結膜下出血を2日(発症から3日目)で完治させた例(超療8)

2017年治療成績

はじめに

これまでに医療秘書Aによるヒーリング(正確にはご加持)が奇跡の治療力を持っていることを示しましたが、それを視覚的に表現することはなかなかできませんでした。ところが、今回、眼球の結膜下出血をご加持によってたった2日(発症から3日目)で完治させた例を経験しました。眼球結膜は人間の体内で唯一、血管の状況が外部からはっきり見える箇所ですから治っていく経過を視覚的にとらえることができます。これによってご加持の治療力を可視化できますので報告します。


症例57歳 女性

ヒーリング(ご加持)後18時間後には出血の中心に白い部分が広がっています(上から3番目の写真)。治療42時間後には出血部分が消失し、白目の部分が元に戻りました。


考察

ヒーリングには治癒力を高めて修復速度を速める効果があることがはっきりとわかります。私たちの結膜出血時の自然治癒速度は最速で1週間と言われており、平均的に10日前後、そして遅い場合は1~2か月を要します。それをヒーリング後42時間でほぼ完治とさせています。2日以内に治癒させていますので最速でも6日かかりますから、修復速度は3倍以上です。


「肋骨骨折をヒーリング(ご加持)で即座に全治させた例」では受傷2週間後のXPで骨癒合していたことがわかりましたが、この症例報告に引き続き、ヒーリングが修復速度を高めることを示すことができました。


修復速度を速めることができるということは、「すべての治療に応用がきく」ことを意味し、その有用度ははかりしれません。一般的な西洋医学の処置とヒーリング(ご加持)をコラボレーション治療すれば、さらに治療の応用が利き、今注目の再生医療に多大なる貢献をすることは間違いなさそうです。しかし、再生医療を研究している教授先生方がヒーリング(ご加持)に歩み寄ることはまずありえないでしょう。それができる器の大きい教授先生が再生医療に取り組んでいただくとありがいのですが・・・それは今のとことあり得ないかもしれません。


写真はこの症例の患者様が好意で自身が自分の目を撮影したものです。たいへんありがとうございました。以下、医療秘書Aに御礼の言葉を伝えてきた患者様のコメントです。


患者Nさん:「先日も治療下さりありがとうございました。思いがけず目の治療もしていただき気持ちが落ち着きました。そして!おかげさまでほとんど戻りました!上瞼の裏に出血が少し残っていますが見た目はもう普通です!1日とはいきませんでしたが、治療後2日で9割がた完治なので絶対早いと思います。

医療秘書A:「よかったです!うれしいです!写真もありがとうございます!Nさまのご回復のみならず、今後もご開運もご加持させていただきます。通常なら自然消滅でも10日ほどかかるとされているようです。やっばり早いのかしら(笑)」

患者Nさん:「あ〜やはり普通は長くかかるんですね。なんとありがたいことでしょう!お役に立てれば光栄です。これ以外にも良いことがありまして、、、先日のブロックは全く嗄声が起こらず、しかも耳鳴りは程なく消失(数時間でしたが大ヒットです)という理想的ホームラン!?でした。さらに久しぶりに深い眠りを得られました。やや不眠症でして、これはブロックの前にしっかりとお加持してくれたAさんのおかげでお加持の相乗効果と感じております。というのも、私事のいろいろに翻弄され、気の状態がイライラや落ち込みなど負のスパイラルにはまって抜けられない感じが続いていたのですが、先日のお加持でそれが浄化されたのか心持ちがかなり軽くなったことに気がつきました。これは目に見えないことですので他人様には理解し難いかもしれませんが、心の澱がとれたというか、これはいうに言われぬ感覚です。しみじみとありがたいです。ポジティブに進むためにリセットして頂いた感じがします。これをベースにして一つ一つ目の前のことを乗り越えていきたいと思います。ありがとうございました!長くなり申し訳ありません。この感覚をお伝えしておきたかったもので。またよろしくお願い申し上げます。」

結膜下出血を2日(発症から3日目)で完治させた例(超療8)」への10件のフィードバック

  1. 49歳 女性 平成27年3月に整体を受けつてから様々な症状に悩まされている。初めは親指の突き指で左右両方であった。左手のみ指をよくみているという整体院で治療を受ける。治療は手首と肩をつまんで少し揺する様な動作ほんとに僅かな動作でただ手を置いているような感じでこれを90分続けた。こんなでは治るまいとも思ったが最後の方はチリチリとする感じがありなにかはしているんだなと思った。帰って三日後よりばっと痛みが出現。ほとんど手に力、入らなく成る。雑巾など手がバラバラになりそうで絞れない。また左肩、手首にたぐまった筋が引っかかっている感じがあり始終肩や手首を回していた。肩はいつも筋が挟まった感じでその挟まりが治ればなおるのではといつも動かしていた。また左足首も緩んでしまったようでガコガコなるようになってしまった。27年9月背中、肩甲骨が引っかかっている感じがあっていつも手で引っかかりを取ろうとしていたがある日それが取れたとたん首に杭が打たれたかのような痛みが出恐ろしくなる。この時整形外科でレントゲンをとり5、6 6、7 頚椎に骨棘が出来かかっていると言わるれる。12月鍼灸院で左手を見てもらい神経を入れると言われ手の甲を押され手には力が入るようになったが首は治らなかった。28年3月より新しい症状が出る。左前腕の変質感が出る。常に動かしていないと石のように固まる感覚が出現。動かすと氷が割れるようにばりばりとくだける。またじんじんとした痛みが常に出ていた。6月、気功治療を受け首ガガっと持ち上がり今まで首の筋肉が催眠術にでもあい力が入らなかった状態だったと感じた。(というより肩甲骨を留めておく筋力が効かなくなっていた)気功治療を受け首の状態は下げ止まった感じがしていたが変質感がひどく疲れがすぐでるようになり外出が辛くなる。一時期は家族と話すのも辛い状態だった。気功を受けるまでは痛くてもあまり疲れを感じずやっていたが受けてより一時期外出困難となる。手は変質感は治らず酷く前腕石が入ってる様で眠れなくなる。この頃神経科で見てもらうが神経的には悪いところがなく変質感が気持ち悪くじっと座ってられない状態だったので精神科の受診を勧められる。この時夜も寝られない状態だったがオランザピンを処方されこれがよく効き大分変質感が消え睡眠も取れるようになった。ただ肩甲骨内側のひりつくようなじんじんとした痛みはきえず痛みで夜は目が覚める状態であった。痛みは卒倒するような痛みがあって(実際は卒倒などしないのですが)疲れがすぐ出るため以前のように出かけたり仕事する事が出来なくなった。平成29年はぎりぎりのところでなんとか短い時間仕事に行くことができた。鍼やマッサージを受けながらやってきたが左は普通の施術をうけるとじんじんと痛みが出左足も浮腫みがでたりと右に比べるとかなり組織かなにかが弱ってしまったようです。29年11月より背中の痛みやわらぐが手の痺れ左手に強く出現。今はらーめんを食べてレンゲを持っても痺れでます。左足も階段踏みはずしたりなどあり不安があります。先月行った病院では頚椎の手術をした方がいいと言われMRIを撮る予定です。左手は痺れと肩から手に突っ張り感があります。長々とすみません。左のみ整体を受けてから夢の様な異常さです。治療を受けること出来ますでしょうか。

    • 症状からして現医学では全く理解不能ですのでMRIではおそらくなにも出ないと思います。この病気の異様さにあなたもお気づきだと思います。
      気功治療を受けていることから、あなたの症状は「現医学では解明できないもの」であることを自覚され、かつ、霊障のようなものがあるのではないかと感じているのかなあと推測しました(間違っていたらすいません、気にしないでください)。

       まずきっかけとして整体師のヒーリングがあると思います。90分の処置は「手当て」と呼ぶべきであり、マッサージではなく波動治療であると推測します。

       二度目に気功師の治療を受けているのも波動治療です。つまり、あなたは極めて波動に影響を受けやすいことが予想されます。波動とは何であるか?は現在私が論文を書いている最中で、かなりの長文になりますのでここには書けませんが、まあ治療はいろいろと試さなければならないと思います。

      • 確かに波動だと思います。ずっと微妙に揺らされていた感じだったです。先生の波動についての論文にとても興味があります。このような状態になるまで波動など考えもしない事でしたがこうなった今波動とは恐ろしいものだと考えています。胸部にでも施術を受けていたら心臓でも弱っていたのではと本気で思ってます。

        • 勘違いされていますね。その状況を心配します。勘違いされているあなたの今の状況を心配しています。波動の論文はさておき、まずは被害者であるという考えをできるかぎり払拭されることを願います。私はあなたが波動の被害者であることを証明するために波動のことを述べたのではありません。そうではなく、あなた自身が波動の感受性が高くなっていることを述べています。

           私たちは知らない間に「気」を浴びて生きています。気は万物にあります。害になる気もあれば益になる気もあり、しかし体が丈夫なときは気を受けても体が勝手に微調整してくれるので何事も起こりません。しかし、体が弱っていると害になる気を受けると体が弱り、原因不明の摩訶不思議な症状が出ます。今もその状態にあるように思うという話です。現医学で解決策のない症状に悩まされた時は「気」の影響が出ていることを、選択肢の一つとして考えましょうというお話です。

           気は、気自体が生きていて、悪意が強い人間には悪い気が寄ってきます。善意の強い人には良い気が寄ってきます。気自体が人を操りたがっています。こういうオカルト話は「奥様は巫女」という実話集を読むと、実在することが理解できるのですが、全ては私自身が奥様を通して経験し、そして患者様を通してけいけんしていることなのです。科学者の私がこういう話をするのは、「科学が遅れているために気で病気になる方を現医学では救えない」から、いやいやオカルト話をしています。本当はこういう話をすると、信用性が低下するので、お話したくありません(本音)です。

           被害者意識はまず捨て去らないと悪い気があなたに集まります。気持ちはわかるのですが、誰かのせいというよりも、あなたの体が弱っていて気に過敏だったせいかもしれませんね。というお話をしたかっただけなのです。

           健康な状態でも気の存在を感じることができる者を「能力者」「霊能者」などと言います。が、体が弱ると普通の人でも「気」によって体が悪くなるので、いやいやながら「気」の存在を体が悪化するサインで感じるようになります。これは病気の人が低気圧の存在を感じることができるのと同じ原理です。

           ただし、あなたは生まれつき、気を感じる能力が高いのではと思います。そういう人が気を受けると、それをきっかけに「気」を感じる能力が高まることがあります。そのせいで悪い気がつきやすくなり、その結果現在のような症状に悩まされていることを「原因の一部」と考えることもしてくださいね、という話だったのです。
           
           ですから、気を送った整体師は加害者ではなく、きっかけの一つだったのかもしれません。という程度の話であり、彼があなたに害を与えたと考えるのはあまりよくありません。

           波動(気)は常に私たちの周りに存在するものであり、たしかに、場合によっては恐ろしいものになり得ますが、私たち自身が気なのだということを忘れてはいけません。気が怖い=この世が怖い と述べているのと同じです。被害者意識を捨て去ることをしていただかないと、前に進みません。

    • 医療秘書のAと申します。あなたさまの連絡先にご連絡させていただきました。ご確認いただきますようお願いいたします。

  2. 15歳の娘のことでご相談させていただきます。

    朝目覚めたら左目の瞼と眼球の動きが麻痺しており、平衡感覚に少し異常がありました。
    症状は進まず、MRIで中脳の動眼神経部分に小さな梗塞がみつかり、入院。
    血栓の原因となる心臓疾患など精密検査をしましたが、何も見つかりませんでした。
    10日後に退院、今日で発症から2週間です。
    今後はアスピリン服用と自然治癒を待つ現状です。

    眼球は少し可動域が広がってきています。
    瞼はほとんど開きません。
    右手が以前より若干不器用になりました。

    この程度でよかったと思う一方、入試前の今、春には高校進学というタイミングでの発症、スポーツ推薦ではないものの進学先は主に部活動で選んだ高校になるので、8年間続けてきた競技をここで諦めることになるのは辛く、何か回復を促進する手がかりがあればと模索しております。

    また、その競技に関わる悪意ある人達に何度も道を阻まれてきた経緯もあり、先生のミラーニューロンや波動医学などのお考えが大変気になってしまいました。

    娘は発症前後から今に至るまで何の痛みもないとのこと。
    また、性格的に現状をそのまま受け入れてしまうところがあります。
    というより、実際は受け止めきれていないのかもしれません。
    本人はポジティブに治ると思っていて、余計な悲観をしていないのはいいことなのですが、何の痛みもないまま現状に抗わずにいては、このままで落ち着いてしまうのではないかと不安になります。
    ですが、私の不安からの行動が裏目に出るようなことも想像してしまいます。

    15歳の脳がどこまでどうやって回復するのか、インターネットで得られるのは高齢者の情報ばかりで、判断材料がなさすぎる状態です。

    先生にご教示賜りたく存じます。
    よろしくお願い申し上げます。

    • 脳がどこまでどう回復するのか? その答えはこのサイトに10や20の実例をあげて解説しています。ですが、サイト内の文章量が莫大で見つけられないのでしょう。
      もっとも信頼のおける実績としては目ではなく聴力の回復実績です。聴力も動眼神経や視神経と同じように内耳神経由来ですから、それを治せること=動眼神経や視神経を治せる ことになります。その実績は「突発性難聴」というキーワードで索引から探して読んでみてください。

       また、脳梗塞患者を改善させている例や認知症を改善させている例もこのサイト内に多数ありますので、ぜひお読みください。15歳の脳は高齢者よりもはるかに回復が見込めます。ですから高齢者で回復するのなら15歳では希望がさらに持てると考えてよいのです。

       できる限り早く脳のダメージを取り除かなければなりません。血行を再開させるには抗血栓ではあまりにも不十分です。しっかり血管を拡張させて血流を物理的に上げてやらなければなりません。一刻も早く私と関わることをお勧めします。

    • 医療秘書Aと申します。あなたさまの連絡先にご連絡させていただきました。

      この記事の目の疾患を治療し、院長の「ミラーニューロンや波動医学」の論文を書くきっかけを与えたのは私です。なので、お母さまの娘さまを思う心配なお気持ちを私としてはそのままにしておけない心情です。

      私のご加持でどこまでできるか?は、してみないことにはわかりませんが、今までご加持をした患者さま皆さまがご自分の力で自然に治癒されているのは確かです。特に女性の方にとても喜ばれ、皆さま顔色良く笑顔になられるので私もうれしく思っています。

      ですが、娘さまのお気持ちが治療に向かないままの治療はさけたいので、良く話し合われてご相談いただければと思います。ご来院希望で信頼していただけるのなら、心から尽力させていただきます。

      診察の合間でしたので誤字脱字が多くてすみませんでした。訂正しました。

  3. 医療秘書A先生、どこの真言密教なのでしょうか?

    医師ですが、医学の限界に幻滅しています。
    真言密教と言ってもネット検索しても悪霊に支配されたところも多く、何処なのか全く分かりません。
    お教え下さい。
    宜しくお願いします。

    • 医療秘書のAと申します。私は先生とよばれるほどの者でもないので、Aとだけ仰っていただければ大丈夫でございます。

      医療界において医学でなかなか治らないお人様がいらっしゃる無念さで心痛められていること、私も他人ごとではなくそれは肌身で感じていることでもありますゆえ、心中お察しいたします。

      ただ、私ごときが恐縮ですが、医学は医学で人様に必要とされて発達した分野でございます。悲観しすぎなくてもよろしいかと考えます。医学で治られる方もいらっしゃいますし、それはそれで素晴らしいことだと思います。

      それでも、心と体を本当の意味でケアできる医療現場がまだ少ないのは、考えるべき点だと私も痛感しております。

      また、真言密教ですが、本物の真言密教はネットではなかなか見つからないのではないでしょうか。仰います通り世間には様々な情報が飛び交われているようですね。私はあまり見ないようにしています。私が使命を授かっている真言密教は、信頼置ける方のみとさせていただき、ここでの情報公開は控えさせていただこうと思います。

      申し訳ありません。お問い合わせ、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です