患者様から著者へのアクセス時のご注意

 
  1. まずはお悩みの症状、いきさつを、興味をもったページの最後の方に「コメントを残す」という欄がありますので、そちら(興味を持ったページ)の方に書き込んでください(ここのページには書かないでください)。名前は仮名にし、個人が特定できる情報を書き込まないでください。いきさつを書き込んでいただけない方の診療は行いません(ひやかしを排除するためでもあります)。
  2. その際記載するメールアドレスはPCのアドレスをご用意ください。携帯のアドレスであると受信が拒否されることがほとんどです。PCからのメールが受診拒否になっていないなら携帯のメールでもかまいません。
  3. まずはこのHP上に返信しますので内容をご確認ください。なぜなら、同じ症状に悩む方が全国におられますので、その方たちのためにやりとりの内容が参考になるからです。
  4. 記入したアドレスにgmailから私の診療所の情報を送ります。迷惑メールのフォルダも必ず確かめてください。
  5. 診療所は東京にあります。通院ができない場合はあきらめるしかありません。その理由は私には現在のところ弟子がいないので、全国各地に私と同じ治療ができる医師を紹介することができないからです。私の治療は常に創造的で流動的に対応しますが、それは唯一無二であることを意味しています。ですからわざわざ東京に足を運んでいただくしかないわけです。
  6. 治療計画は私が提案しますのですりあわせますが、連日の治療、数か所同時の治療となると保険が使えなくなり自費診療になります。ただし法外な料金を請求することはありません。
  7. 診療所は完全予約制で遠方からのご来院であっても30分以上の診察時間を割くことができません。よって必ず30分以内で終われるように、先にメールでこれまでの病歴(どこの病院でどのような治療を受けて結果がどうだったか)を詳しく教えておいてください。会話が長いと治療時間が短くなり、結局治療ができません!
  8. 遠方から来られる難病の方の治療は「病院側にデメリットが多い」「医者側にも精神力の負担が大きい」ことを認識しておいてください。横柄な態度をとられますと診療を中断させていただきます。
  9. 一度の治療では治らない可能性が高いでしょう。しかしどのくらい通えば軽快するのかは実際に治療をしてみないことにはわかりません。治療する前に予測することはできませんが、参考になる前例はお伝えします。
  10. 「敵は本能寺にあり」。つまり、あなたが私の治療を受けたいと思った時に、それを阻止しようとするのはほとんどが家族です。私は無名の医者であり、権威がない分信頼性に劣っています。家族に相談すると、たいてい反対されると思いますのでどうか家族と戦ってください。私にはお身内にいる障壁を取り除くことはできません。私は自分の信頼度がどのくらいあるのか?を全てこのHPに記載してあります。これだけの研究を一人で行っているということが信頼の確固たる証ですので、それを参考にして人を信じていただく他ございません。
  11. 現在、脳・脳幹・脊髄系の難病を根治療法を提案できるのは恐らく私しかいません。治療できるといっても、症状が進行しすぎている場合、私が数回治療しただけでは回復させることは不可能だと思います。ただ、それにしても私の治療は最後の光明であることは確かです。勇気を持ってアクセスしてきてください。患者様にリスクを負わさない努力を最大限行っております。
  12. ないものねだりはできません。働きながら病気を治したいという場合、治療効果は激減します。患者はリストラされる恐怖で仕事を辞められず、結局治療が成功しないこともあります。「原因が知りたい」「病名をつけてほしい」という患者様は私のところにアクセスしないでください。現医学には病名のない奇抜な症状が無数にあります。それに病名をつけられるのは権威ある医者のみです。私は権威がありません。症状を軽快させるために私のところに来院するということを肝に銘じておいてください。ではお会いできるご幸運を!

患者様から著者へのアクセス時のご注意」への22件のフィードバック

  1. このページへの質問は不適切ですのでこちらのページの最後に投稿を移動させました。なお、何度も申し上げておりますが、ドコモの携帯メールアドレスにはPCからのメールが拒否されることが多いですのでご注意ください。

  2.  ここには書き込まないでください。ここの注意書きをよくお読みください。コチラのページに移しました。

  3. このページには書き込まないでください。ドコモのアドレスはPCからのメールを受け付けないことが多いです。投稿はこちらの最下端に移動させました。

  4. ここのページには書き込まないでください。こちらに移動させました。尚、ここのページに書き込んだ場合、移動させるための手間がかかりますので、回答は遅れます。

  5. 一応回答しておきますが、このような内容の投稿は悪意とみなし受け答えしません。悪意でないことを証明するには、長文で現状を相談する以外にありませんのであしからず。

  6. ここのページには書き込まないでください。こちらに移動させました。尚、ここのページに書き込んだ場合、移動させるための手間がかかりますので、回答は遅れます。

  7. 膝関節壊死症と診断され手術を勧められています
    先生に診て頂きたくメールをしました。

  8. ここのページに書き込んだ内容は、削除します。きちんとした回答をご希望であれば、上の内容を再度読み直していただき、他のページに書き込んでください。

    • 脊髄炎の詳細がわからないことにはブロックに踏み切ることはあせりすぎかもしれません。現在、その脊髄炎は活動中なのか?していないか? 脊髄炎の原因が、ウイルスなのか細菌なのか自己免疫なのか? そうした情報がないうちにブロックを行うことにはリスクが伴います。リスクは自分で責任をとるからブロックを希望すると言うのならしてもかまいません。ブロックするとしたならば、胸部硬膜外ブロックが第一候補にあげられます。

  9. 初めて書かせて頂きます。主人が二年程前に、突然口元に違和感を覚え始めたかと思うと、首が反るようになり歩行も不便になり頭を支えていないと歩けない様な状況になりました。35歳で脳梗塞を患い、鬱も発症しずっと神経内科、精神科を受診しており二年前は薬の調整が何度かされていた頃です。総合病院の脳神経外科も二件程受診しましたが原因は分からず、ストレスだろうと締めくくられました。その後より現在に至るまで、毎月の定期健診にて通院する他やりようがありません。今のところリハビリも出来ないからと手を挙げられた状態で、主人も体が思うようにならない辛さが増すばかりで、何もかもがやる気が出ない毎日を過ごしています。家族も何をどうしてやれば良いのか苦悩する日々が続いています。少しでも本人が体がの状態が良くなって元気を取り戻せればと毎日模索しております。私自身も去年より乳ガン患者となってしまって、余計にもお互い病気に負けない暮らしをしていきたいと願っております。ご意見よろしくお願い致します。

    • たいへんな状況をお察ししますが、まず、このページには記載しないでください。と何度も書いているのですが、上の文章をお読みになっていただけていないようでまことに残念です。

       このサイトは広く「治らない病気」にかかっている人に「一筋の光」となるようにと作っているサイトですので、病気の情報・相談内容は「誰もが読めるように」公開しています。この趣旨にご賛同できない方は「私は診療しない」方針を固めています。よって、ここのページに書き込むのではなく、興味を持っていただいた論文の場所にお悩み事を書き込んでいただいています。

       また、携帯のメールアドレスでは返信が拒否されることがあることが多いので、パソコンのメールアドレスを書き込む方がよいと思います。メールが届かない場合、連絡がとれず、ご縁がないことになります。私は現代医学で治らない症状を専門に治す医師ですので、私との縁は人生を変えるレベルに影響することが普通にあります。にもかかわらず、ご縁がないのはもったいない話であると思いませんか?
       まあ、私にも治せないものはありますので、あまり大きなことは言いませんが、私は普通の医師ではないことだけは確かです。

       また、ご主人を治すためには、模索だけでは無理です。治せる人を探すにしても、その人に敬意を払わなければ無理なのです。なぜ敬意を払わなければならないのか?はそれが難病だからです。普通では治らないものを治すには、治す者も普通の精神力では治せません。普通ではない特別な精神力をかけてやっと治せるものであっても、治療費を何十倍も徴収するわけでもないわけですから、それはそれは治療師に大きな敬意を払わなければならないわけです。

       そういう礼節を守る意志がなければ、どのみち治すことができない難病ですので、礼節のない方には最初から治療しないことになります。なぜなら、そういう治療師には全国から難病の方が押し寄せてきているわけですから、「治る可能性のある方」を優先に診療しなければならなくなるからです。礼節のないかたは、はっきり言って治せません。難病は患者側の尽力・信じる心がないと治るものではないからです。

       全世界にはあなたのご主人と同じ病状で苦しんでいる人が数えきれないほど存在しています。その方々はただあきらめるしかなく、死を待つわけです。そういう方を救い出すには、患者側の「信じる力」が必要になります。が、礼節のない方は、信じる力がないので、どうせ途中で治療がとん挫するのです。

       このページには患者側のご作法を書いているのですが、その作法を読まない方は、どうせ「信じる力」がないだろうということが予測されてしまいます。そこでこういう厳しいいいまわしとなります。

       また、私に厳しく言われたことで、あきらめてすぐに手をひくような患者は、やはり「どうせ治らない」可能性が高いので、治療は行いません。どうか、私のこうしたハードルを越えて、礼節を持ち、こちらに向かってくるくらいの心意気があることを期待していおります。

  10. 3年前に頚部狭窄症の手術をしました。
    最近、両足・骨盤などに強い痛み痺れが出てきました。
    以前から慢性前立腺炎が時々起こることから、掛かりつけの泌尿器科で診ていただきましたが、この症状は前立腺のから来る痺れ痛みではないといわれ
    おそらく頚椎狭窄症が再発した可能性が高いといわれました。
    泌尿器科の先生から、手術をした病院ではない病院で見ていただいたほうが良いといわれました。
    このサイトを拝見して、一度診察していただきたいとお思いメールさせていただきました。宜しくお願いいたします。

    • 「このページには書きこまないでください」と何度も申し上げています。よって返信することを躊躇しています。かつ、現医学に完全に見放されている難治性疾患が確定しています。あなたにそれを受け入れる覚悟があるかどうか?が試されています。「現医学に完全に見放されている難治性疾患」であることを受け入れているかどうか?です。これから、あなたがやろうとする治療のすべてがないものねだりであり、ないものをねだるには莫大なお金をかけるか? 莫大な迷惑を周囲にかけるか? の二つに一つです。周囲とは治療する者も含めてです。あなたが億万長者であれば前者をとり、世界中の有名な治療師を探して飛び回るのも手です。実際にセレブたちはそうしています。

       あなたが億万長者でないのであれば、最低限、治療する者に敬意を払ってもらわなければなりませんが、このページに書いている時点で、しっかり私のHPを読んでいただいていないと推測します。しっかり読んでいただいていない場合、難治性疾患を治療することがどれほど大変なことか?を理解できていないと思われますので、結局、治療にご理解いただけないと思います。当然ながら私に敬意も払えないでしょう。そうした方を治せないこともいろいろとHPのあちこちに書いてあります。難治性疾患は「治してくれ」ではなく「医師と協力して治そう」という意識と覚悟が極めて重要です。その意識ができていないうちは、このHPに相談するのは時期尚早です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です