ですが、危険回避を学ぶには一生かけても足りません。そして危険回避の技術はベテランの医師でさえ不十分です。よって経験はほとんど関係ありません。未経験者、内科医、精神科医など普段注射をしない先生方でも習得いただけます。ベテランの先生では研修期間が短く済みます。

歯科医研修

非定型歯痛、顎関節症、三叉神経痛を根治させる技術を習得していただきます。歯科医は黒字経営が極めて難しい時代です。自費診療で経営ができる高度な技術を身に着けなければなりません。その技術獲得に協力します。上記の疾患を治療できるようになれば、特殊な機械を購入しなくても経営が成り立ちます。開業が即座に現実化します。

研修技術一覧

  • 危険回避技術 卓越した医療技術とは危険回避気技術から始まり危険回避技術に終わります。もっとも重要な技術であり、かつもっともおろそかにされる技術です。この技術が医療技術の中枢であり適応を広げる唯一の手段です。オリンピック選手や要人、子供、家族など「絶対にささいなミスやわずかな副作用も許されない世界」の技術を身に着けることで治療だけではなく予防医学にまで手を広げることができるようになります。例えば入試で合格するための治療、オリンピックで金メダルをとるための関節保護の注射など、その応用範囲は無限です。医療を「病を治すため」ではなく「豊かにするため」に使用できる技術を身に着けることができればあなたの右に出る医師はいなくなります。最高の医師とは、奇病を治す技術ではなく、一人として現状以下にさせない技術を持つ者です。その崖っぷちに立つためには危険回避技術を一生磨き続けなければなりません。
  • 上頚神経節ブロック 超音波診断装置を用いて精密に頚部交感神経節を狙い打つ技術です。一般的な星状神経節ブロックとはけた違いの治療効果を発揮し、適応範囲は認知症、精神疾患から自律神経失調症、難聴、眼科疾患、三叉神経痛、高血圧症まで非常に幅広いものがあります。安全にできるようになれば適応範囲が無限です。
  • 神経根ブロック 神経根ブロックは手術回避不可能と言われるような神経痛、神経麻痺を根治できる非常に強力な治療法です。これを頸椎から胸椎・腰椎・仙椎までブラインドで行う技術と透視下に行う技術、さらにはそれらを無痛で安全に行う技術を習得していただきます。これまで脊椎手術の適応とされてきた重症な神経痛患者全員が適応となり、脊椎手術の件数を激減させることができます。
  • 全ての関節内注射 顎関節・指関節・椎間関節・股関節など、人体のほぼすべての関節に注射ができる技術。これにより、リウマチや膠原病疾患を注射一つで寛解させることができ、変形性股関節症などで手術回避不可と言われる患者を現状維持にとどめることが可能となり、まさに整形外科的手術不要の新たな世界を構築できます。特に、顎関節症や指関節症の有病率は高く多くの人々から切望されている注射技術です。
  • ステロイドを安全に使用する技術 副作用が出ないようにステロイドを用いるには技術と患者個人に対する厳重な観察が必要です。ステロイドの知識を持つことにより「危険極まりないステロイド」は「この世から整形外科的手術を全て不要にしてしまえるほど威力のある宝刀」へと変わります。
  • 判断力の習得 注射技術・安全技術を伴に最高になるまで磨いたとしても、治療力とは直結しません。その理由は治療には場所とタイミングと頻度と量と組み合わせが無限にあるからです。また治療法は医師の都合で決めることができるものではなく、患者の都合で治療回数や頻度が制限され、その制限の中で最大値を見つけ出す工夫が必要です。患者一人一人にありとあらゆる思考をはりめぐらせ、工夫をしてはじめて治療技術の向上が治療力に変わります。工夫への道のりは極めて険しく責任も重大で精神の消費も莫大となります。治療には無限通りの工夫がありガイドラインがない真の医療を学びます。
  • コラボレーション力 西洋医学の医師一人で全ての難病を治せるという傲慢な考え方を捨てます。代替医療の力を借りなければ治せない疾患がいくらでもあります。よって代替医療をどのタイミングで用いるのかの判断を学んでいただきます。

研修の流れ

研修は1週間に1単位(半日)から受け付けます。研修期間は半年単位です(それ以下はありません)。曜日は火曜・金曜・祝日を除いた曜日(日曜日も可能)です。東京(東京駅から30分)に通勤していただきます。飛行機や新幹線での通勤も大歓迎します(交通費は2万円まで支給)。給与は基本的に1単位1万円(税込み)から開始。治療数が増えていくにつれて最大で1単位5万円まで昇給あり。経験不問、研修医も研修可能です。
話だけでも聞いてみたいという方はこちらにご記入ください。